Counterparty(カウンターパーティー)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・購入方法

Counterparty(カウンターパーティー)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・購入方法

この記事では、仮想通貨のCounterparty(カウンターパーティー)について、その特徴などを紹介しています。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

通貨名Counterparty(カウンターパーティー)
通貨略号XCP
公開日2014年1月
時価総額順位下のRANK参照
発行上限枚数なし
取り扱い国内取引所ザイフ(Zaif)
取り扱い海外取引所Poloniex(ポロエニックス)
Bittrex(ビットレックス)
etc.
公式サイトCounter Partyの公式サイト
ホワイトペーパー

Counterparty(カウンターパーティー)の基本情報

Counterparty(カウンターパーティー)は、略号がXCPの仮想通貨(暗号通貨)です。2014年1月に公開されました。

Counterpartyは、ビットコインのブロックチェーンを利用した分散型金融プラットフォームで、分散型取引所の機能や、独自通貨の発行機能などが実装されています。

ビットコインのブロックチェーンを使用するため、Counterparty独自のブロックチェーンはなく、毎回少量のビットコインが必要となります。また、スパム防止のために基軸通貨であるXCPを消費する必要がある場合もあります。

 

取引承認アルゴリズムも、ビットコインと同じProof of Work(プルーフオブワーク)が採用されていますが、Counterpartyオリジナルの仕組みとして、PoB(Proof of Burn)が採用されています(後述)。

仕組み的には、Omniなどと同様に、ビットコインの取引データに追加の情報を書き込むことにより、ビットコインのブロックチェーン上のプラットフォームを実現しています。良くも悪くも、かなりの部分でビットコインの性質を引き継いでいます。

Ethereum(イーサリアム)のチューリング完全なプログラミング言語がカウンターパーティに導入されており、イーサリアム上のスマートコントラクトをそのままビットコインネットワーク上で実行することができます。

独自の仮想通貨発行、分散型取引所(DEX)、賭け、ペイメントチャネル、投票、マルチシグニチャなどの機能を実装しています。またゲームトークンやトレーディングカードトークンが有名です。

最も利用者の多いビットコインのブロックチェーンを利用することで、そのままビットコインの高いセキュリティを利用できる一方で、送金の承認に約10分かかるなどビットコインのプロトコルによる制約があるという欠点もあります。

 

Counterparty(カウンターパーティー)の特徴

  • 通貨の略号はXCP
  • 独自のブロックチェーンを持たず、ビットコインのブロックチェーンを利用
  • PoB(Proof of Burn)を初めて導入した通貨

 

PoB(Proof of Burn)を初めて導入した通貨

Proof of Burn(プルーフオブバーン)とは、「燃やすことによる証明」という意味を持ちます。

プルーフオブバーンの仕組みでは、XCPに価値を持たすために、誰も使うことができないアドレスに対してビットコインを送金させます。そして、送金されたビットコインに対応するXCPをビットコインの送金者が保有していると考えます。

誰も使えないアドレスにビットコインが封じ込められているので、送金されたビットコイン分の価値がCounterpartyに移転するという理屈です。

仕組みとしては、米ドルが等価値の金塊と引き換えに発行されて価値を持っていることと似ています。

 

Counterparty(カウンターパーティー)の価格推移・チャート

Counterparty(カウンターパーティー)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・購入方法2

Counterparty(カウンターパーティー)のチャートは、Crypto Currency MarketCoinGeckoで確認できます。

 

Counterparty(カウンターパーティー)の購入方法・取引所

Counterparty(カウンターパーティー)を売買できる世界の取引所は、下のとおりです。

Counterparty(カウンターパーティー)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・購入方法3

日本の取引所では、ザイフ(Zaif)から売買が可能です。

海外の取引所では、Bittrex(ビットレックス)Poloniex(ポロニエックス)で取引が可能となっています。

Bittrex

アメリカの会社によって運営されている世界最大級の取引所。アルトコインの種類は200種類程度。手数料は0.25%。手数料が高いので、サブとして利用。

Poloniex

アメリカの仮想通貨取引所。売買できるアルトコインの種類は100種類前後だが、売買量は世界トップクラス。手数料は0.10〜0.15%。筆者はこことHitBTCを主に利用。

 

海外の取引所で取引するには、国内で口座を開設し、BTCなどで送金する必要があります。規模の小さい取引所で口座した場合、倒産や資金が取り出せないといった事態に陥るリスクが高くなるため、大手のビットフライヤーやコインチェック、ザイフで口座を開設して取引するのが安全です。

取引・送金手数料の安さ重視なら、コインチェックザイフセキュリティの高さ重視ならビットフライヤーを利用するのがオススメです。

それぞれの取引所で口座を開設する方法は、下の記事で紹介していますので、「何から始めたらいいかわからない…」という方は参考にしてみてください。

 

まとめ

以上、Counterparty(カウンターパーティー)について紹介しました。

この記事をお読みになった方の中には、「Counterpartyについて興味が出たけど、自分で購入するのはちょっと不安」という方もいらっしゃるかと思います。

そういう方向けに、自分のお金を使わずに仮想通貨を入手する方法というものがあります。一つはアフィリエイトとよばれる方法、もう一つはポイントサイトを利用する方法で、どちらも副業として人気トップクラスの方法です。

例えば、取引所のコインチェックのアフィリエイトでは、1人紹介すると最大23,000円の報酬が支払われますし、ポイントサイトのモッピーであれば、紹介数が増えると毎月10万円の収入をなにもせずに稼ぐことも可能です。

 

下の記事でやり方を紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。
ビットコインなどの仮想通貨の取引を始めたいという方は、国内大手のコインチェックザイフビットフライヤーからどうぞ!

アフィリエイトやポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はこちらから

 

ビットコイン
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 


 
GMOコイン
ビットトレード
 


 

なまはむ
記事が参考になった方はフォローしてくださると励みになります!


当サイトからの登録人気No.1
積立投資ができる取引所Zaif

・ビットコインとネムの手数料が国内最安
・取扱いコイン数も国内No.1
・中級者以上からの支持があつい
・積立投資で仮想通貨資産を増やせる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください