【転スラ 人物紹介】タツヤ・コンドウ(近藤達也)|帝国情報局の局長【※ネタバレあり 転生したらスライムだった件】

転生したらスライムだった件の”タツヤ・コンドウ(近藤達也)”についての情報をまとめています。

※転スラのストーリーネタバレも含んでいますので、まだ本編を読んでいない方はご注意ください。また情報は少しずつ更新中です。

『転スラ』のアニメやマンガを無料で楽しむなら、下のサービスの無料キャンペーンの利用がオススメです!

アニメはこちら → U-NEXT

無料登録するだけで31日間利用できるキャンペーン中。

いつでも解約できて解約料金も一切なしなので、”転スラ好き”にはたまらないサービスとなっています。

キャンペーンはいつ終わるかわからないので、ご利用は今のうちに

→ 今すぐU-NEXTで転スラを楽しむ

目次

転スラ|タツヤ・コンドウ(近藤達也)って何者?

タツヤ・コンドウ(近藤達也)は、日本出身の元異世界人。元の世界では軍人であったが、死ぬ間際にこの世界にたどり着いた。

たどり着いたのが東の帝国の皇帝であるルドラの庭で、それ以降、ルドラに忠誠を誓っている。

帝国の情報局のトップだけあって、”情報に巣食う魔人”の異名も持つ。

軍人だけあって裏切りなどには非常に厳しく、容赦無く暗殺なども行なっている。

帝国皇帝近衛騎士団(インペリアルガーディアン)のNo.01でもある。

転生スラの漫画を無料で読む方法は↓から

→マンガ版転生したらスライムだった件を無料で読む方法

タツヤ・コンドウ(近藤達也)の登場・活躍シーン(※Web版の転生したらスライムだった件に準拠)

タツヤ・コンドウは、銃と剣を併用する独特な戦闘スタイルの持ち主。

テンペストとの戦争において、もっとも暗躍していた人物のひとり。

裏切り者であるミーシャを暗殺。

ガドラの暗殺への協力。

マサユキの抹殺指令。

ユウキ・カグラザカを支配下に置く計画立案など、情報と武力を駆使して暗躍しまくった。

聖人かつインペリアルガーディアンのNo.01だけあって戦闘能力は非常に高く、ヴェルドラに大ダメージを与える一撃を放ったり、カレラ&アゲーラのタッグとの戦闘においても終始優勢に事を運んでいた。

究極能力に目覚めたカレラに敗北したものの、紙一重の決着であった。

転スラの漫画ネタバレが気になる方は↓から

→転スラの漫画ネタバレ一覧

タツヤ・コンドウ(近藤達也)のスキル・能力・称号など

転スラのアニメを無料で見る方法は↓から。

タツヤ・コンドウ(近藤達也)と関係が深い人物

東の帝国

ルドラヴェルグリンドタツヤ・コンドウ
ダムラダカリギュリオミニッツ
グラハムカンザスバーニィ
ジウマーク・ローレンシン・リュウセイ
クリシュナバザンガスター
ファラガレイハデイビス
バルトゴードンルキウス
レイモンド

転生したらスライムだった件の記事一覧

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる