漫画もドラマもアニメも楽しむならU-NEXT

Zen(ゼン)とは|仮想通貨トークンの特徴・価格・チャート・取引所

Zen(ゼン)とは|仮想通貨トークンの特徴・価格・チャート・取引所

この記事では、仮想通貨トークンのZen(ゼン)について、その特徴などを紹介しています。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

通貨名Zen(ゼン)
通貨略号JPYZ
公開日2015年
時価総額順位
発行上限枚数
取り扱い国内取引所ザイフ(Zaif)
取り扱い海外取引所Bittrex(ビットレックス)
Poloniex(ポロニエックス)
etc.
公式サイトZENの公式サイト
ホワイトペーパー

 

Zen(ゼン)の基本情報

Zen(ゼン)は、略号がJPYZの仮想通貨トークンです。一般社団法人ブロックチェーン推進協会(BCCC)が主導するプロジェクトの一環として発行されました。Zenの発行自体は、BCCC事務局(インフォテリア)によって行われています。

『Zen』という名称は、「円(Yen)」の一歩先を行く仮想通貨ということで、YをZに変えて、『Zen』と名付けられています。日本円と高い為替連動性を保持する仮想通貨になることを目指して開発が行われました。

同じような目的で開発されたものとしては、Tether(テザー)などがあります。Tetherでは、交換レートが米ドルに固定されることを目的として開発されていますが、Zenは円との交換レートが一定となることを目的に開発されています。

Zenは、以下の3つの大きな特徴を持っています。

  1. 日本円との交換レートが安定的に推移するよう(1JPYZ=1円)設計されていること
  2. 複数種類のブロックチェーンおよび、分散型台帳上で稼働することができること
  3. Zenの運営にスマートコントラクトを導入することにより、運営の信頼性をブロックチェーンにより確保することを企図していること

 

上記の特徴を実現するために、発行に際しては、以下のようなルールが定められています。

  •  時価1円に相当する仮想通貨に対して1 Zenを発行
  • 仮想通貨を発行時の市場価格にて即座に日本円に交換して銀行口座に保管
  • 業務委託先のZen取扱取引所に対して発行時に1Zen=1円買注文を提示

 

Zen(ゼン)の発行業務、交換、取引仲介は、Zaif取引所を運営するテックビューロが行なっています。Zaifの取引所では、Zenと取引所が取扱う法定通貨(円)やほかの仮想通貨と取引することができます。

仮想通貨取引所のZaifでは、Zen以外にもさまざまなトークンを扱っていて、トークンの銘柄数は国内最多の取引所となっています。大きな値上がりを見せたZAIFやCOMSAなど、話題のトークンも多いので、トークンの取引にも興味がある方は、Zaifの口座を開設して、取引してみてください。

Zaifでしか購入できないトークンなどについては、下の記事で紹介していますので、興味がある方はそちらもご覧になってみてください。

 

Zen(ゼン)の特徴

  • 通貨の略号はJPYZ
  • 基本的には1JPYZ=1円だが、完全に固定されているわけではない
  • Zenは法定通貨との交換レートを固定できるかという社会実験プロジェクト

 

Zenは法定通貨との交換レートを固定できるかという社会実験プロジェクト

世界中で、何百、何千と言われる仮想通貨がこれまでに作られてきました。

世界最大の時価総額と流通量を誇るビットコインは、仮想通貨の世界では『米ドル』のようなポジションですが、取引で使うには大きな問題を抱えています。

取引が承認されるスピードもそうなのですが、その価格の変動が激しすぎるということが、ビットコインを決済手段として考えている企業の足かせとなっています。

どういうことかと言いますと、ビットコインに代表される仮想通貨は、各国の法定通貨(米ドルや日本円など)に対して、1日で30%程度変動することがありますし、短期間のうちに価格が半分になっていることすらあります。

これによって、10,000円相当のビットコインで売れた商品があったとしても、決済する段階になってビットコインの価値が半減していると5,000円の売り上げにしかならないので、赤字になってしまいます。これが米ドルや日本円に代表される法定通貨であれば、数ヶ月でせいぜい10〜20%の変動ですみますし、為替予約などでそのリスクを軽減することができるため、大まかな収支を予測することができます。

しかし、ビットコインなどの仮想通貨においては、そのようなリスクを低減するのに十分な手段がまだ存在しておらず、多くの企業において、実際のビジネスの決済で使用するにはリスクが高くなっていました。

そのため、日本円に対して交換レートが安定的に推移する仮想通貨の存在が望まれていました。そこで、Zenのプロジェクトでは、そのような通貨を作り出すことができるかどうかという実験が行われているというわけです。

 

第一フェーズは終了

Zenの実験の第一フェーズは、2017年7月5日から実施されていましたが、2017年11月30日をもって終了されました。

デジタルトークン「Zen」の流通社会実験は、約4ヶ月間実施され、BCCCに所属する企業の年会費やブロックチェーン大学校受講料の支払いなどで使用してきました。第1フェーズ期間における「Zen」の発行総額は約8億5千万円相当となりました

 

Zen(ゼン)の価格推移・チャート

Zen(ゼン)のチャートは、Zaifで確認できます。

Zen(ゼン)とは|仮想通貨トークンの特徴・価格・チャート・取引所2

 

Zen(ゼン)の購入方法・取引所

Zen(ゼン)を取り扱っている取引所は、2017年12月の時点で、ザイフ(Zaif)のみとなっています。

レバレッジをかけて数分の間に売買を繰り返すようなデイトレーダーの方は、ビットフライヤーの方がオススメですが、そうでない場合は、手数料や売買できる銘柄が多いZaifの方がお勧めとなります。

ザイフでアカウントを作る方法は簡単で、下記のような手順を踏みます。

  1. ザイフ(Zaif)の公式サイトにアクセスして、メールアドレスを使って無料会員登録
  2. 基本情報の登録(氏名や住所など)
  3. 電話番号認証(SMSで電話番号認証コードを使う)
  4. 本人確認書類をアップロード(運転免許証やパスポートなど)
  5. 口座開設完了

 

登録方法の詳しい方法以下の記事で紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。

 

まとめ

以上、Zen(ゼン)について紹介しました。

この記事を読まれた方の中には、「ZENについて興味が出たけど、自分のお金で購入するのはちょっと不安 or 購入するお金がない」という方もいらっしゃるかと思います。

そういう方向けに、自分のお金を使わずに仮想通貨を入手する方法というものがあります。一つはアフィリエイトとよばれる方法、もう一つはポイントサイトを利用する方法で、どちらも副業として人気トップクラスの方法です。

例えば、取引所のコインチェックのアフィリエイトでは、1人紹介すると最大23,000円の報酬が支払われますし、ポイントサイトのモッピーであれば、紹介数が増えると毎月10万円の収入をなにもせずに稼ぐことも可能です。

 

下の記事でやり方を紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。
ビットコインなどの仮想通貨の取引を始めたいという方は、国内大手のビットフライヤーコインチェックザイフからどうぞ!

仮想通貨の記事一覧へ

オススメの副業・稼ぎ方はこちら
アフィリエイトやポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はこちらから

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください