DMM Bitcoinの口座開設で最大5,000円プレゼント実施中

Qtum(クアンタム)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

Qtum(クアンタム)

この記事では、仮想通貨のQtum(クアンタム)について、その特徴やチャート、取引所を紹介しています。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

通貨名Qtum(クアンタム)
通貨略号QTUM
公開日2017年
時価総額順位下のRANK参照
発行上限枚数1億QTUM発行後1%ずつ増加
取り扱い国内取引所なし
取り扱い海外取引所Yunbi(ユンビ)
Bittrex(ビットレックス)
etc.
公式サイトQtumの公式サイト
ホワイトペーパーQtumのwhitepaper

Qtum(クアンタム)の基本情報

Qtum(クアンタム)は、略号がQTUMの仮想通貨です。2017年3月にICOが行われました。承認システムには、 POS(Proof of Stake)を採用しています。

Qtumは、シンガポールのQtum Foundation(Qtum財団)が開発したオープンソースのブロックチェーンプロジェクトです。

Qtum財団は、PwCの指導とサポートの下で設立された非営利組織で、クアンタムのブロックチェーンの開発・メンテナンス・提供するすべてのサービスは、このQtum財団によって管理されています。

財団のガバナンス体制はしっかりしています。Executive Judgment、Code Review、Finance&HR、Marketing&PRなどのさまざまな委員会が設けられていて、クアンタムの持続可能性、管理の有効性、資金調達の安全性などを監視しています。

 

クアンタムプロジェクトの特徴は、BitcoinおよびEthereumプロジェクトのいいところをそれぞれ組み合わせている点です。組み合わせることによって、ビジネス向け(ビジネスフレンドリー)のハイブリッド型ブロックチェーンのプラットフォームを開発しています。

Bitcoin Improvement Protocolsを実装し、Ethereum仮想マシン(EVM)を利用することにより、デジタル通貨愛好家は、安定性と方向性を提供するプラットフォームに最終的に合意することができます。

これを可能にするのが、Qtumのコアテクノロジーである、Account Abstraction Layer(AAL)です(後述)。直訳するとアカウント抽象化レイヤーになりますが、AALが、Bitcoin CoreのUTXOモデルとEVMの間のブリッジとして機能するおかげで、Bitcoin coreとEVMが同じプラットフォーム上で稼働します。

その結果、スマートコントラクトや分散型アプリケーションを使い慣れた基盤上で実行できるようになり、開発者にとって堅牢な環境を提供できます。

Account Abstract Layerには、 OraclesとDatafeed機能もあり、開発者は信頼できる情報源の周りに構築されたスマートコントラクトを作成できます。

 

トークンのQTUMは、分散型アプリケーションとQtumプラットフォーム上で使用され、Qtumネットワークで実行されるQtumブロックチェーンと燃料計算操作のスタッキング通貨として機能します。

初年度に、1億QTUMが作成・配布されました。

QTUMトークンのうち、51%(51,000,000枚)がICOクラウドセールで売り出されました。ICOで調達された資金は、今後4年間Qtum財団の運営するために使用されます。これには、開発、管理、マーケティング、財務および法律コンサルタントなどが含まれます。クラウドセールで販売しなかった残りのトークンは、機関投資家に売却されます。

トークンの20%(20,000,000枚)は、創業者、初期の支持者、開発チームに配布されます。そして、QTUMトークンのうち7%〜8%が、初期投資家や後援者に割り当てられます。

 

Qtum(クアンタム)の特徴

  • 通貨の略号はQTUM
  • UTXOモデルを採用
  • Account Abstraction Layerを導入

 

UTXOモデルとは

Unspent Transaction Outputの略です。

アカウントモデルは銀行口座に似ています。それぞれの当事者は残高を持ち、お金を送るために残高の一部を差し引いて別の当事者の残高を増やすことができます。このモデルは概念的に理解するのが非常に簡単です。

しかし、ブロックチェーン環境でこの機能を実現するには、同じ資金を2回使う「二重支出」を避けるために、多くのロジックを追加する必要があります。このロジックにより、アカウントモデルは内部的に単純化されず、いくつかの制限が追加されます。

一方、UTXOモデルは、実際の銀行口座がなくても、小切手自体がお金となります。この例では、お金の使い方を指示する「支払う」フィールドがあり、各小切手には金額が設定されています。切手を現金にして、「小切手を半額現金で返す」ということはできません。

あなたの “残高”はあなたが費やすことができる小切手の合計です。このモデルは説明するのが難しいですが、すべてのトークンが「使用済み」または「未使用」のいずれかであり、その間に存在しないため、セキュリティを維持するために必要なロジックが少ないためブロックチェーンで保護するのが簡単です。

 

Account Abstraction Layer(AAL)を導入

Qtum(クアンタム)5

Qtumのブロックチェーンはビットコインの技術に基づいていますが、そこでイーサリアムのスマートコントラクトを稼働させるために間を取り持つのがAccount Abstraction Layer(AAL)です。

Ethereum仮想マシンは、アカウントベースのブロックチェーン上で機能するように設計されています。それに対し、ビットコインは、UTXOベースのブロックチェーンを使用しています。通常これらに互換性はありませんが、AALを用いることで、ブリッジ(橋渡し)機能として働き、仮想マシンや既存のEthereum契約を大幅に変更することなく、Ethereum仮想マシンをQtumブロックチェーン上で機能させることができます。

 

Qtum(クアンタム)の価格推移・チャート

Qtum(クアンタム)のチャートは、Crypto Currency MarketCoinGeckoなどで確認できます。


2017年の公開直後は1QTUM=700円前後でしたが、その後は比較的穏やかな値動きを示し、1QTUM=400円〜2,000円の間を推移しています。

 

Qtum(クアンタム)の購入方法・取引所

Qtum(クアンタム)を取り扱う世界の取引所は下のとおりです。

Qtum(クアンタム)4

国内の取引所では、Qtumを取り扱っていないため、海外の取引所を利用する必要があります。

海外の取引所では、Yunbi、BTER、Bittrex(ビットレックス)Liqui(リクイ)などで取引が可能となっており、中国系の取引所での取引が多くなっています。

海外の取引所で取引するには、国内で口座を開設し、BTCなどで送金する必要があります。マイナーな取引所では、あとで倒産や資金が取り出せないといった危険があるため、まだ国内取引所の口座をお持ちでない方は、大手のビットフライヤーザイフで口座を開設して、送金するのが安全です。

取引・送金手数料の安さ重視なら、ザイフビットバンク取引所のセキュリティの高さ重視ならビットフライヤーQUOINEXを利用するのがオススメです。

それぞれの取引所で口座を開設する方法は、下の記事で紹介していますので、「何から始めたらいいかわからない…」という方は参考にしてみてください。

 

まとめ

以上、Qtum(クアンタム)について紹介しました。

この記事を読まれた方の中には、「Qtumについて興味が出たけど、自分で購入するのはちょっと不安 or 購入するお金がない」という方もいらっしゃるかと思います。

そういう方向けに、自分のお金を使わずに仮想通貨を入手する方法というものがあります。一つはアフィリエイトとよばれる方法、もう一つはポイントサイトを利用する方法で、どちらも副業として人気トップクラスの方法です。

例えば、取引所のビットフライヤーのアフィリエイトでは、1人紹介すると最大23,000円の報酬が支払われますし、ポイントサイトのモッピーであれば、紹介数が増えると毎月10万円の収入をなにもせずに稼ぐことも可能です。

 

下の記事でやり方を紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。
仮想通貨の取引を始めたいという方は、Zaifビットフライヤービットバンクからどうぞ!

オススメの副業・稼ぎ方はこちら
アフィリエイトやポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はこちらから

 

 

GMOコイン
ビットトレード

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください