QASH(キャッシュ)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

QASH(キャッシュ)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

この記事では、仮想通貨取引所QUOINEX(コインエクスチェンジ)が行うICOとして注目された、仮想通貨のQASH(キャッシュ)について、その特徴や価格などを紹介しています。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

通貨名QASH(キャッシュ)
通貨略号QASH
公開日2017年11月
時価総額順位下のRANK参照
発行上限枚数1,000,000,000 QASH
取り扱い国内取引所QUOINEX(コインエクスチェンジ)
取り扱い海外取引所Bitfinex(ビットフィネックス)
Qryptos
Huobi
etc.
公式サイトQASHの公式サイト
ホワイトペーパーQASHのホワイトペーパー

QASH(キャッシュ)の基本情報

QASH(キャッシュ)とは、仮想通貨取引所QUOINEXを運営しているQUOINE社が、QUOINEX上で発行してるトークンです。2017年11月6日にトークンセール(ICO)が開始され、11月8日に終了しました。

QASHは、2017年11月21日から、QUOINEXとQRYPTOS上で売買が可能になる予定となっていました。実際に、2017年12月時点では、QASHの売買が可能となっています。

 

QASHのICOは、最小50,000,000 QASH、最大350,000,000 QASHが売り出される計画で開始されました。販売期間は、当初の予定から大幅に短縮されて、たった三日間になったにもかかわらず、初日でほぼ発行上限額まで達するほどの盛況ぶりでした。

同時期に国内ICOとして話題になっていたCOMSA(コムサ)が、1カ月かけて109億円を調達したことと比べると、いかに人が殺到していたかがわかります。

QASHのトークン売出し価格は、1 QASH=0.001 ETHに固定されていますが、トークンセールは2割引ですので、1QASH=0.08 ETHで購入できるというお得なもので、最低500 QASHからの購入となっていました。

ですので、3億5,000万QASHが売り切れたとすると、全部で35,000,000 ETHになります。その当時のレード1 ETH=35,000円で計算すると、約120億円(1億500万米ドル)の資金調達となります。発表によると、ICOへの参加者は4,988人で、世界98カ国から購入申し込みがあったようです。

このQASHのICOでは、ETHで購入する人が多かったため、2017年11月に入り、イーサリアムが緩やかに上昇しています。

 

QASH(キャッシュ)がもつ機能とは?

それだけ人気のQASH(キャッシュ)ですが、どのような機能をもっているのでしょうか?

実際のところは、QASH自体が特別な機能をもっているわけではなく、『LIQUID(リキッド)プラットフォーム』で使われる通貨としての価値をもちます。LIQUIDプラットフォームがなにかというと、QUOINEのHPでは、下記のように説明されています。

QUOINE LIQUIDプラットフォーム

QUOINEは、世界中に点在する仮想通貨取引所が提供する全ての流動性を一つの取引プラットフォーム(World Book)に集約。
更に、その流動性を享受する為に必要な各種関連サービス(Prime Brokerage)を一体提供することにより、QUOINE LIQUIDプラットフォームユーザ全てに世界中の流動性へのアクセスを可能にします。

 

ざっくりまとめると、『仮想通貨同士を交換するプラットフォームになる(厳密には少し違います)』ことを目指しています。

なぜそのようなものが必要かというと、現在の仮想通貨取引の問題として、マイナーなアルトコインというのは、取引所ごとの価格差が大きいという問題があります。

取り扱っている通貨というのは、取引所ごとに違いますし、取引量も違うため、取引所ごとにそれなりの価格差があります。そのような理由から、マイナーな仮想通貨を売買したいユーザーは、自由な売買がかなり制限されていました。

そういった取引の自由度を解決するために、いろいろなプロジェクトが立ち上がっていて、QUOINEのLIQUIDプラットフォームはそのうちの一つです。

似たようなサービスですでに稼働しているものとして、Changelly(チェンジリー)というものがあります。これもかなり有名なサービスですので、どちらが仮想通貨交換プラットフォームになるのか、期待しながら見守りたいと思います。

 

QUOINEとは

QUIONEは、仮想通貨取引所であるQUOINEXとQRYPTOSを運営している会社です。

元々はシンガポールに本社がありましたが、2016年から日本に本社を移転して活動をおこなっています。QUOINEは、金融庁にも仮想通貨交換業者として正式に登録されており、信頼性は高い取引所です。今回のQASHのICOにより、国内の仮想通貨取引業者としては、世界初のICOとなります。

QUOINEXとは別に、「QRYPTOS」という仮想通貨取引所を日本ではなく海外に向けて展開しています。

また、QUOINEは、『B Cryptos』という会社が設立するICOファンドにもサポート役として参加することになりました。B Cryptosは、日本の有名VC(ベンチャーキャピタル)である『B Dash Ventures』が、仮想通貨への投資やICOコンサルティング事業を行うことを目的に設立した新会社です。

このように、QUOINEは、ほかの会社との協力も積極的に進めています。

 

QASH(キャッシュ)の特徴

QASH(キャッシュ)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所2
  • QASHは、仮想通貨取引所QUOINEXがICOで発行したトークン
  • 通貨の略号はQASH
  • 発行上限枚数は10億QASH
  • QASHはプラットフォームLIQUIDの通貨として使われる
  • 運営会社はQUOINE
  • QASHは米大手取引所のBitfinexにも上場予定(2017年12月時点ではすでに上場)

 

QASHはBitfinexに上場した

QASHは、まず初めにQUOINEXとQRYPTOS上で売買できるようになりました。その後、近々Bitfinexでも売買が可能になる予定ということを発表して、話題になっていました。

2018年1月時点では、ちゃんとBitfinexでQASHが売買できるようになっています。BitfinexがLIQUID開発に対して技術支援することになっているようです。

 

QASH(キャッシュ)の価格推移・チャート

QASH(キャッシュ)のチャートは、Crypto Currency MarketCoinGeckoなどで確認できます。


QASHの価格は、11月の公開直後から月末にかけては上昇し、1QASH=150円超まで価格が上昇しました。

しかし、12月に入ってからは値段は下降気味で、1QASH=100円程度で推移していました。QASHトークンを事前に購入していた人たちの換金売りが続いたので、そのような動きが続いたものと思われます。

2018年に入り、仮想通貨投資が過熱したタイミングでは、一時期1QASH=250円を超えるまで上昇しましたが、その後は、仮想通貨全体に逆風が吹いていることもあり、1QASH=100円程度で推移しています。

 

QASH(キャッシュ)の購入方法・取引所

QASH(キャッシュ)を購入可能な取引所は、以下のとおりです。

国内の取引所でQASHが売買できるのは、QUOINEXだけとなっています。

QUOINEXのHPから簡単に登録が行えますので、ICOでQASHトークンを入手したい方は、QUOINEX(コインエクスチェンジ)のHPから登録してみてください。

海外の取引所では、Bitfinex(ビットフィネックス)やQryptos、HuobiなどでQASHの購入が可能となっています。

Bitfinex

香港に拠点を置く仮想通貨取引所。仮想通貨の売買高は世界でもトップクラスだが、取り扱い銘柄数はやや少なめ。

 

海外の取引所で取引を考えている方は、大手のビットフライヤーザイフで口座を開設して、送金するのが安全です。送金手数料の安さ重視なら、ザイフビットバンク取引所のセキュリティの高さ重視ならビットフライヤーQUOINEXを利用するのがオススメです。

それぞれの取引所で口座を開設する方法は、下の記事で紹介していますので、「何から始めたらいいかわからない…」という方は参考にしてみてください。

 

ビットコイン

 

まとめ

以上、QASH(キャッシュ)について紹介しました。

この記事を読まれた方の中には、「QASHについて興味が出たけど、自分のお金で購入するのはちょっと不安 or 購入するお金がない」という方もいらっしゃるかと思います。

そういう方向けに、自分のお金を使わずに仮想通貨を入手する方法というものがあります。一つはアフィリエイトとよばれる方法、もう一つはポイントサイトを利用する方法で、どちらも副業として人気トップクラスの方法です。

例えば、取引所のビットフライヤーのアフィリエイトでは、1人紹介すると最大23,000円の報酬が支払われますし、ポイントサイトのモッピーであれば、紹介数が増えると毎月10万円の収入をなにもせずに稼ぐことも可能です。

下の記事でやり方を紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。
仮想通貨の取引を始めたいという方は、Zaifビットフライヤービットバンクからどうぞ!

アフィリエイトやポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はこちらから

 

ビットコイン
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 


 

GMOコイン
ビットトレード









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です