Ark(アーク)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

Ark

この記事では、仮想通貨のArk(アーク)について、その特徴や価格などを紹介しています。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

通貨名Ark(アーク)
通貨略号ARK
公開日2017年3月
時価総額順位下のRANK参照
発行上限枚数
取り扱い国内取引所なし
取り扱い海外取引所Bittrex(ビットレックス)
Cryptopia(クリプトピア)
公式サイトArkの公式サイト
ホワイトペーパーArkのホワイトペーパー

Ark(アーク)の基本情報

Ark(アーク)は、略号がARKの仮想通貨です。2017年3月に公開されました。

ARKは、現実世界、つまり日常生活において仮想通貨を使うことを当たり前にしようということで、開発されたプラットフォームです。

特に革新的な機能があるというわけではなく、ユーザーエクスペリエンス(使い勝手)を高めることに重点を置いて開発されています。いわゆる、ユーザーフレンドリーなプラットフォームこそが特徴の仮想通貨です。

ビットコインはブロックチェーンを、イーサリアムはスマートコントラクト、アルトコインは数々の独自機能を世の中にもたらしました。しかし、ブロックチェーン技術や最先端技術に詳しくはない普通の消費者のための仮想通貨というのは開発されてきませんでした。そういう背景があるので、Arkは普通の人が普通に使える仮想通貨を目指しています。

 

その目標の実現するために、SmartBridge(スマートブリッジ)という機能が中核を担います(後述)。ブロックチェーン同士をつなぐ役割を果たします。

Arkでは、実用性を考慮して、取引スピードにはこだわっていますので、ブロック生成時間は8秒とかなり高速な取引が可能となっています。ビットコインで問題になったように、ブロックチェーンというのは将来的にデータの量が増えて計算が大変になるというスケールの問題がありますが、それにも対応しています。

承認アルゴリズムにはDPoS(Delegated Proof of Stake)を採用しています。DPoSは、BitSharesによって開発されたコンセンサスアルゴリズムで、LiskやCryptiでも採用されています。ARKのDPoSは、DPoSに独自の改善をくわえたものを使用しています(後述)。

 

また、現実世界での利用を便利にするために、オフ・チェーン・トランザクションを管理するための機能を備えたリアル(本物)のカードを発行します。ほかに、リアルのカードを発行する仮想通貨として、TenXなどがあります。カード以外にも、ウェアラブル端末などのハードウェアも提供する予定で、指輪タイプなどが計画されているようです。

ほかに実装される機能として、ブリッジブロックチェーン(ARK SmartBridge)、InterPlanetary File System(IPFS)、InterPlanetary Database(IPDB)、InterPlanetary Linked Data(IPLD)、Practical Byzantine Fault Tolerance(PBFT)、Tendermint Validators、などがあります。

ロードマップによると、2017年中に、Apollo(アポロ)、Atlantis(アトランティス)、Aphrodite(アフロディーテ)、Argos(アルゴス)というアップデートが計画されています。

 

Ark(アーク)の特徴

  • 通貨の略号はARK
  • 日常生活で仮想通貨を使うために設計された仮想通貨
  • 独自機能のSmartBridge
  • Ark独自のDPoSアルゴリズムを使用

 

SmartBridgeとは

ブロックチェーン同士をブリッジ(橋渡し)する機能です。SmartBridgeを使用すると、ブリッジとして検証済みのブロックチェーン間で通信を行い、タスクや高度な機能を実行することができます。

Bitcoin、Ethereum、Lisk、その他の匿名ネットワークなどの間でやり取りができるようになります。

最終的には、多くのブロックチェーンを結びつけていき、異なるブロックチェーン間が全て統一のプラットフォームを介してつながることができます。

 

Ark独自のDPoSアルゴリズムを使用

ARKでは、ほかのDPoSコンセンサスモデルよりも分散化された投票システムを採用しています。

以前までのDPoSでは、通貨をもてばもつほど投票数が増えるのでネットワークで支配的な存在になることが可能でした。

しかし、Arkのシステムでは、各投票に同じ重みを割り当てるのではなく、投票数に応じて投票数の重みを、修正するという方法が採られています。そのため、ネットワーク全体を買収することはほとんど不可能となっています。

 

Ark(アーク)の価格推移・チャート

Ark4

Ark(アーク)のチャートは、Crypto Currency MarketCoinGeckoなどで確認できます。

2017年3月に公開され、1ARK=5円程度からスタートしました。ゆっくりと上昇を続け、8月には1ARK=300円まで上昇しました。時価総額も30位近くまで上昇してきており、徐々に人気が高まっています。

 

Ark(アーク)の購入方法・取引所

Ark(アーク)を取り扱う世界の取引所は下のとおりです。

Ark5

国内の取引所での取り扱いはありません。

海外の取引所では、Bittrex(ビットレックス)Cryptopia(クリプトピア)で取引が可能となっています。

海外の取引所で取引するには、国内で口座を開設し、BTCなどで送金する必要があります。マイナーな取引所では、あとで倒産や資金が取り出せないといった危険があるため、まだ口座をお持ちでない方は、大手のビットフライヤーコインチェックで口座を開設しておくのが安全です。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

まとめ

以上、Ark(アーク)について紹介しました。

この記事を読まれた方の中には、「Arkについて興味が出たけど、自分のお金で購入するのはちょっと不安 or 購入するお金がない」という方もいらっしゃるかと思います。

そういう方向けに、自分のお金を使わずに仮想通貨を入手する方法というものがあります。一つはアフィリエイトとよばれる方法、もう一つはポイントサイトを利用する方法で、どちらも副業として人気の方法です。

例えば、取引所のコインチェックのアフィリエイトでは、1人紹介すると最大10,000円の報酬がビットコインなどの仮想通貨で支払われます。

アフィリエイトやポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はこちらから

 

◼︎コインチェックのアフィリエイトで稼ぐ方法(1人紹介:最大10,000円)
◼︎ビットフライヤーのアフィリエイトで稼ぐ方法(1人紹介:最大10,000円)
◼︎ポイントサイトで稼ぐ方法(1人紹介:数百円+被紹介者獲得ポイントの30〜50%)
◼︎モッピー(moppy)で月5,000円〜10,000円稼ぐ方法
◼︎ハピタスで月5,000円〜10,000円稼ぐ方法

上の記事でやり方を紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。

仮想通貨の取引を始めたいという方も、取引できる通貨数が国内No1のコインチェックからどうぞ!

 


 

なまはむ
記事が参考になった方はフォローしてくださると励みになります!


当サイトからの登録人気No.1
積立投資ができる取引所Zaif

・ビットコインとネムの手数料が国内最安
・取扱いコイン数も国内No.1
・中級者以上からの支持があつい
・積立投資で仮想通貨資産を増やせる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください