漫画もドラマもアニメも楽しむならU-NEXT

【鬼滅の刃】第135話 悲鳴嶼行冥 最新話のネタバレあらすじと感想・考察【+無料で読む方法】

【鬼滅の刃】第135話 悲鳴嶼行冥 最新話のネタバレあらすじと感想・考察【+無料で読む方法】

鬼滅の刃の「第135話 悲鳴嶼行冥」を読んだので、最新話のネタバレあらすじや感想・考察をまとめてみました。

※週刊少年ジャンプで掲載中の「鬼滅の刃/吾峠呼世晴」の最新話についてのネタバレです

まだここまで読んでいない方は、「漫画村の代わりに無料で漫画が読めるサイト・アプリまとめ25選」で紹介している方法を利用すれば、最新話まで追いつけます。

 

⇒ 鬼滅の刃 第136話のネタバレはこちら

⇒ 鬼滅の刃 第134話のネタバレはこちら

 

【鬼滅の刃】第135話 悲鳴嶼行冥のネタバレあらすじ

 

炭治郎が玄弥にもっと詳しく教えてもらったところによると、「反復動作」とはすべての感覚を一気に開く技でした。

これは全集中の呼吸とはまた別物であり、まだ呼吸を使うことができない玄弥にも使えて、悲鳴嶼と玄弥の場合は、この技を使う時に痛みや怒りの記憶を思い出すことで、心拍数と体温を上昇させているという話です。

炭治郎の場合は、大切な人たちの顔を思い浮かべることと、今は亡き炎柱・煉獄杏寿郎の、「心を燃やせ」という最後の言葉を思い出すことでした。

最初はうまくはいきませんでしたが、幾度となく繰り返しているうちに、反復動作からの全力という工程を体が覚え始めて、ついに炭治郎は岩を動かすことに成功します。

その様子を見た善逸は炭治郎をバケモノ呼ばわりして悲鳴を上げ、伊之助は先を越されたと悔しがりました。

 

伊之助も成功

ところがあっという間に伊之助も、天ぷら天ぷら猪突猛進と叫ぶことで岩を動かせるようになってしまい、一人取り残された善逸が、後できてないの俺だけじゃん最悪と焦っているところに、雀が手紙を届けに来ます。

同じころ、炭治郎はついに岩を一町押すことに成功しますが、水分補給を怠ってしまったせいで、脱水症状を起こして死にかけていました。

そこに現れた悲鳴嶼が、乱暴な方法ではあったものの救助してくれたおかげで、彼はなんとか一命を取り留めます。

 

悲鳴嶼は炭治郎がすべての訓練を達成したことと、刀鍛冶の里で禰豆子の命よりも里の人間の命を優先したことを評価し、炭治郎のことを認めます。

しかし頑固な炭治郎は、あれは禰豆子の意思であって自分の意志ではなかったし、自分はいつも誰かに助けられて結果的に間違わずに済んでいるだけなので、簡単に認められては困ると答えました。

 

悲鳴嶼の過去

悲鳴嶼はその答えに視力を失った目から涙を流しながら、誰が何と言おうと私は君のことを認めると言い、自らの過去を語り始めます。

昔寺で身寄りのない子供達を育てていた悲鳴嶼でしたが、言いつけを守らずに鬼に遭遇した一人の子供が、我が身可愛さに自分以外の人間の命を鬼に売ってしまい、結果七人の子供たちが鬼に殺されてしまいました。

唯一自分を信じてくれた紗代という少女も、必死に鬼を殴り殺して彼女を守った悲鳴嶼を裏切り、すべてが終わった後に駆けつけた者たちに向かって、あの人は化け物で、みんなを殺した犯人であると証言したために、悲鳴嶼は殺人の罪で投獄されてしまいます。

まだ四つなのに恐ろしい思いをしたせいで、混乱していたであろうことを頭では理解していても、それでも少女にだけには労って欲しかったという彼の願いは叶わず、大切に思っていた子供たちに裏切られた悲鳴嶼は、産屋敷に助けられて処刑を免れた後も、疑り深い性格になってしまったのでした。

その悲鳴嶼をしても、炭治郎だけは特別な子供だと認めざるを得ないほどに、彼は正直でひたむきだったというのです。

頭を撫でられて笑顔を見せる炭治郎に、悲鳴嶼もまた笑顔を見せ、よくやり遂げたと褒めるのでした。

 

最新話を無料で読みたいなら

あらすじネタバレを紹介しましたが、やはり「原作をイラスト付きで読みたい!」という方も多いでしょう。

そういった方は、「U-NEXT」や「music.jp」、「FODプレミアム」などのサービスを使うと、最大で6巻分の漫画コミックスを無料で読むことができます。

詳しくは下の記事で紹介していますので、無料でマンガを読みたい方は、ご覧になってみてください。

 

 

【鬼滅の刃】第135話 悲鳴嶼行冥の感想・考察

炭治郎がついにすべての訓練を終えますが、そのことをしばらくの間忘れてしまうほど衝撃的な、悲鳴嶼の過去が明らかになりました。

子供は無邪気で純粋ですが、純粋であるがゆえに残酷な部分も、経験が不足しているせいで容赦がない部分もあるのは、今更言うまでもないことでしょう。

そんな子供の残酷さや容赦のなさに、時として大の大人が傷つけられてしまうことも、決して少ないとは言い切れません。

仲間にまで得体の知れない奴扱いされる悲鳴嶼もまた、そういった子供の持つ一面の被害者であり、そのトラウマのせいで、疑り深い性格になってしまったのだということが判明しました。

しかし頑固な炭治郎の性格の中でも美徳にあたる部分が、そんな悲鳴嶼の疑心暗鬼の念すら上回り、信じるに足る人間であると思わせることができたのは、どちらにとってもいいことだったのではないでしょうか?

今後の展開が楽しみです。

 

【ワンピース】第925話 ブランク 最新話のネタバレあらすじと感想・考察【+無料で読む方法】【ワンピース】第925話 ブランク 最新話のネタバレあらすじと感想・考察【+無料で読む方法】 【ワンピース】90巻 聖地マリージョア 最新刊のネタバレあらすじと感想・考察 マリージョアの宝やイム様登場。次はワノ国へ!【ワンピース】90巻 聖地マリージョア 最新刊のネタバレあらすじと感想・考察 マリージョアの宝やイム様登場。次はワノ国へ! 【ワンピース】第924話 は 最新話のネタバレあらすじと感想・考察【+無料で読む方法】【ワンピース】第924話 は 最新話のネタバレあらすじと感想・考察【+無料で読む方法】 【ハイキュー!!】第327話 バレーの虫たち 最新話のネタバレあらすじと感想・考察【+無料で読む方法】【ハイキュー!!】第327話 バレーの虫たち 最新話のネタバレあらすじと感想・考察【+無料で読む方法】 【アクタージュ】第43話 正しい芝居 最新話のネタバレあらすじと感想・考察【+無料で読む方法】【アクタージュ】第43話 正しい芝居 最新話のネタバレあらすじと感想・考察【+無料で読む方法】

 

【鬼滅の刃】第135話のまとめ

以上、鬼滅の刃の「第135話 悲鳴嶼行冥」のネタバレあらすじと感想・考察を紹介しました。

全ての訓練がを完了してホッとしたのもつかの間、悲鳴嶼の過去はなかなか辛いものでした。

しかしそんな辛い過去も乗り越えてくれたようなので、第136話からの展開が楽しみですね。

 

漫画を「ネタバレあらすじで楽しむ」のも楽しみ方としてアリですが、やはり漫”画”なので、せっかくなら”画”とあわせて読んだ方が面白さは倍増します。

漫画村のようなサイトを使わなくても、当サイトでは、無料で漫画を読める方法を紹介していますので、そちらを利用して、漫画を楽しんでみてください。

 

安全な公式サービスを紹介

漫画村の代わりに無料で漫画を読めるサイトまとめ25選

 

画像引用:http://animesoku.com/archives/13472533.html

 

 

漫画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください