最近、画像もない記事を公開していますが後から修正するのでもう少々お待ち下さい。

ぺぺキャッシュ(Pepe Cash)とは|仮想通貨トークンの特徴・価格・チャート・取引所

ぺぺキャッシュ(Pepe Cash)とは|仮想通貨トークンの特徴・価格・チャート・取引所

この記事では、仮想通貨取引所のZaifが発行するぺぺキャッシュ(Pepe Cash)について、その特徴などを紹介しています。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】Zaif【ビットコインの手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー【ビットコイン売買量とセキュリティは国内No1!】
【3位】ビットバンク【リップル、ライトコインの購入はココが一番お得!】
【オススメ】Binance【世界一の取引所。手数料の安さは世界で一番!取扱コインも約100種類!】
【4位】QUOINEX【国内でQASHが買えるのはここだけ!セキュリティ・手数料も優秀!】
【5位】GMOコイン【大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所】

ぺぺキャッシュ(Pepe Cash)の基本情報

ぺぺキャッシュ(Pepe Cash)は、海外の匿名掲示板である『4ch』が発祥のトークンです。

4chというのは、日本の匿名掲示板2ちゃんねる(2ch)と同じような存在です。日本にも、2ch発祥のMona Coin(モナーコイン)というトークンが存在します。

モナーコインとぺぺキャッシュは、どちらも匿名掲示板が発祥という似たような境遇で、ネタコインとして扱われていましたが、2017年の後半に入り、価値が高騰しています。

モナーコインが、ライトコインをベースに開発されたのに対し、ペペキャッシュは、CounterParty(カウンターパーティー)という、ビットコイン上に構成されたプラットフォームをベースに発行されました。

ぺぺキャッシュは、既存のブロックチェーン技術をそのまま使って発行されたので、仮想通貨ではなく、『トークン』と分類されています。

ブロックチェーン技術は使われているので、れっきとした仮想通貨でもあります。

日本の金融庁から認められている通貨でもあります。金融庁に認められている仮想通貨は、いわゆる『ホワイトリスト入り』と呼ばれていますが、このホワイトリスト入りを果たしている仮想通貨は、2017年12月の段階では、わずか16種類しかありません。

また、海外匿名掲示板から発行されたことで、海外版モナコインという風に言われることがあります。

このぺぺキャッシュには、ほかの仮想通貨にはない、面白い用途があります。

ぺぺキャッシュ独自のウォレットをもっていると、レアぺぺカードと呼ばれる『デジタルカード』を、通貨のように所有・管理・閲覧することができます。

これは、トレーディングカードのオンライン版みたいなもので、高いものは数十万円〜数百万円で取引されていたりします(後述)。

このぺぺキャッシュ(Pepe Cash)を入手できる取引所は、国内ではZaif(ザイフ)だけとなっています。

 

仮想通貨取引所のZaifでは、ぺぺキャッシュ以外にもさまざまなトークンを扱っていて、トークンの銘柄数は国内最多の取引所となっています。

大きな値上がりを見せたぺぺキャッシュやZAIF、COMSAなど、話題のトークンも多いので、トークンの取引にも興味がある方は、Zaifで口座を開設して、ぜひ取引してみてください。

Zaifでしか購入できないトークンについては、下の記事で紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。

 

ぺぺキャッシュ(Pepe Cash)の特徴

  • 海外の匿名掲示板である4chが発祥のコイン
  • トークンの略号はPEPECASH
  • カウンターバーティーを利用して発行されている
  • 金融庁のお墨付き(ホワイトリスト入り)のトークン
  • 国内の取引所でぺぺキャッシュを購入できるのはZaif取引所のみ(2017年12月時点)
  • ぺぺキャッシュ(Pepe Cash)には使い道がある

 

ぺぺキャッシュ(Pepe Cash)には使い道がある

ぺぺキャッシュには、ほかの多くの仮想通貨と違い、2017年12月の時点で、すでにちゃんとした使い道があります。

ペペキャッシュは、Rare Pepe Card(レアぺぺカード)と呼ばれるデジタルカードを購入するのに使うことができます。

レアぺぺカードというのは、カエルをモチーフにしたイラストのカードで、アメリカで受けそうなタッチの絵柄で描かれています。

カードの一覧が載っているサイト:http://rarepepedirectory.com

上記のサイトでは、自分で作ったカードを売ったり、ほかの人が作ったカードを買ったりすることが可能です。

デジタルカードですので、トレーディングカードよりは、ソーシャルゲームのカードに近いかもしれません。

カードごとに能力などが付いているわけではありませんが、レアなカードほど高値で売買されているようです。

さらに一般のトークンとの大きく違うところは、ペペキャッシュの場合、Counterwalletといったカウンターパーティー対応ウォレットを持っていれば、それぞれのデジタルカードを通貨のように所有、管理することができます。

絵画の売買と同じようなことができるわけです。

映画などで、非合法な取引を行うときに、高額の絵画で支払いをしているシーンがありますが、それと同じようなことができます。

 

ぺぺキャッシュで自分で描いた絵を売るには、メモリーチェーンを利用することになりますが、なんでも売り出すことができるというわけではなく、『Rare Pepe審査ガイドライン』なるものがあるようです。

 

ぺぺキャッシュ(Pepe Cash)の価格推移・チャート

ぺぺキャッシュ(Pepe Cash)のチャートは、ZaifのHPから確認できます。

ぺぺキャッシュ(Pepe Cash)とは|仮想通貨トークンの特徴・価格・チャート・取引所2

ぺぺキャッシュは、発行された直後は1PEPECASH=0.1円程度で、取引もほとんどされていませんでした。

段階的に吹き上げることがあり、徐々にその価格をあげました。

Zaif取引所の地名度が高まるにつれて、資金の流入が増え、2017年12月の初頭には、1PEPECASH=28円まで上昇し、お祭り騒ぎとなりました。

 

ぺぺキャッシュ(Pepe Cash)の購入方法・取引所

ぺぺキャッシュ(Pepe Cash)を購入できる取引所は、2017年12月時点では、『ザイフ(Zaif)』のみとなっています。

Zaifは、さまざまなトークンを取り扱っていますし、ビットコインの売買手数料がマイナス、つまり取引することでお金をもらえるというキャンペーンを行なっている取引所です。

国内でNo.1のビットコイン取引量を誇るビットフライヤーよりも、個人的にはオススメの取引所です。

レバレッジをかけて数分の間に売買を繰り返すようなデイトレーダーの方は、ビットフライヤーの方がオススメですが、そうでない場合は、手数料や売買できる銘柄が多いZaifの方がお勧めとなります。

登録方法などは以下の記事で紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。

 

まとめ

以上、ぺぺキャッシュ(Pepe Cash)について、紹介しました。

この記事を読まれた方の中には、「ペペキャッシュについて興味が出たけど、自分のお金で買うのは少し不安…」もしくは「 買うお金がない…」という方もいらっしゃるかと思います。

そういう方向けに、自分のお金を使わずに仮想通貨を入手する方法があります。

一つはアフィリエイトという方法、もう一つはモッピーなどのポイントサイトを利用する方法です。

どちらも副業として人気の方法で、わたしもこの方法で毎月数十万円以上稼いでいます

下の記事でやり方を紹介していますので、興味がわいた方はご覧になってみてください!

仮想通貨の取引を始めたいという方は、手数料の安さ重視ならザイフビットバンクセキュリティ重視ならビットフライヤーQUOINEXから始めましょう!

 

  仮想通貨の新着記事をみる  

 

オススメの副業・稼ぎ方はこちら
アフィリエイトやポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はこちらから

 

    TOPページへ戻る    

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください