漫画もドラマもアニメも楽しむならU-NEXT

【進撃の巨人】第1話 2000年後の君へ 最新話のネタバレあらすじと感想・考察【+無料で読む方法】

【進撃の巨人】第1話 2000年後の君へ 最新話のネタバレあらすじと感想・考察【+無料で読む方法】

進撃の巨人の「第1話 2000年後の君へ」を読んだので、最新話のネタバレあらすじや感想・考察をまとめてみました。

※別冊少年マガジンで連載されている「進撃の巨人/諫山創」についてのネタバレです。

まだここまで読んでいない方は、「漫画村の代わりに無料で漫画が読めるサイト・アプリまとめ25選」で紹介している方法を利用すれば、最新話まで追いつけます。

進撃の巨人は、全世界が衝撃を受けた怒涛の作品であります。

全世界で影響を受けたのは、いつ発生するか分からない恐怖とそっくりであるから。

進撃の巨人が5000万冊以上全世界で発行し販売された経緯としましては、今や全世界で異常気象による水害や台風、地震等の恐怖に困惑しております。

いつ襲ってくるかも分からない恐怖それが、進撃の巨人でした。

 

【進撃の巨人】第1話 2000年後の君へのネタバレあらすじ

第一話では、意味深なタイトルであります「2000年後の君へ」と言うタイトルから放たれる衝撃のパンチとしましては、主人公となるエレン・イェーガーがふと目を覚ますといつもの閉鎖された巨人達から身を守りながら生活する大きな壁の中の住宅街から離れた芝生での起きた瞬間でした。

なぜだか涙が出ていたのですが、夢で何かあったのかと、幼馴染であるヒロインのミカサ・アッカーマンがエレンに聞きますがエレンは目を擦り何でも無いと言ったその瞬間!

巨大な50m級の巨人が突如として現れて一瞬で大壁を蹴り上げて大破させ、そのまま無数の無垢の巨人達が流れ込んできたのです!

これにはエレンとミカサも困惑し、一緒に行動していたアルミンも合流して、とにかく縦横無尽に逃げ回ります。

途中でエレンの母が逃げ遅れていることが判明し、エレンは母を助けにいきますが、着いた瞬間ここで衝撃の内容が展開されます。

エレンの母が無垢の巨人につまみ上げられて、血を流しながら食べられてしまうのです。

これにはエレンも泣いて呆然と立ち尽くすしかありませんでした。

そこからハンネスと言う勇敢な壁を守る兵士に抱き上げられ呆然とするエレンを恫喝しながら巨人達から何とか命からがら逃亡します。

ここからエレン達の悲哀に満ちたストーリーがスタートします。

 

最新話を無料で読みたいなら

あらすじネタバレを紹介しましたが、やはり「原作をイラスト付きで読みたい!」という方も多いでしょう。

そういった方は、「U-NEXT」や「music.jp」、「FODプレミアム」などのサービスを使うと、最大で6巻分の漫画コミックスを無料で読むことができます。

詳しくは下の記事で紹介していますので、無料でマンガを読みたい方は、ご覧になってみてください。

 

 

【進撃の巨人】第1話 2000年後の君へ の感想・考察

主人公であるエレンと幼馴染でエレンにその命を助けられたミカサ、エレンと唯一無二の親友であるアルミンこの3人が調査兵団に志願して巨人を徹底的に排除すると言う熱き使命のもと、調査兵団に訓練生として、厳しい訓練をくぐり抜けながら、調査兵団のメンバーとして駆け上がっていき、その中で裏切りや、無垢の巨人達を操作する知能巨人の存在等が明らかになってきます。

裏切りと仲間の死を刻みながらエレン達は、どんどん成長していき大人になっていきます。

またエレン達に引っ張られるように周囲の大人達も変化していくのが見どころであると言えます。

様々な伏線に張り巡らされた謎を解明していく物語には息を飲む展開も多数存在します。

是非、進撃の巨人を読んで張り巡らされた謎と巨人達との戦いをこの目で確認してみてください。

きっと世界観が変わると思います。

 

【進撃の巨人】第1話のまとめ

以上、進撃の巨人の「第1話 2000年後の君へ」のネタバレあらすじと感想・考察を紹介しました。

 

漫画を「ネタバレあらすじで楽しむ」のも楽しみ方としてアリですが、やはり漫”画”なので、せっかくなら”画”とあわせて読んだ方が面白さは倍増します。

漫画村のようなサイトを使わなくても、当サイトでは、無料で漫画を読める方法を紹介していますので、そちらを利用して、漫画を楽しんでみてください。

 

安全な公式サービスを紹介

漫画村の代わりに無料で漫画を読めるサイトまとめ25選

 

画像引用:https://blog.goo.ne.jp/muna73/e/2d4a9f3f9b1dbd5ab7186d73f10acf24

 

 

漫画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください