漫画もドラマもアニメも楽しむならU-NEXT

獄丁ヒグマ|12話ネタバレあらすじと感想 13話考察・期待【最新話も無料で読む方法を紹介】

獄丁ヒグマ|12話 月夜 を読んだので、最新話のネタバレあらすじや感想・考察をまとめてみました。

list class=”li-chevron li-mainbdr main-c-before”]

[/list]

※週刊少年ジャンプで掲載中の「獄丁ヒグマ/ 帆上夏希」の最新話についてのネタバレです。

 

→ 獄丁ヒグマを無料で読む裏ワザはこちら

 

まだ最新話を読めていない方は、U-NEXTFODプレミアムを使えば、最新巻まで読むことができます。

ほかのお得ワザも知りたい方は、「漫画村の代わりに無料で漫画が読めるサイト・アプリまとめ25選」も合わせてご覧になってみてください。  

 

▼U-NEXTは31日間利用無料▼

いつでも解約可能で、無料期間中であれば料金は発生しないので安心して登録できます

 

獄丁ヒグマ|12話 月夜 のネタバレあらすじ

 

6年前のヒグマがまだ幼き頃、ある亡者にヒグマは今回は見逃すがヒグマの子供が10歳になる頃にもう一度会いに来ると言われました。

場面は現在に戻り、ヒグマはイトミと電話で話をしています。

イトミは人頭会に報告に入れる為に、すでに町を後にしていました。

今度イトミの家の近くの季節外れの花火大会に友達を誘って行くからまた会おうと言うヒグマに、イトミはヒグマに同世代で気の許せる友人が出来て良かったと思います。

アヤハはバイト後にヒグマ宅を訪ねており、ヒグマが電話している間に烙にヒグマが獄卒人の仕事をしている理由を聞きますが教えてくれません。

烙の方を向いたアヤハはヒグマのアルバルを見付け、勝手にアルバムを見始めます。

すると途中でヒグマが帰ってきて、2人は一緒にアルバムを見る事にしました。

男女の写真を見付けたアヤハが両親かと尋ねるとヒグマは父と叔母だと答え6年前に同じ亡者に殺されて亡くなったのだとだけ答え、そろそろ送っていくよと言います。

そしてアヤハを家に送り届ける途中でヒグマが季節外れの花火大会に行こうと誘うと、アヤハは人混みは苦手だと答えます。

出店の好きなヒグマがコバタも誘うし楽しいから大丈夫だと話していると、まるで人のような穏やかな雰囲気の亡者が現れて襲い掛かってきます。

アヤハを逃がす事に気を取られていたヒグマは、左腕を失ってしまいます。

襲ってきたは亡者はヒグマの父と叔母の仇であり、篝手の獄卒人を代々殺してきた最上格の赤銅という亡者でした。

→ FODで獄丁ヒグマを無料で読む

 

獄丁ヒグマ|12話ネタバレ感想&13話考察・期待

狐鉄を倒したヒグマでしたが、一息つく暇もなくまたも強敵が現れます。

しかも今回の敵は篝手一族の仇であり最上格の亡者で、ヒグマは早々に左腕を失ってしまいました。

アヤハは足手纏いになってしまいそうなので、恐らく一時的に別の場所に避難する事になると思います。

狐鉄の時は精神的に辛い部分があったり少し苦戦しましたが、今回は倒せるかどうかも危ぶまれる程の強敵です。

因縁の宿敵を簡単に倒せるとは思えないので、今回は危機的状況に陥ったヒグマをアヤハとコバタが救出して一時退却すると思います。

その後ヒグマが閻魔大王に相談して、ヒグマの修行の場が設けられるのかもしれません。

→ U-NEXTで獄丁ヒグマを無料で読む

 

獄丁ヒグマ|12話ネタバレのまとめ

獄丁ヒグマ|12話 月夜のネタバレあらすじと感想・考察を紹介しました。

13話からの展開がどうなるのか、楽しみにしながら次号のジャンプの発売日を待ちたいと思います。

 

漫画を「ネタバレあらすじで楽しむ」のも楽しみ方としてアリですが、やはり漫”画”なので、せっかくなら”画”とあわせて読んだ方が面白さは倍増します。

漫画村のようなサイトを使わなくても、当サイトでは、無料で漫画を読める方法を紹介していますので、そちらを利用して、漫画を楽しんでみてください。

 

安全な公式サービスを紹介

漫画村の代わりに無料で漫画を読めるサイトまとめ25選

 

画像引用元:https://www.shonenjump.com/j/index.html

 

 

漫画が読めるサービスまとめ
U-NEXTブックパスmusic.jp
FODプレミアムBookLive!コミックシーモア
まんが王国イーブックジャパンコミック.jp
Renta!スキマブック放題
マガジン☆WALKER漫画全巻ドットコムコミックウォーカー
honto(ホント)dマガジン楽天マガジン
コミなび

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください