漫画もドラマもアニメも楽しむならU-NEXT

【ワールドトリガー】第167話 「鈴鳴第一②」 ネタバレあらすじと感想・考察【+最新話も無料で読む方法】

【ワールドトリガー】第167話 「鈴鳴第一②」 最新話のネタバレあらすじと感想・考察

ワールドトリガーの「第167話 鈴鳴第一②」を読んだので、最新話のネタバレあらすじや感想・考察をまとめてみました。

※2018年11月12日発売の週刊少年ジャンプに掲載された「ワールドトリガー/葦原大介」の最新話についてのネタバレです。

まだここまで読んでいない方は、「漫画村の代わりに無料で漫画が読めるサイト・アプリまとめ25選」で紹介している方法を利用すれば、最新話まで追いつけます。

 

⇒ ワールドトリガー第169話のネタバレはこちら

 

【ワールドトリガー】第167話 「鈴鳴第一②」のネタバレあらすじ

 

B級ランキング戦第7ラウンドの四つ巴戦がいよいよ始まり、転送直後の各隊員が動き出した、というのが今167話のスタートです。

開始早々から、狙撃手4人と修がバッグワームを起動してレーダーから消えます。

玉狛オペレーターの宇佐美は隊長の修に、大体の隊員が中央のモールに移動している旨を伝えつつ、
「予定通り千佳ちゃんは外に逃がしていいよね?」と急いで確認。

修の脳裏にはスナイパー個人ランク1位のトーマの「(千佳は)追い込まれれば撃つ」というかつての言葉が浮かびます。

しかしそれに対して

今はまだ だめだ……!

と、修は宇佐美に対して千佳をモールの外に逃がすよう指示。

続けて遊真とヒュースに対して合流を優先するよう指示します。

各隊員が中央のショッピングモールを目指して集結しつつある中、そのモール内では影浦隊の北添が鈴鳴第一の村上を発見、射撃開始。

鈴鳴第一の来馬隊長は、太一が目標ポイントにもうすぐ到達することを確認すると、影浦隊に仕掛けるために村上と合流。

同時に、影浦隊隊長のカゲも北添と合流し、吹き抜けを挟んだ射撃戦を展開します。

そんな中、修はモール内を移動中であった東隊の奥寺を発見。奥寺もまた修に気づくと、起動していたバッグワームを解除、孤月を抜いて修に斬りかかります。

 

アタシの警戒(アラート)ミスだ!ごめーん!

 

謝る宇佐美、そして修を心配して立ち止まる遊真。

しかし修は、

大丈夫だ!このまま東隊もそっちに連れてく!作戦変更はなしだ!

と、突然の事態に応戦しながらも作戦を遂行する意志を叫び上げます。

 

そして、上階の影浦隊vs鈴鳴第一。

どちらも狙撃手不在の2対2ですが、実況の結束は影浦隊が有利かと予測するも、解説席に座る犬飼は

「最新の鈴鳴は 一味違うんだな これが」

と不敵に告げる。

その言葉通り、レイガストで弾幕を防御していた村上が抜いた孤月は、今まで見たことの無い“黒い”色でした。

 

最新話を無料で読みたいなら

あらすじネタバレを紹介しましたが、やはり「原作をイラスト付きで読みたい!」という方も多いでしょう。

そういった方は、「U-NEXT」や「music.jp」、「FODプレミアム」などのサービスを使うと、最大で6巻分の漫画コミックスを無料で読むことができます。

詳しくは下の記事で紹介していますので、無料でマンガを読みたい方は、ご覧になってみてください。

 

 

【ワールドトリガー】第167話 「鈴鳴第一②」の感想・考察

最多で四人編成までOKのチームランク戦で、多くの隊が三人編成なのはこのためか!という回でしたね。

前回の166話で東隊の奥寺・小荒井の二人が「オペレーターの処理能力に負担をかける」「情報を増やして忙しくさせて相手の連携に混乱と隙を作ります」と言っていましたが、

まさしく今回の宇佐美の警戒ミスは、修率いる玉狛第二がヒュース参戦で四人になったことが原因であり、

そこに鈴鳴第一が設定したMAPの時刻「夜」と、東隊奥寺隊員のいやがらせバッグワームが見事に功を奏しました。

しかしその危機的状況にも関わらず、「作戦変更はなしだ!」と応戦する修。

一見かっこいいんですが、それ以上に不安でたまりません。

修って、攻め気になっている時ほど決定的な間違いを犯して負けるんですよ。

その最たるのが、アフトクラトルが侵攻してきた時の「千佳がキューブになってしまった」事件と、
「東隊長に壁抜きで撃たれた」事件です。

「千佳がキューブに」は、千佳のトリオンを使って強くなった気になった修が調子に乗ってしまったために千佳を守れずにキューブ化されてしまいましたし、

「東隊長に壁抜き」は、自分の役割を見失って誰よりも早く戦線離脱した挙句、解説の風間に「隊長としての責務を果たせ」とまで言われる始末でした。

今回の修は、そういった「調子に乗っている感じ」が少し出てしまっているのかな、と感じているのですが、次回でそこからの成長を見せてくれるのか、心配です。

あと特筆すべきはラストのコマで村上が抜いた“黒い”孤月です。恐らくは鉛弾(レッドバレット)の類だと思うのですが、こちらも次回を楽しみに待ちましょう。

個人的には、はやくヒュースのチーム戦が見たいです。

次回の【ワールドトリガー】第168話の週刊少年ジャンプの発売日は、2018年11月19日になります。

 

まとめ|ヒュースの活躍が早くみたい!

以上、ワールドトリガーの「第167話 鈴鳴第一②」のネタバレあらすじと感想・考察を紹介しました。

 

漫画を「ネタバレあらすじで楽しむ」のも楽しみ方としてアリですが、やはり漫”画”なので、せっかくなら”画”とあわせて読んだ方が面白さは倍増します。

漫画村のようなサイトを使わなくても、当サイトでは、無料で漫画を読める方法を紹介していますので、そちらを利用して、漫画を楽しんでみてください。

 

安全な公式サービスを紹介

漫画村の代わりに無料で漫画を読めるサイトまとめ25選

 

画像引用:https://manga-king.com/

 

 

漫画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください