漫画もドラマもアニメも楽しむならU-NEXT

獄丁ヒグマ|13話ネタバレあらすじと感想 14話考察・期待【最新話も無料で読む方法を紹介】

獄丁ヒグマ|13話 赤銅 を読んだので、最新話のネタバレあらすじや感想・考察をまとめてみました。

list class=”li-chevron li-mainbdr main-c-before”]

[/list]

※週刊少年ジャンプで掲載中の「獄丁ヒグマ/ 帆上夏希」の最新話についてのネタバレです。

 

→ 獄丁ヒグマを無料で読む裏ワザはこちら

 

まだ最新話を読めていない方は、U-NEXTFODプレミアムを使えば、最新巻まで読むことができます。

ほかのお得ワザも知りたい方は、「漫画村の代わりに無料で漫画が読めるサイト・アプリまとめ25選」も合わせてご覧になってみてください。  

 

▼U-NEXTは31日間利用無料▼

いつでも解約可能で、無料期間中であれば料金は発生しないので安心して登録できます

 

獄丁ヒグマ|13話 赤銅 のネタバレあらすじ

 

亡者達は初めは現世に留まりたいが為に命寿を求めますが、原始的欲求を満たした強者は退屈しのぎを求め始めます。

赤銅は篝手の獄卒人の子供が10歳になる頃に現れて獄卒人を殺害し、残された子供にお前の子供が10歳になる頃にもう一度現れると言い残し去っていくという事を繰り返していました。

ヒグマは烙にアヤハを連れてこの場を離れて、助けを呼んで来るように指示します。

心配をするアヤハに、ヒグマはいつも通り仕事するだけだと答えます。

そんなヒグマの様子を見ていた赤銅は、獄卒人はいつの時代も痛みに怯まず恐怖に屈さず愛おしくすらあると言います。

ヒグマがまだ16歳で子供もいないのになぜ来たのかと赤銅に尋ねると、同胞が謀をしているので横取りされる前に殺しに来たのだと答えます。

ヒグマがその同胞とは烟月かと尋ねますが、赤銅はどうでもいいだろうと言って答えません。

その頃避難したアヤハが烙にヒグマは大丈夫なのかと尋ねると、烙はヒグマより強かったヒグマの父や叔母も亡くなったので大丈夫じゃないかもしれないと泣き出します。

かろうじて赤銅の攻撃を防いでいるヒグマは、赤銅が遊んでいる隙を突いて刺し違えてでも倒そうと考えます。

しかし左腕の傷口に仕掛けられた赤銅の針によって、突如ヒグマは左腕に痛みが走り倒れてしまいます。

それでもすぐにヒグマは立ち上がりますが、今度は赤銅の攻撃で右足を失ってしまいます。

もう楽になりたいと考えてしまうヒグマでしたが、すぐに自身を奮い立たせて赤銅に攻撃を仕掛けます。

→ FODで獄丁ヒグマを無料で読む

 

獄丁ヒグマ|13話ネタバレ感想&14話考察・期待

強敵赤銅を相手に、ヒグマの劣勢は続きます。

すでにヒグマは左腕を失っている状態ですが、赤銅の強さも明らかとなり絶望的な状況です。

赤銅を倒す糸口があるとすれば、やはりコバタやアヤハという仲間がいる事ではないでしょうか。

烙が助けを呼びに動き出しましたが、そもそも助けが来るまでヒグマは持ち堪えられるのでしょうか。

やはりこれだけではなかなか難しいとも思うので、ひょっとすると烟月が現れて邪魔が入るという展開になるのかもしれません。

獄卒人の能力なのか回復の早いヒグマなので左腕と右足も復活するのでしょうが、これ以上のダメージは危ういので心配です。

→ U-NEXTで獄丁ヒグマを無料で読む

 

獄丁ヒグマ|13話ネタバレのまとめ

獄丁ヒグマ|13話 赤銅のネタバレあらすじと感想・考察を紹介しました。

14話からの展開がどうなるのか、楽しみにしながら次号のジャンプの発売日を待ちたいと思います。

 

漫画を「ネタバレあらすじで楽しむ」のも楽しみ方としてアリですが、やはり漫”画”なので、せっかくなら”画”とあわせて読んだ方が面白さは倍増します。

漫画村のようなサイトを使わなくても、当サイトでは、無料で漫画を読める方法を紹介していますので、そちらを利用して、漫画を楽しんでみてください。

 

安全な公式サービスを紹介

漫画村の代わりに無料で漫画を読めるサイトまとめ25選

 

画像引用元:https://www.shonenjump.com/j/index.html

 

 

漫画が読めるサービスまとめ
U-NEXTブックパスmusic.jp
FODプレミアムBookLive!コミックシーモア
まんが王国イーブックジャパンコミック.jp
Renta!スキマブック放題
マガジン☆WALKER漫画全巻ドットコムコミックウォーカー
honto(ホント)dマガジン楽天マガジン
コミなび

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください