Factom(ファクトム)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・購入方法・取引所

Factom(ファクトム)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・購入方法・取引所

この記事では、仮想通貨のFactom(ファクトム)について、その特徴などを紹介しています。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

通貨名ファクトム(Factom)
通貨略号FCT
公開日2015年
時価総額順位下のRANK参照
発行上限枚数上限なし
国内取引所coincheck(コインチェック)
国外取引所Poloenix(ポロニエックス)
Bittrex(ビットトレックス)
公式サイトFactomの公式サイト
Factomの日本語サイト
ホワイトペーパーFactomのホワイトペーパー

Factom(ファクトム)の基本情報

Factom(ファクトム)は、略号がFCTの仮想通貨(暗号通貨)です。2015年に公開されました。

Fact(事実)が語源になっていますが、Factom自体はプラットフォームの名称で、それを利用するために必要なのがFactoidというトークンです。ファクトムの開発・運用はFactomプロジェクトチームが手掛けており、Factoidの発行母体も兼ねています。

Factomは、改ざん不可能な電子記録を作成・維持・管理するためのプラットフォームです。特定の事実(例えば登記簿登記や印鑑証明など)を証明する目的で作成されており、分散型公証システムともよばれます。

別のいいかたをすると、「世の中にある文書や記録などを保持し、改ざん不可能なデータ記録として保存する仕組み」です。

Factomを利用するとどのようなメリットがあるのかというと、記録に対する保護、監査、コンプライアンスへの対応などを簡略化することで、文書の管理コストを大きく削減することができます。

 

従来、データや文書や契約書といったあらゆる電子データを記録・保存・保護・維持していくことは、かなりの手間が必要でした。

コンピュータ上の記録データというのは、改ざん・複製といった手を加えることが簡単にできるため、その文書を保存・保護・維持することは非常に多くの手間を要します。そのため、貸付記録、証券、保険、医療などの機密事項を記した書類や記録などの管理には多大なるコストとセキュリティ対策が必要でした。

それだけお金をかけて対策を取っても、ハッカーの攻撃やウイルス感染などによるデータ漏えいは起こっており、企業は多大な損害を受けています。大手IT企業や大手銀行であっても、個人情報が数万人分流出するといった被害は後を絶ちません。

Factomのシステムを通して、文書データを世界中のコンピューターに分散して保管することで、安全且つ透明性の高い管理が可能になり、安全性と必要コストが大きく改善される可能性があります。

Factom独自の機能として、『Factom Harmony(ファクトム・ハーモニー)』と『dLoc』の2つの機能が開発されています。ファクトム・ハーモニーは、住宅ローン向けの機能(後述)、dLocはデータを追跡するためのIDのようなもの(後述)。

 

Factomでは、ビットコインのブロックチェーン上にデータを記録するという手法が使われています。詳しくは後述しますが、Factomのプラットフォーム上のデータを1つにまとめ、まとめた1つのデータをビットコインブロックチェーン上に記録します。

Factomがブロックチェーンに記録するのは、書類やデータのハッシュのみなので、個人情報や機密データが漏洩することはありません。この方法によって、様々な記録や証明を、大量に安価で機密も保持して記録できるというメリットがあります。

ブロックチェーンを基盤として使っているため、ファクトムの記録を変更できる権限を持つ人はいません。ビットコインのブロックチェーンに証明を記録することで、ビットコインのネットワークと同等のセキュリティ実現しています。

そして、ファクトムのブロックチェーンは3つのチェーンを利用します。ファクトム自体のチェーンに加えてビットコインとイーサリアムのチェーンも使用します。

ファクトムのブロックチェーンには、100件の文書とメタデータの指紋が格納されています。その後、ファクトムのブロックチェーンデータベースのスナップショットが10分ごとに取得され、これがハッシュされ、EthereumとBitcoinに格納されます。

 

また、日本向けのアピールにも取り組んでおり、ファクトム・ジャパンが存在します。ファクトム・ジャパンは、詐欺コインのように販売を行っているわけではなく、ファクトムの開発チームから発信される情報などを和訳し提供しています。

 

Factom(ファクトム)の特徴

Factom(ファクトム)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・購入方法・取引所2
  • 通貨の略号はFCT
  • FCTの発行上限枚数はない
  • 電子記録を安全に安く管理できる
  • Factomの利用にはFactoidが必要
  • ビットコインのブロックチェーン上にデータを記録する
  • Factom Harmony(ファクトムハーモニー)という住宅市場向けサービスを提供
  • dLocという独自機能

 

Factomの利用には仮想通貨「Factoid」が必要

Factoidは、取引所での購入もできますし、マイニングの報酬としても入手可能です。Factomでは、データの管理や記録をおこなうサーバーにも、報酬としてFactoidが与えられます。

Factom上でやり取りされる通貨は「Factoid」ですが、ファクトムの利用料金は、Entry Credit(エントリークレジット)で支払う必要があります。

Entry Creditは、Factoidと交換で手に入りますが、逆のEntry CreditからFactoidへの交換はできませんほかの仮想通貨との交換も不可能です。Entry CreditはFactomのサービスを利用するためだけに存在します。

Factoid chainというチェーン上にFactoidを送り、「必要なFactoidの量」と「エントリークレジットを受け取る人の公開鍵」を指定すると、Factoidがエントリークレジットに交換されます。

Factoidを保有する管理サーバーにクレジットカード払いなどすることで、Factoidの代わりに必要量のエントリークレジットを購入することもできます。

 

FactoidをEntry Creditsに交換する理由

Factoidをそのままファクトムの利用料とせずに、Entry Creditに変換させるのには理由があります。

1つ目は、Entry CreditをFactom内でしか使えないようにすることで、悪意のあるハッカーなどが盗み出すモチベーションを減らすためです。ハッカーも活動にはお金が必要ですので、価値がないものに時間を使っている余裕はあまりありません。

2つ目は、利用料の変動を抑えることです。暗号通貨を投機目的として利用する人々によってFactoidが大量に売り買いされると、サービスの利用料金が乱高下してしまいます。

サービスとしてFactomを利用したいユーザーにとっては、時期によって利用料金が変動してしまうサービスになってしまいます。それを防ぐ目的で、ユーザーは任意のタイミングでEntry Creditへ変換を行うことにより、利用料金の乱高下のリスクを軽減することができるというわけです。

このように目的に応じて使用するコインや価値を分けることにより、サービスを使いやすいものにしています。

 

ファクトムがビットコインのブロックチェーン上にデータを記録する仕組み

Factom(ファクトム)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・購入方法・取引所3

Factomは、ファクトムプラットフォームが支えるサーバー(以下、ファクトムサーバー)によって管理される分散型データベースの「エントリーブロック」と「ディレクトリブロック」、記録が行われる「ビットコインブロックチェーン」によって構成されています。

ユーザーは、まず利用料金を支払い、データをファクトムサーバーに送ります。送られたデータはファクトムサーバーが確認を行った後に、暗号化された状態でエントリーブロックに格納されます。そして格納された情報は、「ディレクトリブロック」の中で設定されたカテゴリーごとに分類され、まとめられます。

まとめられたデータはさらに暗号化されて、10分ごとにビットコインのブロックチェーンへと記録されます。

ビットコインのブロックチェーン上に直接データを記録すると、マイナーへの手数料が発生します。また、ひとつの記録の承認に約10分かかってしまうので、大量の書類を一括で登録、保存したい場合、膨大な時間とそれなりの手数料が必要になるため、ビットコインのブロックチェーンに直接データを書き込むことはとても非効率です。

Factomは、この問題を回避するため、Factom全体で1つのトランザクション(取引)に情報をまとめ、手数料やブロックチェーンのデータ量を削減しています。

 

Factom Harmony(ファクトムハーモニー)とは

Factom Harmony(ファクトム・ハーモニー)とは、ファクトムブロックチェーンを利用した、米国住宅ローン市場向けに設計された機能です。

米国の住宅ローン市場では、毎年書類を処理するために約500億ドル(5兆円)の費用がかかるといわれています。米大手銀行のBank of America(バンク・オブ・アメリカ)やWells Fargo(ウェルズ・ファーゴ)では、1件の住宅ローンが処理されるまでに平均で1000ページもの書類が生じます。

これだけの書類があれば、確認するだけでも相当な時間・手間がかかりますし、資料の一部が紛失・改ざんされていても気づくのは難しくなります。その負担を減らすために開発されたのが、ファクトム・ハーモニーというわけです。

監査、ファイルレビュー、文書の紛失、契約締結後の事務処理、訴訟といった、住宅ローンを扱ううえで発生する問題にかかるコストや労力を大幅に低減できます。監査、書類審査、訴訟準備活動は、適切な書類とデータを使用してのみ実施されます。

米国の住宅ローン市場向けに設計されたものですが、ほかの国の住宅ローン市場でも使える可能性があります。

法令遵守、品質管理、デューデリジェンス、コンプライアンスの証拠、第三者がファイルの監査、ローンの販売、証券化、不良債権処理、クレジットデータ、担保およびコンプライアンスのレビューデータなど、住宅そのものとローンにまつわる全ての情報を半永久的に管理し、監査をスムーズにすることができるようになります。

ファクトム・ハーモニーによって処理された最終ファイルは、誰にでもアクセス可能で、永久に変更を加えることができませんので、改ざんなどによる不正を防ぎ、トラブル対応に必要な時間を節約することができます。

ファクトム・ハーモニーは、企業がコンプライアンスやあらゆるタイプの監査を複数のソースにわたって調整し、毎回完全なファイルを保証することを可能にします。

 

dLocとは

dLocは、出生証明書、土地の権利、医療記録などの重要な文書を認証するためのデジタルのステッカーのようなものです。

すべての文書にdLocステッカーを貼り付けることで、SMART COSMOSとよばれるプラットフォームで文書を追跡することが可能となります。このステッカーには、特別なセキュリティチップを搭載したSMARTRAC Bullseye NFCが埋め込まれています。

それは、画像やバイオメトリクスなどのコンテクスト情報を保持することができ、これは公開データとして保管することも可能ですし、当事者だけがアクセス可能なプライベートデータとして保管することもできます。

あなたの書類のデータは、NFC(Near Field Communication)タグの一意のIDと結びつけられており、あなたの秘密鍵でのみ認証されます。その後、SMART COSMOSプラットフォームで文書を管理することができます。

dLocステッカーで文書を発行すると、デスクトップリーダーまたはNFC対応電話機のモバイルアプリを使用して確認できます。ドキュメントをスキャンして履歴を確認し、本物かどうか確認できます。

 

Factom(ファクトム)の価格推移・チャート

Factom(ファクトム)のチャートは、Crypto Currency MarketCoinGeckoなどで確認できます。



2015年までは1FCT=10円前後で推移していましたが、2016年から一気に高騰し100円を突破しました。

その後も順調に推移し、平均すると200円~300円前後の相場で推移しています。2017年に入り400円台を付けることも多くなり、最近では400円前後の推移が多いです。Factomは5月から6月にかけて高騰し、一時3,000円を突破しました。

時価総額は、新興のアルトコインに押されて、20位〜30位の間で推移しています。

 

Factom(ファクトム)の購入方法・取引所

Factom(ファクトム)を扱っている世界の取引所はこのようになっています。

ファクトム2

国内の取引所でFactomを購入できるのは、coincheck(コインチェック)だけです。

coincheck(コインチェック)は、ほかにもビットコインEthereumAugurMoneroLiskZcashDASHなど、様々な仮想通貨を扱っています。

海外の取引所では、Poloniex(ポロニエックス)Bittrex(ビットレックス)Cryptopia(クリプトピア)で購入ができます。

Bittrex

アメリカの会社によって運営されている世界最大級の取引所。アルトコインの種類は200種類程度。手数料は0.25%。手数料が高いので、サブとして利用。

Poloniex

アメリカの仮想通貨取引所。売買できるアルトコインの種類は100種類前後だが、売買量は世界トップクラス。手数料は0.10〜0.15%。筆者はこことHitBTCを主に利用。

 

海外の取引所で取引するには、国内で口座を開設し、BTCなどで送金する必要があります。規模の小さい取引所で口座した場合、倒産や資金が取り出せないといった事態に陥るリスクが高くなるため、大手のビットフライヤーやコインチェック、ザイフで口座を開設して取引するのが安全です。

取引・送金手数料の安さ重視なら、コインチェックザイフセキュリティの高さ重視ならビットフライヤーを利用するのがオススメです。

それぞれの取引所で口座を開設する方法は、下の記事で紹介していますので、「何から始めたらいいかわからない…」という方は参考にしてみてください。

 

まとめ

以上、Factom(ファクトム)について紹介しました。

この記事を読まれた方の中には、「Factomについて興味が出たけど、自分のお金で購入するのはちょっと不安 or 購入するお金がない」という方もいらっしゃるかと思います。

そういう方向けに、自分のお金を使わずに仮想通貨を入手する方法というものがあります。一つはアフィリエイトとよばれる方法、もう一つはポイントサイトを利用する方法で、どちらも副業として人気トップクラスの方法です。

例えば、取引所のコインチェックのアフィリエイトでは、1人紹介すると最大23,000円の報酬が支払われますし、ポイントサイトのモッピーであれば、紹介数が増えると毎月10万円の収入をなにもせずに稼ぐことも可能です。

 

下の記事でやり方を紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。
ビットコインなどの仮想通貨の取引を始めたいという方は、国内大手のコインチェックザイフビットフライヤーからどうぞ!

アフィリエイトやポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はこちらから

 

ビットコイン
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 


 
GMOコイン
ビットトレード
 










2 件のコメント

  • Asa様

    ご指摘ありがとうございます。修正しました。
    この記事以外にも、文章がおかしい点や誤字・脱字がそのままになっている記事が数え切れないぐらいあります。
    昼間は仕事をしているのでゆっくりにはなりますが、今後修正していきますので、これからもご指摘のほどよろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です