漫画もドラマもアニメも楽しむならU-NEXT

獄丁ヒグマ|19話ネタバレあらすじと感想 20話考察・期待【最新話も無料で読む方法を紹介】

獄丁ヒグマ|19話 間 を読んだので、最新話のネタバレあらすじや感想・考察をまとめてみました。

list class=”li-chevron li-mainbdr main-c-before”]

[/list]

※週刊少年ジャンプで掲載中の「獄丁ヒグマ/ 帆上夏希」の最新話についてのネタバレです。

 

→ 獄丁ヒグマを無料で読む裏ワザはこちら

 

まだ最新話を読めていない方は、U-NEXTFODプレミアムを使えば、最新巻まで読むことができます。

ほかのお得ワザも知りたい方は、「漫画村の代わりに無料で漫画が読めるサイト・アプリまとめ25選」も合わせてご覧になってみてください。  

 

▼U-NEXTは31日間利用無料▼

いつでも解約可能で、無料期間中であれば料金は発生しないので安心して登録できます

 

獄丁ヒグマ|19話 間 のネタバレあらすじ

 

閻魔大王の元に行ったヒグマは、なぜ赤銅の左手をアズマが刎ねていた事を教えておいてくれなかったのかと言います。

すると閻魔大王はアズマとハルマが亡くなった日に伝えたと、ヒグマに反論します。

閻魔大王はこれで赤銅の急所は右手だけなのだから、右手をヒグマが奪えばアズマとヒグマの2人の力で遂に赤銅の捕縛が出来ると言います。

ヒグマは3人の力だと訂正し、閻魔大王にハルマについてどう思っているのか尋ねます。

閻魔大王は恨まれる覚えはあっても怒りなどしないと答え、ヒグマに自分の事をどう思っているのかと問います。

ヒグマは自分の意志でこの仕事をすると選んだのだから、閻魔大王を恨んでなどいないと答えます。

そしてヒグマは翁を捕えて、仕事を完遂すると改めて宣言します。

これは死ぬ間際、ハルマがヒグマに伝えた遺言でもありました。

翁を捕えれば天女の呪が解け、全ての亡者が地獄へ還るのです。

閻魔大王との会話をヒグマがアヤハ達に話していると、白い獄卒人の2人が現れます。

2人はヒグマの親戚にあたるサガラとユキラという双子で、口のザイジュの使い手の達磨口の獄卒人でした。

サガラとユキラの情報によると烟月と雨炎火石と赤銅が、現世を亡者のものにしようと翁を完全復活させて天女の呪を強化する為に動いているというのです。

そこでヒグマ達は烟月を糸口として翁を捕縛する為、次なる仕事へと向かうのでした。

→ FODで獄丁ヒグマを無料で読む

 

獄丁ヒグマ|19話ネタバレ感想&20話考察・期待

今回はヒグマと閻魔大王の会話が中心で、ヒグマが決意を新たに進んでいくという展開でした。

ヒグマは閻魔大王にハルマをどう思っているのか確認していましたが、ハルマが閻魔大王を裏切った事を甥っ子として気にしていたようです。

そして逆に閻魔大王もヒグマの気持ちが気になっていたようですが、ヒグマはこれまでの想いを吹っ切れたようです。

捨ててしまったのではなく想いは今も心の底にあると答えていたシーンには、少しグッときました。

これからまた亡者から人々を守る戦いが始まりますが、今のヒグマならいつの日か仲間達と共に翁の捕縛を成し遂げてくれる事でしょう。

今回が最終回なので優しい感じの帆上先生の作品を読めなくなるのは残念ですが、次回作に期待しています。

→ U-NEXTで獄丁ヒグマを無料で読む

 

獄丁ヒグマ|19話ネタバレのまとめ

獄丁ヒグマ|19話 間 のネタバレあらすじと感想・考察を紹介しました。

20話からの展開がどうなるのか、楽しみにしながら次号のジャンプの発売日を待ちたいと思います。

 

漫画を「ネタバレあらすじで楽しむ」のも楽しみ方としてアリですが、やはり漫”画”なので、せっかくなら”画”とあわせて読んだ方が面白さは倍増します。

漫画村のようなサイトを使わなくても、当サイトでは、無料で漫画を読める方法を紹介していますので、そちらを利用して、漫画を楽しんでみてください。

 

安全な公式サービスを紹介

漫画村の代わりに無料で漫画を読めるサイトまとめ25選

 

画像引用元:https://www.shonenjump.com/j/index.html

 

 

漫画が読めるサービスまとめ
U-NEXTブックパスmusic.jp
FODプレミアムBookLive!コミックシーモア
まんが王国イーブックジャパンコミック.jp
Renta!スキマブック放題
マガジン☆WALKER漫画全巻ドットコムコミックウォーカー
honto(ホント)dマガジン楽天マガジン
コミなび

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください