【転スラ 人物紹介】ルドラ・ナム・ウル・ナスカ|東の帝国の皇帝【※ネタバレあり 転生したらスライムだった件】

転生したらスライムだった件の”ルドラ・ナム・ウル・ナスカ”についての情報をまとめています。

※転スラのストーリーネタバレも含んでいますので、まだ本編を読んでいない方はご注意ください。また情報は少しずつ更新中です。

『転スラ』のアニメやマンガを無料で楽しむなら、下のサービスの無料キャンペーンの利用がオススメです!

アニメはこちら → U-NEXT

無料登録するだけで31日間利用できるキャンペーン中。

いつでも解約できて解約料金も一切なしなので、”転スラ好き”にはたまらないサービスとなっています。

キャンペーンはいつ終わるかわからないので、ご利用は今のうちに

→ 今すぐU-NEXTで転スラを楽しむ

目次

転スラ|ルドラ・ナム・ウル・ナスカって何者?

ルドラ・ナム・ウル・ナスカ(ルドラ)は、東の帝国の皇帝。

1000年以上前に、ギィ・クリムゾンを倒すために勝負を挑み、その縁もあって、現在はどちらが相手の手駒を滅ぼせるか勝負している。あ

その時にヴェルグリンドに気に入られた。

普通の人間であるため、ギィがずっと生きているのに対して、ルドラは寿命が尽きる前に何世代にもわたり、自我と記憶を自らの子供に継承させてきた。

その弊害で、魂が徐々にすり減り、最終的にはスキルであるミカエルの意思に抗うことができなくなり、肉体のコントロールを奪われた。

転生スラの漫画を無料で読む方法は↓から

→マンガ版転生したらスライムだった件を無料で読む方法

ルドラ・ナム・ウル・ナスカの登場・活躍シーン(※Web版の転生したらスライムだった件に準拠)

1000年前はまだ未熟であったギィ・クリムゾン(それでも世界最強クラスではあったが)と勝負を行い、戦いを有利に進めた。

勝負を繰り返すうちに、ギィの戦闘技術が上達したため実質ギィの方が実力は上となったが、ほぼ互角と言って差し支えがなく、本物の勇者であった。

究極能力に目覚めているだけあった、キャッスルガードなどの強力なスキルをいくつも保有している。

精神支配系のスキルでは、ヴェルドラを操ることさえ可能。

転スラの漫画ネタバレが気になる方は↓から

→転スラの漫画ネタバレ一覧

ルドラ・ナム・ウル・ナスカのスキル・能力・称号など

転スラのアニメを無料で見る方法は↓から。

ルドラ・ナム・ウル・ナスカと関係が深い人物

東の帝国

ルドラヴェルグリンドタツヤ・コンドウ
ダムラダカリギュリオミニッツ
グラハムカンザスバーニィ
ジウマーク・ローレンシン・リュウセイ
クリシュナバザンガスター
ファラガレイハデイビス
バルトゴードンルキウス
レイモンド

転生したらスライムだった件の記事一覧

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる