漫画もドラマもアニメも楽しむならU-NEXT

獄丁ヒグマ|14話ネタバレあらすじと感想 15話考察・期待【最新話も無料で読む方法を紹介】

獄丁ヒグマ|14話 決意の記録その1 を読んだので、最新話のネタバレあらすじや感想・考察をまとめてみました。

list class=”li-chevron li-mainbdr main-c-before”]

[/list]

※週刊少年ジャンプで掲載中の「獄丁ヒグマ/ 帆上夏希」の最新話についてのネタバレです。

 

→ 獄丁ヒグマを無料で読む裏ワザはこちら

 

まだ最新話を読めていない方は、U-NEXTFODプレミアムを使えば、最新巻まで読むことができます。

ほかのお得ワザも知りたい方は、「漫画村の代わりに無料で漫画が読めるサイト・アプリまとめ25選」も合わせてご覧になってみてください。  

 

▼U-NEXTは31日間利用無料▼

いつでも解約可能で、無料期間中であれば料金は発生しないので安心して登録できます

 

獄丁ヒグマ|14話 決意の記録その1 のネタバレあらすじ

 

6年前のヒグマはまだまだ子供で、父のアズマにゲームが買ってもらえず泣き叫んでいました。

何でもすぐに買い与えるのは良くないと考えたアズマは、次の仕事について来ると約束するなら買ってやるとヒグマに言います。

するとすぐにヒグマは泣き止みあっさりと断るので、アズマはゲームを買って仕事について来させようとします。

寺に帰ったアズマは、ヒグマの叔母のハルマにヒグマの事について相談します。

荒事を嫌うヒグマは初めて仕事に以来、仕事に限らず争い事を嫌っていました。

厳しい修行をしてもケロッとしていたので強い子だと思っていましたが、根本的に獄卒人に向かない性格だと感じるとアズマは言います。

400年前に篝手一族の先祖が翁と呼ばれる亡者の脱走を幇助したので、篝手一族は獄卒人として働く事を課せられました。

その使命から逃げ出した者は死後は地獄行きになってしまうので、アズマにヒグマを獄卒人にするように言います。

その頃修行をしていたヒグマは、閻魔大王に亡者を許してやる事はどうしても無理なのかと尋ねます。

ヒグマは世の中の皆がお互いに許し合えば争いは起こらないと主張し、許す方法を探して仲良くする事が一番いいと言います。

それを聞いた閻魔大王は世の尺度が全てではないので、心の底に大切にとっておくといいと答えます。

家に戻ったヒグマは、閻魔大王が悪人を地獄に落としているとは思えないとアズマに言います。

するとアズマは閻魔大王というのは巨大なシステムそのものであり、閻魔大王だと思っている者は意思疎通を図る為のとある人間の人格の記録に過ぎないと答えます。

そして夜が更けた頃、ハルマは烟月と密会していました。

→ FODで獄丁ヒグマを無料で読む

 

獄丁ヒグマ|14話ネタバレ感想&15話考察・期待

赤銅との戦いの途中ではありますが、今回はアズマとハルマの話となりました。

ヒグマが獄卒人の仕事を好まないのは以前からのようで、幼いヒグマは全力で嫌がっていたようです。

それでもヒグマを地獄行きにするわけにはいかないので、ヒグマを無理にでも獄卒人にしなくてはならなかったアズマの心情を考えると辛かっただろうなと思います。

そして赤銅との戦いが迫る中、ハルマは烟月と密会していました。

ハルマは篝手一族が解放される為に烟月の協力を求めたようですが、恐らく烟月に裏切られてしまったのでしょう。

次回も6年前の話が続くようなので、どんな事情があったのか非常に気になります。

→ U-NEXTで獄丁ヒグマを無料で読む

 

獄丁ヒグマ|14話ネタバレのまとめ

獄丁ヒグマ|14話 決意の記録その1のネタバレあらすじと感想・考察を紹介しました。

15話からの展開がどうなるのか、楽しみにしながら次号のジャンプの発売日を待ちたいと思います。

 

漫画を「ネタバレあらすじで楽しむ」のも楽しみ方としてアリですが、やはり漫”画”なので、せっかくなら”画”とあわせて読んだ方が面白さは倍増します。

漫画村のようなサイトを使わなくても、当サイトでは、無料で漫画を読める方法を紹介していますので、そちらを利用して、漫画を楽しんでみてください。

 

安全な公式サービスを紹介

漫画村の代わりに無料で漫画を読めるサイトまとめ25選

 

画像引用元:https://www.shonenjump.com/j/index.html

 

 

漫画が読めるサービスまとめ
U-NEXTブックパスmusic.jp
FODプレミアムBookLive!コミックシーモア
まんが王国イーブックジャパンコミック.jp
Renta!スキマブック放題
マガジン☆WALKER漫画全巻ドットコムコミックウォーカー
honto(ホント)dマガジン楽天マガジン
コミなび

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください