漫画もドラマもアニメも楽しむならU-NEXT

【転スラ 人物紹介】ヴェルグリンド|竜種の一体でヴェルドラの姉【※ネタバレあり 転生したらスライムだった件】

転生したらスライムだった件の”ヴェルグリンド”についての情報をまとめています。

※ヴェルグリンドについては、物語の重要部分のネタバレを大量に含むので、まだ本編を読んでいない方はご注意ください。

 

『転スラ』のアニメやマンガを無料で楽しむなら、下のサービスの無料キャンペーンの利用がオススメです!

アニメはこちら → U-NEXT

漫画がこちら → FODプレミアム

どちらも無料登録するだけで31日間利用できるキャンペーン中。

いつでも解約できて解約料金も一切なしなので、”転スラ好き”にはたまらないサービスとなっています。

キャンペーンはいつ終わるかわからないので、ご利用は今のうちに

 

 

ほかのお得ワザも知りたい方は「アニメを無料で見れる方法まとめ」や「漫画村の代わりに漫画が読めるオススメサイト25選」からどうぞ!

 

転スラ|ヴェルグリンドって何者?

 

竜種の3人目。性別は女性で、加速を操る。

最速の竜種である。ヴェルドラとの闘いでは、まだ格下と思っていたヴェルドラが自分と互角に戦ったことに驚きや苛立ちを隠せなかったものの、冷静に相手の実力を見極め、認識を改めるだけの器を持っている。

東の帝国の王の側近パートナーを務めていた。

皇帝に次ぐ権力を持っており、近衛兵たちの指揮権も持っていた。

ヴェルドラよりも元々魔素のコントロールが遥かにうまく、昔は姉と一緒によくボコボコにしていた。

姉のヴェルザードには及ばない。

覚醒魔王化した怒れるリムルと戦闘。

ヴェルドラを食べて殺したと勘違いしてリムルと戦闘。

操られたヴェルドラ&ヴェルグリンドvsリムルという2体1の状況にも関わらず、敗北したのであまり強くないような誤解を与えるが、実際はリムルが強過ぎただけであり、転スラの世界において強者であることに変わりはない。

 

 

ヴェルグリンドの登場・活躍シーン(※Web版の転生したらスライムだった件に準拠)

ヴェルグリンドの初登場は、東の帝国編になってから。

皇帝ルドラの側近として登場。皇帝の横に立つ謎の美女というポジションで登場した。

その正体はこれまで明かされておらず、近藤やダムラダですらその正体を知らなかった。

 

ルドラのスキルで、復活したヴェルドラを手駒にするために闘うこととなった。

元々の実力はヴェルドラよりもヴェルグリンドの方が上であったが、リムルとの暮らしで成長したヴェルドラが相手では互角の勝負となった。

ヴェルドラの姉であるヴェルグリンドもヴェルザードも、どちらもいじめっ子気質で、ヴェルドラはよく泣かされていた。

リムルに捕食されたのち、ラファエルによって改造を行われため、さらにパワーアップした。

 

 

ヴェルグリンドのスキル・能力・称号など

究極スキル『救恤之王(ラグエル)』を所持。

熱を操るスキルで、運動量の加速などを自在に操る。

姉のヴェルザードとは逆の性質を持つ。

 

 

ヴェルグリンドと関係が深い人物

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください