漫画もドラマもアニメも楽しむならU-NEXT

獄丁ヒグマ|17話ネタバレあらすじと感想 18話考察・期待【最新話も無料で読む方法を紹介】

獄丁ヒグマ|17話 獄卒人 を読んだので、最新話のネタバレあらすじや感想・考察をまとめてみました。

list class=”li-chevron li-mainbdr main-c-before”]

[/list]

※週刊少年ジャンプで掲載中の「獄丁ヒグマ/ 帆上夏希」の最新話についてのネタバレです。

 

→ 獄丁ヒグマを無料で読む裏ワザはこちら

 

まだ最新話を読めていない方は、U-NEXTFODプレミアムを使えば、最新巻まで読むことができます。

ほかのお得ワザも知りたい方は、「漫画村の代わりに無料で漫画が読めるサイト・アプリまとめ25選」も合わせてご覧になってみてください。  

 

▼U-NEXTは31日間利用無料▼

いつでも解約可能で、無料期間中であれば料金は発生しないので安心して登録できます

 

獄丁ヒグマ|17話 獄卒人 のネタバレあらすじ

 

アズマやハルマに駆け寄るよりも早く赤銅を追いかけたヒグマは、その先で理解した事がありました。

これまで亡者の事を可哀想だと思えていたのはアズマが絶対的な強者だったからで、許してやりたいと考えていたのは大切な物を奪われた事が無かったからでした。

アズマとハルマを失いヒグマが泣き崩れていると、閻魔大王はヒグマの理想も甘さも否定されるべきものではないと思うと声をかけます。

そして本来許し合えれば世界は平和になるが人が人である限り無理だと「かつての私」は結論付け、創設したのが地獄なのだと説明します。

その決意の記録を型取ったものこそが、閻魔大王でした。

赤銅と戦っているヒグマは、赤銅の斬れた左手を見ていました。

すると後方で赤銅の斬れた左手が破裂し、周りに飛び散りダメージを与えてきます。

赤銅が油断している隙にヒグマは、赤銅に落とされた左手で攻撃します。

しかしギリギリのところで赤銅は軌道を逸らし、致命傷を防ぎます。

そんな赤銅に向かって、ヒグマは叫びます。

私怨の為に手を汚すのは亡者と同じだから、獄卒人は亡者には屈せず仕事を貫くと宣言します。

そしてヒグマは、たとえ死んでも敗けないと言います。

ヒグマと赤銅の戦いがヒートアップする中、 烟月と雨炎火石が現れます。

迎えに気付いた赤銅は、今度会う時は覚悟を叩き潰し地獄に落としてやるとヒグマに言って立ち去ります。

赤銅を追いかけようとするヒグマを、2人の人物が止めます。

→ FODで獄丁ヒグマを無料で読む

 

獄丁ヒグマ|17話ネタバレ感想&18話考察・期待

因縁の赤銅との戦いは続いています。

しかし代々篝手の獄卒人を倒してきている赤銅に、さすがに今のヒグマが勝てるとは思えません。

そんな状況でどのような展開になるのだろうと考えていましたが、結局赤銅が去っていくという展開でした。

烟月に先に奪われてしまう事を懸念していましたが、その辺りは赤銅の中で消化出来たのでしょうか。

ひょっとすると雨炎火石が一緒に迎えに来た事に、何か関係があるのかもしれません。

また最後に新たな人物が登場していましたが、恐らく獄卒人だと思われます。

ヒグマと違う一族なのであれば、どんな能力を持っているのか気になります。

→ U-NEXTで獄丁ヒグマを無料で読む

 

獄丁ヒグマ|17話ネタバレのまとめ

獄丁ヒグマ|17話 獄卒人 のネタバレあらすじと感想・考察を紹介しました。

18話からの展開がどうなるのか、楽しみにしながら次号のジャンプの発売日を待ちたいと思います。

 

漫画を「ネタバレあらすじで楽しむ」のも楽しみ方としてアリですが、やはり漫”画”なので、せっかくなら”画”とあわせて読んだ方が面白さは倍増します。

漫画村のようなサイトを使わなくても、当サイトでは、無料で漫画を読める方法を紹介していますので、そちらを利用して、漫画を楽しんでみてください。

 

安全な公式サービスを紹介

漫画村の代わりに無料で漫画を読めるサイトまとめ25選

 

画像引用元:https://www.shonenjump.com/j/index.html

 

 

漫画が読めるサービスまとめ
U-NEXTブックパスmusic.jp
FODプレミアムBookLive!コミックシーモア
まんが王国イーブックジャパンコミック.jp
Renta!スキマブック放題
マガジン☆WALKER漫画全巻ドットコムコミックウォーカー
honto(ホント)dマガジン楽天マガジン
コミなび

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください