漫画もドラマもアニメも楽しむならU-NEXT

アクタージュ|57話ネタバレあらすじと感想 58話考察・期待【最新話を無料で読む方法も紹介】

アクタージュ|57話 見学者 を読んだので、最新話のネタバレあらすじや感想・考察をまとめてみました。

※週刊少年ジャンプで掲載中の「アクタージュ/マツキタツヤ 宇佐崎しろ」の最新話についてのネタバレです。

 

→ アクタージュを無料で読む裏ワザはこちら

 

まだ最新話を読めていない方は、U-NEXTFODプレミアムを使えば、最新巻まで読むことができます。

ほかのお得ワザも知りたい方は、「漫画村の代わりに無料で漫画が読めるサイト・アプリまとめ25選」も合わせてご覧になってみてください。  

 

▼U-NEXTは31日間利用無料▼

いつでも解約可能で、無料期間中であれば料金は発生しないので安心して登録できます

 

アクタージュ|57話 見学者のネタバレあらすじ

 

夜凪を心配しているアキラは、杉並北高校を訪れます。

校庭にスポーツカーで現れたイケメンに、学校は少し騒ぎになります。

アキラが廊下を歩いていると、夜凪と吉岡が撮影の為に人留めしようとしていました。

人が集まる一方で夜凪と吉岡が困っている姿を朝陽と花井も見ており、夜凪と吉岡と関わりたくない朝陽は花井にUターンしようと言います。

夜凪を見付けたアキラが声を掛けると更に騒ぎになりそうになったので、夜凪はアキラを連れてその場を立ち去ります。

その後アキラが人留めを手伝うと言いますが、夜凪は吉岡と2人で撮影したいからアキラにはお客さんでいて欲しいと言って断ります。

夜凪の成長に喜び泣き始めるアキラを見た吉岡が2人の関係は誰にも言わないと言い出すので、夜凪は熱愛していないと関係を否定します。

日が暮れてくる前に撮影しようと先程の廊下に戻りますが、人が多くて夜凪1人きりのシーンを撮る事が出来ません。

そこで夜凪がデスアイランドのゾンビを思い浮かべながら怯える演技をすると、夜凪の恐怖は周りに伝播し生徒達は居なくなりました。

その後夜凪1人のシーンを撮り終えて部室に戻りますが、夜凪の様子はおかしいままです。

役から戻って来れていないのかとアキラと吉岡は心配しますが、夜凪は自分で頬を叩いて気持ちを切り替えます。

その後の夜凪と吉岡のやり取りを見ていたアキラは、役者仲間では戻って来れる場所にはなれないから高校生の夜凪景として過ごさせているのだと黒山の狙いを感じ取ります。

→ FODでアクタージュを無料で読む

 

アクタージュ|57話のネタバレ感想&58話考察・期待

今回も、夜凪と吉岡の撮影の話の続きでした。

それにしてもいくら夜凪が心配だと言えど、芸能人であるアキラが高校に現れたのには驚きました。

熱愛報道された後だというのに高校に堂々と現れるアキラの軽率な行動は好ましくありませんが、夜凪をかなり気にかけているので心の奥底では好意があるのではないかと思います。

学校祭編に入って夜凪の演技が少なくなっていましたが、今回人払いの為に本領発揮しました。

デスアイランドと劇団天球を経て、夜凪の演技は更に磨きがかかっており演技のスイッチを入れるのも自在に出来ていました。

問題は演技のスイッチを切れるようになる事ですが、この学校祭編で克服してくれる事でしょう。

→ U-NEXTでアクタージュを無料で読む

 

アクタージュ|57話ネタバレのまとめ

以上、アクタージュ|57話 見学者 のネタバレあらすじと感想・考察を紹介しました。

58話がどのような展開になるのか、次号の発売日を待ちたいと思います。

 

漫画を「ネタバレあらすじで楽しむ」のも楽しみ方としてアリですが、やはり漫”画”なので、せっかくなら”画”とあわせて読んだ方が面白さは倍増します。

漫画村のようなサイトを使わなくても、当サイトでは、無料で漫画を読める方法を紹介していますので、そちらを利用して、漫画を楽しんでみてください。

 

安全な公式サービスを紹介

漫画村の代わりに無料で漫画を読めるサイトまとめ25選

 

画像引用:http://www.shonenjump.com/j/

 

 

漫画が読めるサービスまとめ
U-NEXTブックパスmusic.jp
FODプレミアムBookLive!コミックシーモア
まんが王国イーブックジャパンコミック.jp
Renta!スキマブック放題
マガジン☆WALKER漫画全巻ドットコムコミックウォーカー
honto(ホント)dマガジン楽天マガジン
コミなび

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください