漫画もドラマもアニメも楽しむならU-NEXT

【進撃の巨人】第112話 無知 ネタバレあらすじと感想・考察・113話の期待【+最新話も無料で読む方法】

【進撃の巨人】第112話 無知 を読んだので、最新話のネタバレあらすじや感想・考察をまとめてみました。

※別冊少年マガジンで連載中の「進撃の巨人/諫山創」の最新話についてのネタバレです。

 

 

まだ最新話を読めていない方は、U-NEXTFODプレミアムを使えば、最新巻まで読むことができます。

ほかのお得ワザも知りたい方は、「漫画村の代わりに無料で漫画が読めるサイト・アプリまとめ25選」も合わせてご覧になってみてください。  

 

▼U-NEXTは31日間利用無料▼

いつでも解約可能で、無料期間中であれば料金は発生しないので安心して登録できます

 

【進撃の巨人】第112話 無知 のネタバレあらすじ

現在はエルディアの捕虜となっているマーレ人・料理人ニコロに対し、ジャンがワインにジークの脊髄液が混入されているという事を問いただします。

ニコロはワインを調査兵団員に振る舞うよう仕向けたのはイェレナであったことを白状しました。

これまでジークの説明では、その脊髄液を摂取したエルディア人は体が硬直するとされておりこれに騙されていたことにハンジが気付きます。

一方別室では、ガビとミカサ・アルミンが話していましたが、そこへエレンが現れます。

同時にハンジらはイェーガー派と呼ばれている反乱兵のフロック一派の突入で、ブラウス一家もろとも拘束されてしまいます。

再び別室では冷めた目をしたエレンが、ミカサはアッカーマン家の習性としてエレンを守る本能を発動していたにすぎないこと、アルミンは弱すぎて相手にならないといった挑発発言を繰り返し、腕力でもアルミンを押さえつけます。

そして二人を奴隷扱いし、奴隷が一番嫌いだと宣言しました。

場面は変わり、ジークが軟禁されている巨大樹の森。警備に当たるリヴァイ兵士長。

そこに壁内がイェーガー派のクーデターで制圧され、エレンをジークに引き合わせる計画が進行していることを知らされます。

リヴァイは、イェーガー派の目的阻止のために、拘束されたピクシス指令は、エレンをトの巨人に喰わせてその巨人の力を奪おうとしていると理解します。

しかしこれまでにエレンを守るために発生した犠牲者を案じ、やりきれない気持ちになります。

しかもリヴァイは、ジークを田の巨人に喰わせることで獣の巨人の力を封じることを提案しました。

しかしリヴァイの目論みを察知してか、ジークはいきなり咆哮を上げ、警備していた調査兵団員達を一瞬で巨人に変えてしまいます。

最新話を無料で読みたいなら

あらすじネタバレを紹介していますが、「やっぱりマンガで読みたい!」と思った方は、U-NEXTFODプレミアムmusic.jpの3つに無料登録するだけで、約3,000円分のポイントがもらえて、好きな漫画を読むことができます!

それぞれキャンペーンがいつ終わるかわからないので、すぐに登録することをオススメします。

 

【進撃の巨人】第112話 無知 の感想・考察

今回のエピソードでは、多くの事が判明し高いとなりました。

先ず、アッカーマン家の能力。誰かを守るべき対象と認識すると、無意識にその対象を守ろうとして圧倒的な力を発揮するとエレンは述べました。

更に、これまで度々描かれていたミカサの頭痛に関してもその過程で起こる反応であると説明されました。

加えて、ミカサを嫌いといい、アルミンもベルトルトの考えに支配された奴隷扱いをするなど、エレンのまるで人が変わったかのような態度にミカサ・アルミンとの決裂は確実なものとなりました。

しかし敢えて挑発しているようなエレンは、これから起こそうとする「何か」を前に二人を遠ざけようとするが故の行動の様に感じられました。

 

 

以上、【進撃の巨人】第112話 無知のネタバレあらすじと感想・考察を紹介しました。

 

漫画を「ネタバレあらすじで楽しむ」のも楽しみ方としてアリですが、やはり漫”画”なので、せっかくなら”画”とあわせて読んだ方が面白さは倍増します。

漫画村のようなサイトを使わなくても、当サイトでは、無料で漫画を読める方法を紹介していますので、そちらを利用して、漫画を楽しんでみてください。

 

安全な公式サービスを紹介

漫画村の代わりに無料で漫画を読めるサイトまとめ25選

 

 

 

 

漫画が読めるサービスまとめ
U-NEXTブックパスmusic.jp
FODプレミアムBookLive!コミックシーモア
まんが王国イーブックジャパンコミック.jp
Renta!スキマブック放題
マガジン☆WALKER漫画全巻ドットコムコミックウォーカー
honto(ホント)dマガジン楽天マガジン
コミなび

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください