最近、画像もない記事を公開していますが後から修正するのでもう少々お待ち下さい。

GMOコインの特徴・評判・手数料|仮想通貨取引所

GMOコイン(旧Z.comコイン)の特徴・評判・手数料

この記事では、仮想通貨取引所であるGMOコイン(旧Z.comコイン)について、その特徴や評判、手数料を紹介しています。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

運営会社GMO Wallet株式会社
資本金17.58億円(2017年11月時点、資本準備金含む)
設立2016年10月
取り扱い通貨BTC、BCH、ETH、LTC、XRP
セキュリティ2段階認証ログイン
コールドウォレット
マルチシグネチャウォレット
現物取引手数料無料
信用取引/先物取引レバレッジ5倍
信用取引/先物取引手数料0.05%/日(新規建、決済時)
日本円出金手数料無料
BTC出金手数料無料
入金方法銀行振込
ネット銀行からの振込
ペイジー入金
加入業界日本資金決済業協会
日本仮想通貨事業者協会
日本ブロックチェーン協会

GMOコインの基本情報

GMOコインは、2016年10月11日に設立された仮想通貨(暗号通貨)の取引所です。

GMOインターネットグループ(東証一部上場)が、2016年10月11日に設立したGMO Wallet株式会社を準備会社として、仮想通貨の交換および取引事業に参入しました。

GMOコインは、2017年5月31日にZ.comコインという名前でサービスを開始していましたが、本格的に軌道に乗ってきたところで、社名をGMOコイン株式会社に変更して再スタートしました。

GMOグループというのは、インターネットインフラ事業や広告事業、インターネット金融事業などを展開する巨大なグループ会社です。グループ会社の一つである『GMOクリック証券』は、FX取引でナンバーワンのシェアを誇っており、仮想通貨とも親和性が高いことから、注目度の高い新規参入となりました。

GMOグループは、『GMOクリック証券』などの多くの事業で、後発ながら急成長してシェア上位になっている実績があり、GMOコインも今後の躍進が期待されます。

 

この記事では、便宜上、GMOコインのことを仮想通貨取引所と分類していますが、正式には『取引所ではなく販売所』となります。取引所と販売所で何が違うかというと、取引所がユーザー同士での取引となるのに対し、販売所では、ユーザーとGMOコインの取引となるという違いがあります。

FXのようにGMOコイン側が、価格のスプレッドの利幅分を徴収する形ですので、現物取引の手数料自体は無料になっています。

FXのような仕組みですので、FX取引に慣れ親しんだ方にとっては、GMOコインの取引形態はとてもわかりやすく、FXのような感覚で取引が可能です。「仮想通貨の取引ってちょっとわかりにくい」といった方には、GMOコインは特にオススメの取引所となります。

GMOコインのアカウントの種類は2種類あり、メールアドレス登録のみで利用可能な「シンプルプラン」と、法令に基づいた本人確認後に利用可能な「フルアクセスプラン」が提供されています。

 

取引の種類は、『仮想通貨の現物売買』と『仮想通貨FX』の2種類を利用できます。GMOコインの仮想通貨FXでは、当初は国内最高レベルのレバレッジ25倍で取引できましたが、2017年末から2018年初めにかけてビットコインの価格変動が激しく、借金を背負う人が続出するなど、さまざまな問題が生じました。そのため、GMOコインは、2018年1月にレバレッジを最大5倍に変更しています。

また、GMOコインではスマホアプリも用意されていて、仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』というスマホアプリもあります。

GMOコインで取り扱っている通貨は、2017年12月時点では、以下のとおりで、5種類のコインを売買することが可能です。アルトコインが追加されるペースが速く、今後もアルトコインの種類が増えていくことが予想されます。

 

GMOコインの特徴

GMOコイン(旧Z.comコイン)の特徴・評判・手数料2

  • GMOコインは大手GMOグループの子会社が運営する仮想通貨取引所
  • 取り扱っている通貨は、BTC、BCH、ETH、LTC、XRPの5種類(2017年12月時点)
  • サイトの使い勝手がよく、仮想通貨の取引をFX取引のような感覚でできる
  • 仮想通貨FX専用の高機能スマホアプリ『ビットレ君』がある
  • GMOコインではビットコインも現金も入出金手数料が無料
  • 即時入金手数料も無料
  • 追加の証拠BTCは不要
  • コールドウォレット、マルチシグによる最高水準のセキュリティ対策

 

GMOコインでは即時入金手数料が無料

GMOコインの大きな特徴は、「即時入金手数料が無料」という点です。

即時入金とは、銀行から入金手続きをしたら、即座に口座残高に反映されるシステムで、早く取引したいときには重宝するシステムです。また、出金も無料でできます。

この2つが無料というのは非常に大きく、多くの取引所でこの両方を行うと、1,000円程度とそれなりの手数料が取られます。

さらに、現物・レバレッジともに取引手数料は無料です。レバレッジ取引の場合は、建玉ごとに0.05%/日の手数料が発生します。仮想通貨取引所では珍しく、出金手数料も無料に設定するのが特徴です。

 

仮想通貨FX

GMOコインでは、外国為替FXと同様にレバレッジを効かせた取引が可能となっています。

FX取引をされた経験がある方にはお馴染みの、売値(Bid)と買値(Ask)を同時に提示する『2wayプライス(Bid, Ask)』方式での取引を行うことが可能です。

レバレッジは最大25倍(原則5倍)までかけれます。注文方法は、「成行 / 指値 / 逆指値 / IFD / OCO / IFD-OCO」から選択が可能です。

スマホ専用アプリ『ビットレ君』もあるので、24時間365日、土日祝日を問わずいつでもどこでも取引可能となっています。

 

GMOコインのメリット

  • 仮想通貨FXの追加証拠金制度がない
  • 日本円の即時入金手数料が無料
  • 日本円の出金手数料が無料
  • 現物取引の注文がしやすい
  • 親会社の信頼性が高い

 

GMOコインのデメリット

  • FXは取扱い通貨がビットコインの1種類のみ
  • システムが不安定
  • 口座開設に時間がかかる場合がある

 

システムが不安定

GMOコインのデメリットは、システムが稼働して間もないので、2017年11月時点ではトラブルが多いということです。

どの取引所も、サービス開始直後はシステムトラブルが発生しがちですので、運営経験が蓄積されることで徐々に減っていくと思われます。

 

GMOコインの評判・口コミ

GMOコインは、FX業界最大手のGMOグループが運営するだけあって、手数料への評判はすこぶるいいようです。

ただし、運営を開始してから間もないということもあり、口座開設でもたついたり、システムが遅延したりとトラブルが散見しています。

時間の経過とともに解消されると思われますので、口座だけは作って待っておいてもいいかもしれませんね。

GMOコインの入金・出金・送金・取引手数料

GMOコインの各種手数料は以下のとおりです。

GMOコインの売買手数料

GMOコインの売買手数料は、下記のように基本無料となっています。

仮想通貨現物売買仮想通貨FX
取引手数料無料
  • 新規注文/決済注文: 無料
  • ロスカット: 無料
  • レバレッジ手数料: 建玉ごとに0.05%/日

 

GMOコインの入出金手数料

GMOコインの即時入金は、楽天銀行と住信SBIネット銀行で可能となっています。入金にペイジーが使えるのも特徴的です。

入金出金
手数料
  • 即時入金: 無料
  • 振込入金: 振込手数料は各自負担
無料

 

GMOコインのセキュリティ・安全性

  • 2段階認証がある
  • コールドウォレットがある
  • マルチシグネチャを採用

 

GMOコインでは、大半の通貨をオフラインのコールドウォレットに保管して管理しているので、ハッキング等によるリスクが低いです。

ユーザーから預託された資産はGMOコイン社の資産と分別して管理するほか、仮想通貨の盗難防止対策として、インターネットから隔離された「コールドストレージ」によるオフライン管理、資金を動かすために複数鍵が必要なマルチシグネチャ(多重署名)を採用するなど、セキュリティ体制を整えています。

お客様サポートとして、Webサイト上の問い合わせフォームだけでなく、電話・ライブチャットでの問い合わせ窓口もあります。

 

GMOコインの口座作成方法・売買方法

GMOコイン

GMOコインのHPから登録が可能です。アカウントをアップグレードするためには、氏名や住所など基本情報の入力と本人確認書類の提出が必要です。

登録方法は、別の記事で紹介していますので、「取引所への登録って何をしたらいいんだろう?」という方は、ご覧になって見てください。

 

まとめ

以上、GMOコインについて紹介しました。

どっぷり仮想通貨にハマった方は、最終的に海外の取引所に行き着きますが、入門としては、国内の取引所から始めましょう。どちらにしても、海外の口座に送金するためには、国内の口座は取得しておく必要があります。

仮想通貨に興味がある方は、まずは国内の取引所で口座を開設するのがオススメです。

 

GMOコイン
GMOコイン

 

取引所には、倒産・盗難リスクというものがありますので、本格的に仮想通貨に投資したい(100万円以上)のであれば、複数の取引所の口座を開設して(少なくとも2カ所)、リスクを分散するのが一般的となっています。

もちろん、複数の取引所で口座を開設することは必須ではありませんので、リスクと手間を考慮して、最適な運用方法を試行錯誤してみてください。

ほかの国内取引所としては、ビットコインの送金手数料の安さ重視ならコインチェックザイフかビットバンク.cc、セキュリティの高さ重視ならビットフライヤーを利用するのがオススメです。

オススメの仮想通貨取引所はこちらの記事で紹介していますので、取引所を選ぶときの参考になれば幸いです。

◼︎オススメの仮想通貨取引所ランキング|国内版

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください