bitFlyer(ビットフライヤー)とcoincheck(コインチェック)どっちがいい?-徹底比較-

bitFlyer(ビットフライヤー)とcoincheck(コインチェック)を徹底比較

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!

【1位】Zaif(ザイフ)【ビットコインの手数料が1番安い取引所!取り扱いコイン数もNo.1!】

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)【ビットコイン売買量とセキュリティは国内No1!】

【3位】bitbank(ビットバンク)【リップル、ライトコインの購入はココが一番お得!】

【4位】QUOINEX【国内でQASHが買えるのはここだけ!セキュリティ・手数料も優秀!】

【5位】GMOコイン【大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所】

 

この記事では、国内の仮想通貨取引所でビットコインの取引高No.1、2の座を争うビットフライヤー(bitFlyer)コインチェック(coincheck)について、購入できる通貨の種類、手数料や使いやすさなどを比較しています。

もっとも知名度の高いこの2つの取引所ですが、どちらに登録したらいいか迷われている方も多いのではないでしょうか?

ビットフライヤーとコインチェックについて比較していますので、どちらにしようか迷っている方は参考にしてみてください。

コインチェックは、2018年1月26日に約520億円のハッキング被害を受けました。

今後対応がどうなるかわかりませんが、取引所として継続できるか不明ですので、登録するのであれば、ビットフライヤーに登録しておく方がいいでしょう。

 

取引所を選ぶときの基準は?

まず、仮想通貨取引所を選ぶときに、どのようなことを気にする必要があるのか知っておきましょう。

気にすべき項目は、主に以下のとおりです。

  • 取引所の経営は安全か?
  • セキュリティは問題ないか?
  • 取り扱っているコイン・トークンの種類は?
  • 手数料は安いか?
  • サーバーは安定か?
  • サイトとアプリの使いやすさは?

 

取引所の経営は安全か?

取引所で一番問題が起きやすいのが、内部犯によるコインの紛失です。ハッキング被害もないわけではないのですが、内部の人間が欲に目がくらみ、盗難をすることも少なくありません。

いくら外側からの攻撃に強くなっても、内側からの攻撃があるとどうしようもありません。最も有名なものが、マウントゴックス事件です。

ビットコインはウォレットアドレス(パスワード)さえ保管しておけば、何億円でも簡単に保管できてしまいますし、パスワードがわからなければ、誰も盗むことができません。

現金を盗むのとは違い、仮想通貨を盗むのはデータを送るだけですので、「大量の現金を運ぶリスク」、「見つからないように隠し続けるリスク」といったものがありません。

そういった背景から、ついつい魔が差してしまうのでしょう。

ですので、取引所の運営会社の組織体制・従業員のモラルというのが非常に大切になってきます。

いくら売買手数料が安くとも、最終的に盗まれてしまっては意味がないので、一番大切なところです。

 

セキュリティは問題ないか?

セキュリティは、外部からの攻撃に対して強いかどうかをみておく必要があります。

取引所によっては、何度もハッキング被害を出しているところもあり、数十億円分の仮想通貨が盗まれたといった事件が時々起きています。

先ほども述べたとおり、売買手数料・入出金手数料・送金手数料がいくら安くても、盗難被害に遭うとあなたのお金は一瞬で全てなくなる可能性があります。

といっても、最近はどこの取引所も2段階認証を導入しているので、セキュリティは2017年以前に比べて格段に向上しています。

ですので、あなたのアカウントが不正に操作されるというリスクはかなり低くなっています。

ただし、メールアドレスの流出からセキュリティを突破したと思われる事例も少なからずあるので、メールアドレスは専用のものを用意するのが望ましいです。

 

取り扱っているコイン・トークンの種類は?

その取引所で取り扱っている、コイン・トークンの銘柄も見ておきましょう。

というのも、どこの仮想通貨取引所でも、ビットコインは売買できるのですが、それ以外のコイン(アルトコイン)は取引所ごとに品揃えが全然違います。

これが株式であれば、野村証券でもSBI証券でもライブスター証券でも、同じ株式を購入できます。

しかし、仮想通貨の場合、ここでしか買えないといったコインが結構あります。日本の株式市場と米国の株式市場では、取り扱っている株式が違うようなものです。

ですので、あなたが購入したいコインが、登録を考えている取引所で買えるのか、確認しておきましょう。

 

手数料は?

先の3つの項目で基準をクリアしていたら、手数料を確認しましょう。これも取引所ごとに千差万別です。

取引を繰り返すとバカにならない額になりますので、なるべく安い手数料の取引所を使いましょう。

例えば、ビットコインの売買手数料は、-0.05%のところがあれば、0.15%のところもあります。

ビットコイン100万円分を一回購入すると、手数料は2,000円もの差になります。さらに売却もおこなうと、その倍の4,000円になります。

ビットコインの値動きは激しいので、「0.1%って小さいじゃないか」とついつい誤魔化されがちですが、0.1%を侮ってはいけません。

取引額が多いと手数料が段階的に下がる仕組みになっていたりもしますが、月に何度も取引をしていると、手数料だけで年間10万円を超すこともあり得ます。

手数料は、何%ではなく、「100万円分、1,000万円分のコインを購入したらいくらになるのか?」という観点で見るようにしましょう。

 

サーバーが安定かどうか

サーバーが安定かどうかというのも確認が必要な項目です。

私の場合は、短期での売買を繰り返さないのであまり問題ないのですが、デイトレーダーのように1日で何度も取引を行いたい人の場合、重要な項目となります。

取引所のサーバーというのは、実際、どこも発展途上で、最大手の取引所でもいまだに繋がりにくくなったりしています。

仮想通貨取引所はこれから成長していく部分があるので、この項目は現時点ではそれほど気にしなくていいと思います。

 

サイトとアプリの使いやすさは?

あと、最後になりましたが、サイトの使いやすさも重要です。

日々サイトを使っていると、注文がしにくいなど小さなことでも積み重なっていくと、かなりのストレスになります、

注文までのステップが長かったりすると、値動きが激しくなったときに注文のタイミングが遅れて、狙った価格で約定しないといったことが起こります。

そうすると、本来得られたはずの利益を取り損ねるという、機会損失につながります。

 

以上の項目は、メインの取引所を選ぶうえで、気にした方がいいでしょう。それぞれについて比較していますので、取引所を選ぶ参考にして頂ければ幸いです。

 

取引所の健全性比較

コインチェック(coincheck)とビットフライヤー(bitFlyer)の経営体制の比較は、以下のとおりです。

コインチェック
(coincheck)
ビットフライヤー
(bitFlyer)
資本金 9,200万円 41億218万円
設立 2012年8月28日 2014年1月9日
従業員数 71人 81人
出資会社インキュベイトファンド、ANRI、セレスSMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、三菱UFJキャピタル、第一生命保険、三井住友海上キャピタル、合同会社RSPファンド5号、ベンチャーラボインベストメント、SBI investment、電通デジタルホールディングス、QUICK、GMO Payment Gateway、GMO Venture Partners、B Dash Ventures、Digital Currency Group、East Venture、インキュベイトファンド
内部犯による不祥事 なし なし

 

経営の健全性であれば、ビットフライヤーに軍配が上がります。

どちらもベンチャー企業ですが、コインチェックは若い社員が多く、本当のベンチャーという感じです。

一方のビットフライヤーでは、ゴールドマンサックスなどの元投資銀行勤務の方などがCEOなどを務めており、社会人経験がそれなりにある人物たちによって経営されています。

投資銀行勤務などの実績が評価され、出資も集まり、資本金がコインチェックに比べて格段に多くなっています。

 

セキュリティの比較

コインチェック(coincheck)とビットフライヤー(bitFlyer)のセキュリティの比較は以下のとおりです。

コインチェック
(coincheck)
ビットフライヤー
(bitFlyer)
2段階認証 ◯ ◯
コールドウォレットでの資産管理 ◯ ◯
マルチシグニチャ ◯ ◯
SSL通信 ◯ ◯
DigiCert(デジサート)の SSL サーバー証明書の採用
ハッキング被害 あり あり

 

※コインチェックは、コールドウォレットで管理していると公表していましたが、2018年1月26日にネムのハッキング被害を受けました。

ビットコインはコールドウォレットで管理されていましたが、ネムはコールドウォレットでは取り扱われていなかったため起こった被害です。

どちらの取引所も、過去(サービスを開始して間もないころ)には、ハッキング被害がありましたが、Googleによって提供されている「2段階認証」を導入してからは、そのような話はほとんどありません。

どちらの取引所もセキュリティの基本である「2段階認証」「コールドウォレットでの資産管理」「マルチシグニチャ」「SSL通信」を導入しています。

これらを導入していれば、あなたのパスワードが何かにきっかけで流出しない限り、安全と考えて問題ないでしょう。

とはいうものの、ビットフライヤーの方が、DigiCertを採用しているなど、細かいセキュリティ面でやや上といえます。

取引所のセキュリティ重視の方は、ビットフライヤーを選択しておくといいでしょう。

 

取扱い通貨数の比較

コインチェック(coincheck)とビットフライヤー(bitFlyer)で取り扱っている仮想通貨の種類の比較は以下のとおりです。

コインチェック
(coincheck)
ビットフライヤー
(bitFlyer)
 種類数 13種類 6種類
 通貨名
  • BTC(ビットコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP,(リップル)
  • XEM(ネム)
  • XMR(モネロ)
  • REP(オーガー)
  • DASH(ダッシュ)
  • LISK(リスク)
  • ZEC(ジーキャッシュ)
  • FCT(ファクトム)
 BTC, BCH, ETH, ETC, LTC, MONA
 通貨ペア日本円のみ日本円のみ

 

ビットコインの売買手数料の比較

コインチェック(coincheck)とビットフライヤー(bitFlyer)のビットコインの現物売買手数料の比較は、以下のとおりです。

 コインチェック
(coincheck)
ビットフライヤー
(bitFlyer)
現物取引0%0.01%〜0.15%

ビットフライヤーでは、過去一ヶ月間でのビットコインの売買量によって手数料が変動します。

一番低い手数料にしようと思うと、一ヶ月で5億円以上の取引が必要となりますので、多くの方にとっては、おそらく0.05%〜0.1%ぐらいの手数料になるのではないでしょうか。

ビットコインの売買手数料については、コインチェックに軍配が上がります。

 

アルトコインの売買手数料の比較

アルトコインの売買手数料については、コインチェック(coincheck)とビットフライヤー(bitFlyer)ともによくわかりません。

コインチェック(coincheck)とビットフライヤー(bitFlyer)のアルトコインの売買手数料の比較は以下のとおりです。

 ザイフ
(Zaif)
コインチェック
(coincheck)
ビットフライヤー
(bitFlyer)
 売買手数料 0.0%〜0.3%0%
(どのアルトコインも約3%のスプレッドあり)
0%
(どのアルトコインも数%のスプレッドあり)

 

コインチェックでは、アルトコインの売買手数料は存在しませんが、価格のスプレッドが約3%あります。

この”約”と表現しているのにも理由がありまして、場合によってはこのスプレッドが変動するからです。

2018年現在はスプレッドが比較的安定していますが、価格が急落したときや急騰したときには10%近いスプレッドが生じていたことが過去にありました。

基本的には3%と考えてもらって大丈夫ですが、場合によっては変動する可能性があることは認識しておいてください。

また、ビットフライヤーでも同様に、数%のスプレッド(実質の手数料)が存在します。

ビットフライヤーの場合は、アルトコインの種類によって手数料がバラバラで、2%程度のアルトコインから5%を超えるコインまであります。

また、この手数料は変動する場合もあるので、細かい数字は出せませんが、数%は支払う必要があります。

どちらの取引所も、平均するとほぼ同じ手数料になりますが、コインチェックの方が売買できるアルトコインの種類が多いので、コインチェックがやや有利です。

 

レバレッジ取引の手数料の比較

コインチェック(coincheck)とビットフライヤー(bitFlyer)のレバレッジ取引の比較は、以下のとおりです。

 コインチェック
(coincheck)
ビットフライヤー
(bitFlyer)
売買手数料 0%0%
(キャンペーン中のため)
スワップ手数料買いの場合:新規約定時と翌日持越し時に金額の0.04%

売りの場合:新規約定時と翌日持越し時に保有BTCの0.05%

0%
(翌日に持ち越すと0.04%/日)
レバレッジ倍率最大5倍最大15倍

 

レバレッジを効かせて、先物取引などと同じようなことがしたいのであれば、ビットフライヤーの方がオススメとなります。

ビットフライヤーには、『bitFlyer Lightning』というシステムがあるのですが、これがレバレッジ取引する上ではとても便利なシステムだからです。

実際に、日本国内でビットコインが一番取引されているのは、このbitFlyer Lightning経由での取引となっています。

bitFlyer Lightningがなぜそれほど支持されているのかというと、キャンペーン中ということもありますが、売買手数料が無料ということが挙げられます。

ビットフライヤーのレバレッジ取引で手数料がかかるのは、2018年1月時点では、買建てか売り建でポジションをもったまま日付が変わった場合だけですので、手数料なしでデイトレードができます。

これがコインチェックの場合では、新しく買うときや売るときにも手数料が0.04%発生してしまいます。

100万円分のビットコインを取引するときに、ビットフライヤーが手数料0円なのに、コインチェックでは400円の手数料を払わないといけません。

もしあなたが1日に何度も取引をするデイトレーダーを目指している場合、1日で手数料が何千円にもなってしまいます。

このような理由から、レバレッジ取引においては、コインチェックではなく、ビットフライヤーが支持されています。

これ以外にも、デイトレードをする上では、ビットフライヤーの方が使い勝手がいいということも挙げられます。

 

その他機能の比較

コインチェック(coincheck)とビットフライヤー(bitFlyer)で、それぞれ独自機能の比較は以下のとおりです。

 コインチェック
(coincheck)
ビットフライヤー
(bitFlyer)
その他の特徴 
  • ビットコイン電気
  • 決済アプリがある
  • ビットコインで寄付ができる
  • ビットコインでチャージ可能なVisaプリペイドカード「バンドルカード」
  • ビットコインで寄付ができる
  • 決済アプリ『bitWire』がある
  • ビットコインでクラウドファンディングができる

 

独自機能については、2018年1月時点では、ほとんどの方にとってわざわざ利用するメリットがない機能ばかりです。

ですので、これらの機能で取引所を選ぶ必要はないでしょう。

ただし、仮想通貨が現実世界でもっと普及してきた場合、取引所の独自サービスで大きな差が生まれる可能性もありますので、コインチェックとビットフライヤー、どちらの動向も注視しておく必要があります。

 

コインチェック(coincheck)とビットフライヤー(bitFlyer)のどちらがオススメか?

bitFlyer(ビットフライヤー)とcoincheck(コインチェック)を徹底比較2

以上、コインチェック(coincheck)とビットフライヤー(bitFlyer)の比較を行ってきましたが、「結局どちらがいいのか?」というのが、多くの方が感じられている疑問かと思います。

この答えは、「場合による」となります。どういった場合にコインチェックとビットフライヤーどちらを選ぶべきかを解説します。

 

ビットコイン取引が中心の場合・海外の取引所利用がメインの場合

「アルトコインなんていらないからビットコインだけ取引できればいいんだ!」という方や、「アルトコインは海外の取引所で売買する!」という方は、ビットコインの取引手数料が無料のコインチェック(coincheck)がオススメです。

私もメインの投資資金は、海外の取引所に多くを移しています。

コインチェックでビットコインを購入して、海外の取引所(BinanceやBittrex、HitBTC)に移すという流れです。

BinanceやHitBTC、Bittrexの特徴や口座開設方法などは、下の記事で紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください

 

 

海外の取引所に手を出すのは怖いけど、アルトコインが欲しい場合

この場合も、アルトコインの取り扱い種類が多いコインチェックがオススメです。

例外的に、イーサリアムとビットコインキャッシュを購入したい場合は、ビットフライヤーの方が手数料が安いですが、基本的にはコインチェックを使う方がいいでしょう。

 

レバレッジを効かせて短期売買を行うデイトレーダーの場合

短期売買を行いたいのであれば、ビットフライヤー(bitFlyer)を利用した方がいいでしょう。

サイトの作り的に、コインチェックは秒単位で注文するには向かない構造となっています。

その点、ビットフライヤーには、『bitFlyer Lightning』 がありますので、FX取引や先物取引のように高速で取引を行うことができます。

また、レバレッジもビットフライヤーでは最大15倍までかけられますので、少ない資金で大きな取引をすることができます。

実際に、日本でのビットコイン売買の60%は、このbitFlyer Lightningによるものです。

それだけ多くの方が、bitFlyer lightningを利用してレバレッジ取引をしているということです。

これは、流動性の高さも意味しますので、狙った価格で大量のビットコインを買ったり売ったりできます。

これらの理由から、レバレッジを効かせた取引がしたいのであれば、ビットフライヤーがオススメとなります。

 

安心をお金で買いたい場合

ビットフライヤーの方が、わずかではありますが、セキュリティ面で優れていますので、心配性な方などは、手数料は若干高いですが、ビットフライヤーを利用しましょう。

いわゆる、安心をお金で買うというやつです。

 

まとめ

以上、コインチェック(coincheck)とビットフライヤー(bitFlyer)を比較してきました。

どちらの取引所がいいかは、場合によって違います。あなたが、どういった意図で仮想通貨取引所を利用したいのか、まずは明確にした方がいいでしょう。

また、こう言ってしまうと比較した意味がなくなるのですが、仮想通貨の取引をしている方というのは、基本的にコインチェックとビットフライヤーの両方の取引所で口座を開設しています。

というのも、一つの取引所にあなたの全資産をつぎ込むのは、取引所がハッキング被害にあう可能性などを考慮すると、あまりにリスクが高いからです。

ですので、少なくとも2つ、望ましくは3つ以上の取引所に口座を開設することをオススメします。

一つの取引所だけでも、ハッキング被害やサーバーダウンなどが都合が悪いときに起きなければ問題はないので、複数口座の管理が面倒という方は、リスクを承知の上で、利用するようにしましょう。

国内の取引所をまとめて紹介している記事もありますので、複数の取引所で口座を開設することを検討中の方は、そちらもご覧になってみてください。

 

仮想通貨の取引に興味がある方は、手数料の安さ重視ならザイフビットバンク安全・信頼性重視ならビットフライヤーQUOINEXに登録して始めるのがオススメです!

 

また、この記事を読まれた方のなかには、「仮想通貨に興味はあるけど自分のお金で買うのはちょっと不安…」もしくは「 買うお金がない…」という方もいらっしゃるでしょう。

そういう方は、無料でお金を入手できるポイントサイトを利用したり、副業を始めてお金を稼いではいかがでしょうか?

当サイトではさまざまな副業を紹介していますし、実際にわたしも副業で毎月数十万円以上稼いでいます

下の記事でやり方を紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください!

   

 

 

 

仮想通貨取引所ランキング|特徴別に比較

仮想通貨取引所の特徴別ランキング
総合ランキング手数料の安さアルトコインの種類
仮想通貨FX安全性の高さ友達紹介制度

 

なまはむ
記事が参考になった方はフォローしてくださると励みになります!


当サイトからの登録人気No.1
積立投資ができる取引所Zaif

・ビットコインとネムの手数料が国内最安
・取扱いコイン数も国内No.1
・中級者以上からの支持があつい
・積立投資で仮想通貨資産を増やせる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください