TenX(テンエックス)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

TenX

この記事では、仮想通貨のTenX(テンエックス)について、その特徴や価格などを紹介しています。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

通貨名TenX(テンエックス)
通貨略号PAY
公開日2017年6月
時価総額順位下のRANK参照
発行上限枚数
取り扱い国内取引所なし
取り扱い海外取引所Bittrex(ビットレックス)
HitBTC(ヒットビーティーシー)
BTER
Liqui(リクイ)
etc.
公式サイトTenXの公式サイト
ホワイトペーパーTenXのホワイトペーパー

TenX(テンエックス)の基本情報

TenX(テンエックス)は、略号がPAYの仮想通貨(暗号通貨)です。2017年6月に公開されました。

TenXは、ブロックチェーン経済圏のハブになることを目指して開発されています。電子マネーのように、日常生活で仮想通貨での支払いを可能にするために、TenXの開発チームは、現実世界とブロックチェーンの橋渡し役になろうと考えています。

それを可能にするのが、インターチェイン – ブロックチェーンのネットワークであるCOMITという中核技術です(後述)。

TenXの目的が実現すると、いつでもどこでも仮想通貨で支払いが行えるようになるというわけです。

そして現在、TenXでは、他の仮想通貨と違い、T銀行とライセンスを結んでTenX専用のデビットカードを発行しています。

実際にTenXを利用して支払いをしている動画がこちらになります。

動画にあるように、TenXウォレットとTenXカードは、世界50カ国で業界の有名人によって支払いのテストが行われています。TenX iOSの財布とウェブアプリケーションは、すぐに公開される予定です。

また、TenXトークン所有者にはインセンティブとして、0.5%の報酬が与えられます。取引ごとにTenXトークン所有者は報酬(ETH)を受け取ります。それに対し、TenXカード保有者は、0.1%の報酬を受け取ります(PAY)。

 

TenXは複数のブロックチェーンにわたるブロックチェーン資産に対応しています。 TenXは現在、Bitcoin、Ethereum、Ethereum ERC20トークン(DGX、REP、TRUST、ANTなど)をサボートしており、Dashなど近々追加される予定です。

 

口座の資金は、Decentralized Security Smart Contract(DSS)によって管理されています。

DSS key(鍵)の所有者しか資金を動かせないため安全です。スマートコントラクトによって、支出限度額、日次限度額、ポートフォリオ支出額、引き出し幅設定額など、セキュリティ設定をいつでも微調整できるようにもなっています。

 

TenX(テンエックス)の特徴

  • 通貨の略号はPAY
  • 様々な仮想通貨の支払いがTenXのカード一枚で可能
  • COMITというプロトコル

 

COMITとは

COMIT3

Cryptographically-secure Off-chain Multi-asset Instant Transaction (COMIT)は、すべてのブロックチェーンが接続されているプロトコルです。 これはオフチェーンのトランザクションプロトコルであり、ブロックチェーンのエコシステムをさらに拡張してより包括的にすることができます。

COMITネットワークは、インターネットのTCP / IPプロトコルのようなもので、仮想通貨の世界で共通の支払いプラットフォームができることで下のようなメリットが生じます。

  • 世界中のユーザーに真の瞬間的、摩擦のない、安価な支払い
  • ブロックチェーンに接続された資産やビジネスプロセスに制限のない真のグローバルアクセス
  • 企業にとって驚くべき新しいビジネスチャンス
  • 銀行およびその他の流動性プロバイダー向けの新たな経常収益ストリーム
  • 新しい安価で安全なインフラストラクチャを構築する既存のネットワークに基づいた迅速な導入

 

TenX(テンエックス)の価格推移・チャート

TenX4

TenX(テンエックス)のチャートは、Crypto Currency MarketCoinGeckoなどで確認できます。

上場直後は1PAY=100円以下で推移して低迷していたものの、2017年8月には1PAY=600円をつけるなど盛り上がりをみせています。2017年8月段階では、時価総額も数ある仮想通貨の中で20位前後につけるなど期待度の高さが伺えます。

 

TenX(テンエックス)の購入方法・取引所

TenX(テンエックス)を取り扱う世界の取引所は下のとおりです。

TenX4国内の取引所では取り扱いはありません。

海外の取引所では、BittrexLiqui、BTERなどで取引が可能となっています。

海外の取引所で取引するには、国内で口座を開設し、BTCなどで送金する必要があります。マイナーな取引所では、あとで倒産や資金が取り出せないといった危険があるため、まだ口座をお持ちでない方は、大手のビットフライヤーコインチェックで口座を開設しておくのが安全です。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

まとめ

以上、TenX(テンエックス)について紹介しました。

この記事を読まれた方の中には、「TenXについて興味が出たけど、自分で購入するのはちょっと不安 or 購入するお金がない」という方もいらっしゃるかと思います。

そういう方向けに、自分のお金を使わずに仮想通貨を入手する方法というものがあります。一つはアフィリエイトとよばれる方法、もう一つはポイントサイトを利用する方法で、どちらも副業として人気の方法です。

例えば、取引所のコインチェックのアフィリエイトでは、1人紹介すると最大10,000円の報酬がビットコインなどの仮想通貨で支払われます。

アフィリエイトやポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はこちらから

◼︎コインチェックのアフィリエイトで稼ぐ方法(1人紹介:最大10,000円)
◼︎ビットフライヤーのアフィリエイトで稼ぐ方法(1人紹介:最大10,000円)
◼︎ポイントサイトで稼ぐ方法(1人紹介:数百円+被紹介者獲得ポイントの30〜50%)
◼︎モッピー(moppy)で月5,000円〜10,000円稼ぐ方法
◼︎ハピタスで月5,000円〜10,000円稼ぐ方法

上の記事でやり方を紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。

仮想通貨の取引を始めたいという方も、取引できる通貨数が国内No1のコインチェックからどうぞ!

 


 

なまはむ
記事が参考になった方はフォローしてくださると励みになります!


当サイトからの登録人気No.1
積立投資ができる取引所Zaif

・ビットコインとネムの手数料が国内最安
・取扱いコイン数も国内No.1
・中級者以上からの支持があつい
・積立投資で仮想通貨資産を増やせる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください