漫画もドラマもアニメも楽しむならU-NEXT

【食戟のソーマ】第292話 持つ者と、持たざる者 ネタバレあらすじと感想・293話の考察【+最新話も無料で読む方法】

【食戟のソーマ】第292話 持つ者と、持たざる者 ネタバレあらすじと感想・292話の考察【+最新話も無料で読む方法】

【食戟のソーマ】第292話 持つ者と、持たざる者 を読んだので、最新話のネタバレあらすじや感想・考察をまとめてみました。

※週刊少年ジャンプで掲載中の「食戟のソーマ/附田祐斗、佐伯俊」の最新話についてのネタバレです。

 

まだ最新話を読めていない方は、U-NEXTFODプレミアムを使えば、最新巻まで読むことができます。

ほかのお得ワザも知りたい方は、「漫画村の代わりに無料で漫画が読めるサイト・アプリまとめ25選」も合わせてご覧になってみてください。  

 

▼U-NEXTは31日間利用無料▼

いつでも解約可能で、無料期間中であれば料金は発生しないので安心して登録できます

 

【食戟のソーマ】第292話 持つ者と、持たざる者 のネタバレあらすじ

 

「異能」とか何のことだかよくわからないけど、とにかくスペシャリテを出せって話なら、全力で皿に向かうだけだと、司は言います。

しかし彼が取り出した調理器具を見て、大泉を始めとしたギャラリーがざわめきました。

それは食材を細かくおろすのに使う、グレーターという調理器具でしたが、本来のグレーターよりも長大で、まるで剣のようにも見えるほどです。

突然司は牛フィレの塊肉に向けて何度も素早い突きを繰り出し、弾力のある生肉を的確におろしていきました。

その調理法はまるで剣技にも見え、決してノワールの料理人にひけをとるものではありません。

 

恵の調理

 別の調理台では、チェック柄のスーツを身に纏う女性ブックマンが、恵の調理を眺めていました。

定跡どおりに、塊肉のままオーブンで均一に火入れしていた恵でしたが、次の瞬間定跡を外したために、ブックマンは驚きます。

恵が磨いたのは魅せる技術。

諸外国を巡り、さまざまな文化にふれた恵は、和食に馴染みのない人間でも食指が動くような、見た目でも美味しさを感じるアレンジ能力を磨いたのでした。

一つ頷いた恵の皿には、大輪の牛フィレ肉の牡丹が咲き、見る者の食欲を刺激します。

 

そしてタクミもまた、裏に負けないほどの変わり種の調理器具を持っていました。

メッザルーナというその包丁は、ミンチングナイフとも呼ばれ、半月を意味する、みじん切りを作ったりする時に使う包丁です。

秋の選抜に敗れた後、タクミが磨いてきた技術は、もはや異能に限りなく近づいていました。

鼻を鳴らして、表にも骨のある者はいたかと呟いたサージェでしたが、次の瞬間、立ち尽くしたままの料理人たちを睥睨します。

顔に青筋を浮かべ、血走った目で調理台に向かう覚悟もない者は、今すぐ立ち去れと怒鳴るサージェに反論できる表の料理人は、誰一人としていませんでした。

それを高所から眺めながら、城一郎は創真に異能はあるのかという、仙左衛門からの質問に答えます。

 

あるわけねーだろ……そんなもん! 創真はただのちっぽけな定食屋の倅だぜ?

 

あんたがしつこく遠月に入れろって言ってこなければ、わけのわからない裏の連中となんて関わらずに過ごしていたはずの料理人だと。

そんな奴がノワールの連中相手に、渡り合えるわけがないと言う城一郎でしたが、その後の内心の呟きは言葉には出しません。

 

普通なら……な……!

 

腕を組んで突っ立っていた創真の口の端がニヤリとつり上がるのに、サージェが反応したのは次の瞬間でした。

そして第三の試練終了から数時間後、城郭本丸に繋がる最後の門が開きます。

第三の試練を潜り抜けた者しか足を踏み入れることの適わない、バトルフロアの観客は大入り満員。

最初の試合で戦う料理人として赤コーナーから入場してきたのは、先の試練で審査員を務めたサージェでした。

そして青コーナーから入場してきた料理人の姿を見て、サージェの表情が歪みます。

その料理人の名は幸平創真。

なに怪訝な顔してんすか? 軍隊のおねーさん!

 

「何者なのだ……貴様は……!? ……まぁよい、直接戦えばわかること。見せてみよ!! 貴様の「異能」を!!!」

 

「……異能。異能ねぇ……」

 

最新話を無料で読みたいなら

あらすじネタバレを紹介していますが、「やっぱりマンガで読みたい!」と思った方は、U-NEXTFODプレミアムmusic.jpの3つに無料登録するだけで、約3,000円分のポイントがもらえて、好きな漫画を読むことができます!

それぞれキャンペーンがいつ終わるかわからないので、すぐに登録することをオススメします。

 

【食戟のソーマ】第292話 持つ者と、持たざる者 の感想・292話の考察

【食戟のソーマ】第292話 持つ者と、持たざる者 の感想・292話の考察

元遠月第一席と遠月勢の登場ということで、期待を持って読み始めたわたしでしたが、司が持ち出した調理道具を見て、雲行きの怪しさに表情が曇ったのが自分でもわかりました。

三人中二人が、普通じゃない調理器具を持ち出した時点で私は思いました。

そうか、異能って「異様な調理器具を使いこなせる能力」の略で「異能」だったんだと。

恵が特におかしなところのない普通の調理器具を使って、皿に綺麗な牡丹を咲かせた時などは、あまりにも普通過ぎて逆に感動しました。

城一郎の話では、創真も異能を持たない料理人らしいですが、普通ならな、とか思わせぶりなことを思ってもいたので、少し心配です。

293話はどんな料理が飛び出すのか、お腹を空かせて待ちたいと思います。

 

【転スラ 人物紹介】ヴェノム|ディアブロの唯一の部下の特殊悪魔【※ネタバレあり 転生したらスライムだった件】 【転スラ 人物紹介】坂口日向(ヒナタ・サカグチ)| 西側世界最強の剣士で聖騎士団長の元日本人【※ネタバレあり 転生したらスライムだった件】 Rawnekoとは|漫画村の代わり候補「RawQQ」や「RawQV」との違いは?無料でマンガが読めるの?Rawnekoは閉鎖?truenekoに変わったけどまた閉鎖!代わりに漫画が読めるサイトや安全性・危険性を紹介 【転スラ 人物紹介】ラプラス| 中庸道化連の1人【※ネタバレあり 転生したらスライムだった件】 RawQVは次世代の漫画村!? RawQQとの違いは?漫画は読めるの?サイトの安全性や危険性もチェックRawQVは次世代の漫画村!? マンガは読める?代わりのサイトや安全性・危険性を紹介

 

【食戟のソーマ】第292話のまとめ|293話も楽しみ

【食戟のソーマ】第292話のまとめ|293話も楽しみ

以上、【食戟のソーマ】第292話 持つ者と、持たざる者のネタバレあらすじと感想・考察を紹介しました。

毎週どんな料理が出てくるのか楽しみなのが、食戟のソーマ。第293話も楽しみですね。

 

漫画を「ネタバレあらすじで楽しむ」のも楽しみ方としてアリですが、やはり漫”画”なので、せっかくなら”画”とあわせて読んだ方が面白さは倍増します。

漫画村のようなサイトを使わなくても、当サイトでは、無料で漫画を読める方法を紹介していますので、そちらを利用して、漫画を楽しんでみてください。

 

安全な公式サービスを紹介

漫画村の代わりに無料で漫画を読めるサイトまとめ25選

 

 

 

漫画が読めるサービスまとめ
U-NEXTブックパスmusic.jp
FODプレミアムBookLive!コミックシーモア
まんが王国イーブックジャパンコミック.jp
Renta!スキマブック放題
マガジン☆WALKER漫画全巻ドットコムコミックウォーカー
honto(ホント)dマガジン楽天マガジン
コミなび

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください