漫画もドラマもアニメも楽しむならU-NEXT

【転スラネタバレ】マンガ版の最新話から1話まで全話ネタバレ【転生したらスライムだった件】

マンガ版の転生したらスライムだった件のネタバレについてまとめています。

※月刊シリウスで掲載中の「転生したらスライムだった件/ 伏瀬」の1話から最新話までのネタバレをまとめています!

 

ネタバレだけじゃ満足できない!」という方は、U-NEXTの無料登録で最新巻を読めます。

キャンペーンが終わるまでの間だけなので、お早目にどうぞ。

 

▼U-NEXTは31日間利用無料▼

無料期間内にいつでも解約なので安心して利用できます

 

安全な公式サービスを紹介

漫画村の代わりに無料で漫画を読めるサイトまとめ25選

 

転スラの漫画ネタバレ 最新話〜1話

 

 

転スラ|第57話 災いの来訪者 のネタバレあらすじ

 

ファルムス王国が戦争準備をしていると、ベニマル達にソウエイから報告が届きます。

不安そうな表情を見せるベニマル。

 

先日、百名程の武装した人間がここへ向かっているのが報告されたとのこと。

リムルに報告しようという結論になり、通信準備を進めようとした矢先、獣王国ユーラザニアのアルビスから緊急要請が入ります。

 

「我が国ユーラザニアは一週間後 魔王ミリムとの交戦状態に入ります」

との連絡が。

避難民の受け入れをテンペストに頼みたいという内容の通信に慌てるベニマル達ですが、通信はそこで途絶えます。

 

なぜミリム様がと戸惑うベニマル達。

 

獣王国ユーラザニアの首都ラウラ

わっはっはっはー

と高笑いするミリム。

魔王間で取り交わされた全ての協定を破棄すると宣言します。

同時に宣戦布告をするので一週間後にまた会おうと伝えて去っていきます。

ミリムの意図を計りかねるカリオン。

「…あの馬鹿 何を考えていやがる…?」

と戸惑いを隠せません。

 

テンペストを見学する3人組

テンペストを歩く異世界人の3人組ですが、街の様子を見て驚きます。

それもそのはず、ファルムス王国よりもキレイな街並みで生活水準も高いのです。

自分よりも良い生活をしている魔物に対して苛立ちを覚えるキララ・ミズタニでしたが、ショウゴ・セキグチは「主人を殺して新しい主人になればいい」とキララを諌めます。

その案に賛成するキララ。

3人組の命令は、騒ぎを起こして森で待機している仲間が突入する機会を作るというものだったのです。

その命令を遂行すべく、キララに実行をお願いするキョウヤ・タチバナ。

彼女の能力が一番適していると

 

ゴブゾウのぶつかるキララ。

難癖をつけて、痴漢冤罪のようなことを始めます。

演技力はないものの、ユニークスキル「狂言師(マドワスモノ)」を持つキララの言葉に惑わされ始めるギャラリー達。

 

相手の意思を自分の言葉で誘導できるという恐ろしい能力。

ゴブゾウが追い詰められていく中、姿を現すゴブタ。

 

自分の部下のゴブゾウのことを謝罪するゴブタ。

「シオンのことを狙っているお前がそんなことをするはずがない」と信じてくれるゴブタに対して泣きつくゴブゾウ。

周りもゴブタの発言を信じ始めます。

 

その様子を見て苛立つキララ。

自分のユニークスキル”狂言師”を使って

「死んじまえ!!」

と命令を下すキララ。

しかし周りの人物が誰も動かないのを見て動揺するキララ。

 

後ろからシュナとシオンが姿を現します。

キララのスキルが恐ろしいものと見抜いたシュナが、自身のスキルで相殺したのでした。

「どうぞお引き取りを」

と丁寧に頭を下げるシュナ。

 

そのシュナに対して絡みにいくショウゴ。

そのショウゴに立ち塞がるように前に出たシオン。

ショウゴとシオンが一触触発ムードになりますが、大人しそうにしていたキョウヤ・タチバナも実は自分の能力を試してみたかったと言ったところで58話に続きます。

 

転スラ|57話のネタバレ感想&58話の考察期待

 

 

転スラ|第56話 絡み合う思惑 のネタバレあらすじ

転スラ|第56話 絡み合う思惑 のネタバレあらすじ1

場面はファルムス王国の重役達が会議をしているところから始まります。

ファルムス王国が「彼の国を放置すれば我が国はその権威を失墜する」と意見を言ったのに対し、

 

ファルムス王国の王立騎士団団長フォルゲンは、

「事はそれだけでは済まぬ。もしもそやつらが人類に敵対的な立場ならその国は新たなる魔王誕生の礎となりかねん」

 

ファルムス王国王宮魔術師長ラーゼンは

「そうなる前に叩くのが最善」

と言います。

 

それらの意見に一瞬押し黙る重役達。

 

 

慎重派の家臣は、テンペストがドワルゴンやブルムンド王国と国交を結んでいることや、テンペストで被害にあったという報告がないことを主張します。

 

非のない新興国に侵攻すれば評議会から問題視されるであろうと指摘したところ、

 

ファルゲンは、

「ドワルゴンやブルムンドが騙されていないとどうして言い切れる?」

と疑問を投げかけます。

 

さらに別の慎重派は、邪悪な存在ならば聖教会が公布を出すはずと主張した

そこで聖教会の大司教レイヒムが話を遮り、

「魔国 討つべし。それが神のご意志に他なりません」

という神託が下りたことを伝えます。

転スラ|第56話 絡み合う思惑 のネタバレあらすじ2

 

その神託を盾に魔国連邦テンペストを攻めることを決意。

 

「余自らが先頭に立ち 忠実なる将兵の力をもって神の威を示してくれようぞ」

と締めくくりました。

 

会議後、ラーゼンとファルムス王が攻め入る算段を話し合います。

先遣隊の選抜メンバーを見て

怪しい表情を浮かべるファルムス王。

 

そしてリムルがヒナタの襲撃を受ける数日前のテンペストに遡ります。

 

ゴブタやヨウム、ハクロウが模擬戦を行おうとしている最中です。

 

ミュウランの魔法を使ってハクロウを陥れようと計画しています。

 

戦いが始まり、ゴブタが魔法陣がある場所にうまく誘導

 

液状化が発動し、チャンスと思った3人ですが、ハクロウの姿を見失います。

 

「あのジジイどこに…」

そう呟いた瞬間、頭上から姿を現したハクロウが一閃するとゴブタは気を失います。

 

転スラ|第56話 絡み合う思惑 のネタバレあらすじ3

 

「瞬動法じゃ 教えたはずじゃがのう」

とヨウムの裏に回り込み、一撃。

 

グルーシスがハクロウに斬りかかったと同時に暗闇魔法”暗幕弾(ブラインド)”が辺り一面を覆います。

ハクロウは魔力感知を持っているので動きは鈍りませんが、暗闇で瞳孔を開いているこの瞬間を狙って、”閃光音響弾(フラッシュバン)”を放ちます。

 

転スラ|第56話 絡み合う思惑 のネタバレあらすじ4

一瞬の隙を作るために事前から計画していた作戦ですが、

そのことをすっかり忘れていたグルーシス。

ミョウランは攻撃役の3人が身動きが取れなくなり負けを認めます。

ミョウランの膝枕で目覚めるヨウム。

転スラ|第56話 絡み合う思惑 のネタバレあらすじ5

「出来れば毎朝ここで目覚めたいもんだ」

と冗談を言うヨウムを叩き起こし、寄宿舎に戻る二人。

その様子を横目で見ていたグルーシスは

「…先を越されたか」

と悔しがります。

 

テンペストに向かうファルムス王国の3人組

馬車に乗った3人組が、今から向かうテンペストについて雑談を交わします。

 

「あーあ命令とかマジだるいんですけど」とボヤく

キララ・ミズタニ(水谷希星)。

 

ショウゴ・タグチ(田口省吾)

キョウヤ・タチバナ(橘恭弥)

 

転スラ|第56話 絡み合う思惑 のネタバレあらすじ6

 

転スラ|56話のネタバレ感想/期待考察

 

 

 

転スラ|第55話 魔物の天敵 のネタバレあらすじ

 

突如登場した女性は、いきなりリムル

「君の国がね、邪魔なのよ。だから潰すことにしたの」

と言い放ちます。

 

その女性に対してリムルは、

初めまして、西方聖教会聖騎士団長ヒナタ・サカグチ

と冷静に挨拶を行うのですが、

 

「…へぇ物知りなのね、魔物のくせに」

と冷たく返すだけのヒナタ・サカグチ

 

冷静に振舞っていたように見えるリムルでしたが、突然の出来事に心の中の焦りを抑えることができません。

ランガとの通信を試みますが、結界により空間干渉を封じられているため、ランガからの応答はないと大賢者が報告します。

 

イングラシア王国滞在中は常に人型で仮面を着けていたのに、どうして自身の正体が魔物だと知っているのか疑問に感じたリムル

素直にヒナタに問うと、「密告があったの」と情報を漏らします。

それでも尾行している人物がいたのであれば、ソウエイの分身体が発見してくれたはず…と、さらに疑問が浮かんでくるリムルですが、ヒナタは待ってくれません。

 

そろそろ始めていいかな?

 

との問いに、

「まず話し合いたいんだけどな」

と呟くリムル

同時に、大賢者が「スキル各種が結界の影響で制限を受けている」という事実を報告します。

圧倒的に不利なリムル。

 

しかしそんなことはおかまいなしでヒナタが襲いかかってきます。

 

魔物の言葉に興味はない

 

と力強くヒナタが言った次の瞬間、鋭い突きが!!

 

【転生したらスライムだった件】第55話 魔物の天敵 のネタバレあらすじ1

 

 

結界の中で体の動きが鈍っているリムルはかわすのが精一杯。

しかしながら今の突きを交わしたことを褒めるヒナタ。

それもそのはずで、現在張られている結界は、西方聖教会が誇る究極の対魔結界”聖浄化結界(ホーリーフィールド)”。

魔素を活動元とする魔物は、その存在を維持するために大半の力が持っていかれるほどで、下位の魔物なら、結界内に入った時点で消滅するほどの強力なものなのでした。

 

戦闘しながら会話を続ける二人。

リムルはシズさんからヒナタのことを頼まれたと言おうとしますが、リムルの姿がシズ先生に似ていることで、火に油をそそぐ結果となります。

 

君がシズ先生と出会い、そして…命ばかりかその姿まで奪ったという事実を

 

そう言った直後、ヒナタの突きがリムルに3発入ります。

 

【転生したらスライムだった件】第55話 魔物の天敵 のネタバレあらすじ2

 

耐性『痛覚無効』を保有しているリムルでしたが、痛みを感じて違和感を感じ取ります。

大賢者の解説によると、精神体(スピリチュアルボディー)への直接ダメージを可能とする攻撃とのこと。

 

一瞬でその攻撃が危険なものであると判断したリムルに対して、ヒナタがスキルの説明を始めます。

その技は、7回の刺突を浴びせると、相手に確実な死をもたらす危険極まりないもの。

あと4回の刺突を受けるとリムルが死亡することを意味します。

 

その後も淡々と話し続けるヒナタ。

「本来自分が出向く必要もない仕事ではあるが、シズ先生の敵を自分で討つために来た」と告げると同時に、さらに斬撃を浴びせ、あと2回でリムルの命が絶たれる状況になります。

 

【転生したらスライムだった件】第55話 魔物の天敵 のネタバレあらすじ3

 

魔法が使えないリムルは、対抗策として自身の中のイフリートを召喚。

精霊なら結界内でも動けると判断し、同時攻撃を仕掛けようとしますが、イフリートの様子がおかしいことに。。。

 

イフリートを意に介さないヒナタを不審に思い、急いでイフリートを体内に戻します。

大賢者の解析により、ヒナタがユニークスキル”簒奪者(ウバウモノ)でイフリートを奪おうとしていたことが判明するのです。

異世界人であれば、ユニークスキルを所持していることも警戒すべきだったと反省し、小細工では勝てそうにないと悟るリムル

 

【転生したらスライムだった件】第55話 魔物の天敵 のネタバレあらすじ4

 

あと一回の突きで命が絶たれる状況で、一気にヒナタに近づき、最後の大技として、オーク・ディザスターをも食した暴食者(グラトニー)を発動。

同時にヒナタは、”七彩終焉刺突撃(デッド・エンド・レインボー)”の最後の一撃で迎え撃ちます。

 

暴食者がヒナタを襲いますが、同時に刺突を受けていたリムル

 

【転生したらスライムだった件】第55話 魔物の天敵 のネタバレあらすじ5

 

7撃目を受けて、すでにその命は絶たれた状態となりながら、スキル『暴食者』だけが怪物のような姿で暴れまわります。

 

知性を失った怪物…哀れね

と哀れむものの、このまま放置すると世界の危機になりかねないと判断したヒナタ。

 

精霊を召喚して暴食者を足止めし、その間に呪文を唱え始めます。

 

魔法陣が完成した直後、自身の最強魔法、霊子崩壊(ディスインティグレーション)を放ち、怪物化したリムルを完全消滅させたのでした。

 

シズ先生の敵討ちが完了し、静かに立ち去るヒナタ。

 

 

しばらくすると、草の茂みから、スライム状態のリムルが姿を現したのです!!!

 

【転生したらスライムだった件】第55話 魔物の天敵 のネタバレあらすじ6

 

実は、ソウエイの忠告を聞いた直後に、分身体を作成し、最初からヒナタの相手を分身体にさせていたのでした。

 

主の無事に安堵するランガ

戦況を冷静に分析して、仮に清浄化結界がなかったとしても、ヒナタには勝てたかどうかわからなかったとの結論を導き出します。

 

すると、ランガがベニマルと連絡が取れないと報告します。

結界が消えたし大丈夫だろうとリムルもベニマルに連絡を取ろうとしますが、連絡が繋がりません。

大賢者によると、移動先が何らかの結界によって隔絶されているとのこと。

 

その時、ヒナタが言った「君の国がね、邪魔なのよ」という言葉を思い出すリムル

 

急いで転移可能なテンペストに一番近い場所を大賢者に探すように指示を出し、

「一体何が起こっているんだ…」と呟いたところで、56話に続きます。

 

転スラ|55話のネタバレ感想/期待考察

【転生したらスライムだった件】55話のネタバレ感想/期待考察

突如現れたヒナタは、「何故こんなに話を聞かないんだろう?」というぐらい一方的に攻撃してきましたね。

シズさんの敵だからとはいえ、もっと話に耳を傾けてもいいのではと思いましたが、教会の信者ってこういうものなのかもしれません。

それにしても、7回突いただけで相手を殺せる技というのは、なかなか理不尽なまでに強力ですね。

リムルが分身できることを忘れていたので、本当に死亡したのかと心配になってしまいましたが、そこはさすがリムル

用心深い(小心者?)な性格が災いして、無事に生きていました。

ヒナタとはまた戦う機会がありそうですが、次は勝てるのでしょうか。リムルによる分析では「結果がなくてもヤバかった」とのこと。

現時点での実力はヒナタが上ということでしょうか?

とはいえ、リムルはどんどん成長していきますし、強い魔物を暴食者で食べれば強くなれるみたいなので、次に戦うまでには何かしらレベルアップしていそうです。

大賢者の計算力もありますしね!

 

一方で、ヒナタの言葉からは、テンペストにも結界が張られて襲われている様子。

リムルがこれだけ苦戦するということはテンペストの方も結構ヤバイ状態になっているのかも・・・。

テンペストの方は無事なのか、56話が気になりますね。

 

 

転スラ|第54話 災難の前奏曲 のネタバレあらすじ

 

イングラシア王国の自由組合に戻ったリムル

子供達の状態が安定したことを神楽坂優樹(ユウキ・カグラザカ)に報告します。

どうやったのか気になるユウキでしたが、リムルは企業秘密で教えてくれません。

 

【転生したらスライムだった件】第54話 災難の前奏曲 のネタバレあらすじ1

 

上位精霊の力を子供達が宿したとしれば、悪用しようと企む輩が出てくるだろうと、子供達のことを心配したリムルの配慮なのでした。

 

ユウキとの会話もほどほどに切り上げて、子供達の元へ戻るリムル。

もうすぐ帰るということで子供達に吉田薫のスイーツ店やミョルマイルのお店に連れて行ってあげます。

 

 

場面は切り替わってファルムス王国。

ファルムス王”エドマリス・ファルムス”の元に、魔国連邦テンペストについての報告が届きます。

テンペストが誕生したせいで、ファルムス王国が経済的な損失を被っているとのこと。

 

【転生したらスライムだった件】第54話 災難の前奏曲 のネタバレあらすじ3

 

対応について、西方聖教会の大司教レイヒムに意見を求めるファルムス王。

ルミナス教の教えに従う西方聖教会としては、魔物の国など言語道断であるとの見解を述べます。

テンペストを隷属させたいという欲を持つファルムス王は、その言葉を聞いて”聖戦”という言葉を盾に、テンペスト侵攻を画策し始めたのでした。

 

イングラシア王国での別れ

リムルのお別れの日となり、寂しそうにする子供達。

強がるアリスに対して、寂しそうにしているクロエ。

 

 

【転生したらスライムだった件】第54話 災難の前奏曲 のネタバレあらすじ4

 

その様子を見て、クロエにシズの形見である仮面をプレゼントします。

 

一気に顔が明るくなるクロエ。

それを見たアリスは、

「ずるい!私も欲しかったのにぃ」

と言いますが、クロエも

「だめー私がもらったの!」

と言い、可愛らしいやり取りをする二人。

 

拗ねるアリスでしたが、

みんなにリムルがプレゼントした服が、実はアリスだけ特別仕様になっていることを聞いて満足します。

「じゃあまたな」

と言ってリムルが立ち去って行きます。

 

人目につかないところまで移動してきたリムルは、スキルを発動してテンペストに帰還しようとしますが、空間移動が発動しません。

するといきなり大賢者が警告を発します。

「告。広範囲結界に囚われました。結界の外への空間干渉系の能力は封じられました。」

 

驚くリムルの目の前に、いきなりソウエイが出現。

ひどく傷を負っていますが、分身体なので問題ないとのこと。

緊急の情報を届けにきたソウエイの分身体でしたが、

 

【転生したらスライムだった件】第54話 災難の前奏曲 のネタバレあらすじ5

 

「敵です。それも想像を絶する強さの…っ どうかお逃げくだ…」

まで言うと、分身体が消滅します。

「(なんだ?一体何が起こっている!?)」

と混乱するリムル。

 

すると背後から忍び寄る影が。

しかし、いきなり襲うでもなく、余裕たっぷりに挨拶を行う一人の女性。

「初めましてかな。もうすぐサヨナラだけど」

 

その女性は、シズの記憶の中で見た女性ヒナタ・サカグチなのでした。

シズの記憶の中との印象と違い、魔物であるリムルの目から見ると強烈な殺気を放つヒナタ。

 

「初めまして。西方聖教会の聖騎士団長ヒナタ・サカグチ」と挨拶したところで、55話に続きます。

 

 

最新話を無料で読みたいなら

あらすじネタバレを紹介していますが、「やっぱりマンガで読みたい!」と思った方は、U-NEXTFODプレミアムmusic.jpの3つに無料登録するだけで、約3,000円分のポイントがもらえて、好きな漫画を読むことができます!

それぞれキャンペーンがいつ終わるかわからないので、すぐに登録することをオススメします。

 

転スラ|第54話のネタバレ感想/期待考察

いきなり現れたファルムス王国でしたが、何やらキナ臭い感じがプンプンします。

少しだけのやり取りでしたが、王様がどうやら強欲な人物のようです。

西方聖教会のレイヒムもうさん臭い顔をしているので、今後ファルムス王国とは一波乱ありそうですね。

リムルとの別れを惜しむ子供達は微笑ましいですね。

リムルのことが大好きで一番シュンとしているクロエも早く元気を出して欲しいですね。

そんなシンミリした場面から一転して、いきなり危機的状況に陥るというギャップに驚きました。

まさか、シズ先生の記憶にいた人物が襲ってくるのは予想外。

ユウキもそうでしたが、シズの周りの人物は好戦的な人が多いようですね。

聖騎士団長ということでどれぐらいの実力者なのか、55話でその実力が明かされるのでしょうか。

 

転スラ|第53話 魔女ミュウラン のネタバレあらすじ

 

前話では、無事に子供達全員に精霊を宿すことに成功したリムル

53話は妖精の棲家から立ち去る場面から始まります。

 

魔道人形ベレッタにラミリスのお守りを頼むリムル

 

ラミリスは少し寂しくなったのか

「ど〜〜〜〜しても可憐なアタシに会いたくなったらまたきてもいいわよ?」

と上から目線の発言を繰り出します。

ラミリスの性格をすでに把握済みなリムルは、これを軽く受け流しつつも、

「まぁ迷宮から出る気になったら魔国連邦(テンペスト)」に遊びに来てくれ」

と伝え、ラミリスに感謝を伝え、身につけたばかりにスキル『空間移動』を使って学園に瞬間移動します。

 

リムルが立ち去った瞬間寂しそうな表情を見せるラミリス

誤魔化すかのようにベレッタにお茶を淹れるよう指示を出したところで場面は変わります

 

魔国連邦テンペスト

リムルから無事に問題が解決したことを聞き、安心するベニマル。

リムルにいつ戻ってくるのか尋ねると、もう少し子供の様子を見てから帰るとの返答。

街の様子が気になるリムルに、ベニマルが出来事を報告します。

 

大した問題は起きていないとのこと。

ただ街に新顔が増えたのですが、その新顔がヨウムを叩きのめしたという報告を聞き、驚くリムル

ヨウムはハクロウに鍛えられて、獣人とも渡り合える実力を身につけていたので、驚くのも無理はありません。

その人物の名はミュウラン。

報告では魔道師(ウィザード)とのこと。実力が買われてヨウムたちの軍事顧問を勤めることになっていました。

 

ヨウムたちがテンペストに到着

ヨウムたちがテンペストに到着すると、ハクロウによる修行(しごき?)が繰り広げられています。

それに参加しているのはゴブタや獣王国(ユーラザニア)の戦士グルーシス。

ヨウムとグルーシスは仲がいいので雑談を始めます。

話の流れで、ミュウランをグルーシスに紹介します。

 

「こいつはミュウラン 今ウチで一番の手練れだ」

 

と紹介すると、グルーシスがヨウムにこんな女に負けたのかと小馬鹿にし始めます。

 

負けず嫌いで子供な2人は言い争いになり、グルーシスとミュウランが対決し、

ミュウランが勝てばグルーシスはヨウムの舎弟に、ミュウランが負ければ、ヨウムはグルーシスのことを”兄貴”と呼ぶという条件で戦うことに。

 

「先に言っておくけど私は魔道師だからそのつもりでかかって来なさい」とミュウランは忠告します。

 

しばらく時が経ったのち、そこには地面に埋まったグルーシスの姿が!

ミュウラン相手に完敗したのでした。

 

夜の酒場

ビールを飲みながら、戦いの反省会が繰り広げられています。

 

グルーシス「まさか落とし穴から抜けられなくなるなんてよ」

ミュウラン「単純な魔法の組み合わせよ 大したものじゃないわ」

 

という会話が交わされている、突然ゴブタが乱入。

「いやいやあれは大したもんっすよ」

「自分は確信したっす 姐さんの魔法があればあのジジイ(ハクロウ)も倒せると!」

と何やら思いついた様子。

悪い顔をしています。

 

そんな会話を聞きながら、自分は何をやっているのだろうと呆れるミュウラン。

彼女はとある目的のためにテンペストに潜入したにも関わらず、今の居場所が心地よいと感じてしまっている自分に葛藤しているのでした。

 

抜け出して来たヨウムと2人きりになった場面で、本当のことを打ち明けようとするミュウラン。

 

すると突然、魔王クレイマンからテレパシーでの連絡が!!!

 

「なに たまたま潜伏中の道具を労おうと思いましてね」

と適当な挨拶をするクレイマン

 

ミュウランの心臓はクレイマンの手元にあり、ミュウランの働き次第では、心臓を返して解放してあげることも考えていると、冗談めかして言います。

 

会話もそこそこに、最後の命令を下すまで、そのまま潜伏しているように指令を出します。

ミュウランはクレイマンを裏切ることも選択肢として考えた矢先、クレイマンが忠告します。

 

「忘れないでくださいミュウラン 貴方の弱みはもはや心臓だけではないのです」

と。

 

その後ろにいるのはヨウム。

クレイマンは全て知っていてさらに忠告を続けます。

「見たくはないでしょう?自分の手で愛しい男を殺す様を」

と言ったところで54話に続きます。

 

転スラ|53話のネタバレ感想&54話の考察期待

妖精の棲家から立ち去ったリムルたちでしたが、今週は全然出番がありませんでしたね。

代わりに出て来たのはミュウランのエピソード。

小説版を読んでいる私からすると、ミュウランの登場の仕方が突然すぎはしましたが、作中では絶世の美女という扱いでしたが、漫画でちゃんとかなりの美人として描かれているので満足です。

ヨウムとグルーシスが惚れるだけのことはありますね。

そしてゴブタですが、本当悪いことにだけは頭が働きますね。

ミュウランの力を使ってハクロウをギャフンと言わせようとするなんて。でもそこはいつものゴブタ

失敗してお説教を受けるのが目に見えています。

54話で早くハクロウにシゴかれるゴブタが見たいですね。

 

 

転スラ|第52話 救われる魂 のネタバレあらすじ

 

リムルラミリス達と雑談しながら、迷宮の奥に進みます。

トレイニー3姉妹のことやラミリスの姿のことなどなど。

そうしていると、迷宮の再奥=精霊の棲家に到着します。

 

【転生したらスライムだった件】第52話 救われる魂 のネタバレあらすじ1

 

精霊のと接触を最初に試すのは、最年少である”ゲイル”ですが、やはり緊張を隠せません。

そんな様子を感じ取ったリムルが、

大丈夫だ 何かあっても俺が助けるよ

と声をかけると、ゲイルも安心した様子。

 

過去にもこの場所で上位精霊の呼び出しに成功した人間がいると、嫌そうな表情で語るラミリス

【転生したらスライムだった件】第52話 救われる魂 のネタバレあらすじ2

 

そうこうしていると、土属性の下位精霊が何体か集まってきましたが、上位精霊でなければ目的を達成することはできません。

そこで、リムルがちょっと手を貸し、ユニークスキル『変質者』を使用して、下位精霊を統合し、擬似上位精霊を完成させます。

その擬似上位精霊とゲイルを『大賢者』を利用して統合すると、体内の魔素が安定します。

 

感動するゲイルでしたが、

喜ぶのはまだ早いぞ 全員成功してから喜ぼう

リムルに言われ、その場で喜ぶのは我慢します。

 

驚くラミリス。昔助けた少年を思い出します。

その少年は光の精霊を召喚したわけですが、光の精霊に選ばれるのは勇者の素質がある者のみ。

ラミリスが精霊の加護を与えて勇者に認定したにも関わらず、魔王になったとのこと。

その少年はさらに炎の上位精霊まで奪っていったと悔しがるラミリスでしたが、それを聞いて、その人物が魔王”レオン・クロムウェル”であることにリムルが気づきます。

 

二人目はアリス

怖いからということで、お姫様だっこでリムルに運んでもらいます。

そして空の属性の擬似上位精霊と無事に統合。

ホッとして泣きそうになったアリスでしたが、リムルに抱きつくと、ほっぺにチュー。

おませな子だなと感じるリムルでした。

 

三人目は、ケンヤ

やはり緊張は隠せません。

現れたのは、ほかの二人と違って上位精霊。しかも光の精霊!!

勇者の資質を感じたから来たとのこと。

あくまで資質なので、実際に勇者になれるかはわかりませんが、光の精霊はケンヤが成長するまで保護してくれることを宣言します。

 

四人目はリョウタ

擬似上位精霊『水風』をリムルが作成し、問題なく統合させます。

 

最後はクロエ

不安がるクロエに、みんなが大丈夫とエールを送ります。

クロエもお姫様だっこを要求し、しぶしぶ実行するリムル

クロエが祈り始めると、現れたのは、上位精霊とは似ているものの、さらに上の存在であると『大賢者』が述べます。

その現れた謎の精霊らしき存在は、突然リムルにキス。

 

すると危険を感じたラミリスが、その存在に攻撃を仕掛けますが、ヒラリと交わされ、クロエの中に入っていったのでした。

【転生したらスライムだった件】第52話 救われる魂 のネタバレあらすじ3

 

クロエは無事な様子。

さっきのがなんだったのか尋ねるリムルに、ラミリスが回答します。

たぶんアレは未来から来たのよ

この時代の干渉が切っ掛けで未来が大変なことに…

と騒ぎますが、とりあえずクロエの魔素が安定したのでよしとなりました。

 

無事に全員の魔素が安定したところで、みんなでラミリスに俺を言います。

照れるラミリス

【転生したらスライムだった件】第52話 救われる魂 のネタバレあらすじ

 

無事に儀式が終わったので、リムルラミリスとの約束を果たし、ゴーレムを作ることにします。

上位悪魔(グレートデーモン)を召喚し、魔鋼で作った魔人形の中に入ってもらいます。

ついでにその悪魔に”ベレッタ”という名前を与えると、

魔将人形(アークドール)”ベレッタ”が誕生します。

しばらくテンペストを離れていたリムルですが、久々にみんなのことを思い出しシミジミとしたところで53話に続きます。

 

最新話を無料で読みたいなら

あらすじネタバレを紹介していますが、「やっぱりマンガで読みたい!」と思った方は、U-NEXTFODプレミアムmusic.jpの3つに無料登録するだけで、約3,000円分のポイントがもらえて、好きな漫画を読むことができます!

それぞれキャンペーンがいつ終わるかわからないので、すぐに登録することをオススメします。

 

転スラ|第52話 救われる魂 の感想・考察・53話の期待

【転生したらスライムだった件】第52話 救われる魂 の感想・考察・53話の期待

5人とも無事に魔素が安定して、ホッとした52話でした。

ケンヤに光の精霊が宿ったり、クロエには謎の存在が宿ったりで気になる伏線も張られましたが、今後のお楽しみですね。

魔王レオンが元勇者っていうことにも驚きました。

52話では、結構重要な情報がいろいろ出てきたなという感じです。

未来からの存在が出てきたということで、今後タイムトラベル系の話も出てくるかもしれませんね。

子供達の安全も無事に確保したので、53話からはまたテンペストに戻る方向で話が進みそうですね。早く続きが読みたいところです。

何はともあれ、52話では精霊を憑依させる展開になりそうですが、ラミリスで本当に大丈夫なのか不安となる登場でした。

 

転スラ|第51話 精霊女王 のネタバレあらすじ

 

精霊の棲家の所在地が判明した50話。

51話は、精霊の棲家に入る場面から始まります。

リムルと子供達に加えて、ランガも引き連れて、精霊の棲家と呼ばれる迷宮に足を踏み入れます。

入って間もなくすると、「うふふ」「おやおや」といった囁き声が聞こえてきます。

【転生したらスライムだった件】第51話 精霊女王 のネタバレあらすじ1

上位精霊の居場所がどこかと大声で問いかけるリムルに対し、

囁き声の主たちは

「いいよ 教えてあげても ただし 試練に打ち勝ったらね」

と答えます。

 

次の瞬間現れたのは、ゴーレムと呼ばれる魔人形。

【転生したらスライムだった件】第51話 精霊女王 のネタバレあらすじ2

屈強なボディと攻撃力を発揮するゴーレム。子供達は警戒します。

「できるかな できるかな その子はとっても強いよ」

とイタズラ気味に笑う囁き声の主人たち。

 

しかし子供に怪我をさせたくないリムルは、遠慮なし。

粘鋼糸でゴーレムの動きを止め、黒炎で一瞬で葬り去ります。

 

それには驚きを隠せず

「アタシの聖霊の守護巨像がたった一撃で・・・!?」

と驚きを隠せません。

「さっさと姿を現せ 隠れてる場所はわかってる」

と警告するリムル

声の主は観念して姿を現します。

 

「我こそは偉大なる十大魔王が一柱! 迷宮妖精のラミリスである」

登場したのはなんと、十大魔王。

 

見ためも小さい魔王ラミリスに対して、信じようとしないリムル

ミリム基準で魔王を判断していたリムルでしたが、その話をすると、

「ミリムの友達・・・!?」

と驚いた表情を見せるラミリス

ミリムについて語るラミリスを見て、ようやく信じることにしたミリム。

話の途中でちょこちょことボケを入れてくるラミリスに対して、ミリムはなぜかイライラ。

 

大賢者が、その原因はラミリスの精神支配というスキルに対して抵抗している影響と回答。

ネタがバレてしまったラミリスは、可愛らしく

「や・・・やめまーす」

とテヘペロ顔で言うのでした。

【転生したらスライムだった件】第51話 精霊女王 のネタバレあらすじ3

 

リムルにお仕置きされそうになります。

茶番が終わり、精霊の棲家についての話を進めるリムル

ラミリスの精霊についての知識が深いことが判明し、頼みごとをします。

「なんでアタシがアンタなんかの言うことを…」

とボヤくラミリスに対し、手の上で黒炎を発生させるリムル

 

それを見た瞬間

「聞いてあげてもいい気がしてきたのであります!!」

と敬礼するラミリス

新しいゴーレムを用意してくれるとの対価をチラつかされ、乗り気になります。

 

詳しい状況を説明するリムル

精霊女王に会う必要があることを伝え、

「精霊女王に取り次いでもらいたい 精霊に詳しいラミリスなら会ったことあるんじゃないか?」

と尋ねるリムルに対し、

「精霊女王ってアタシのことだよ?」

と答えます。

【転生したらスライムだった件】第51話 精霊女王 のネタバレあらすじ4

驚きを隠せないリムル

それもそのはず。魔王であるラミリスが、精霊女王でもあるなんて信じられるわけがありません。

【転生したらスライムだった件】第51話 精霊女王 のネタバレあらすじ5

「精霊の女王が堕落して魔王になっちゃったんですー!!」

との説明でどうにか納得するリムル

 

そしてラミリスが説明を続けます。

精霊女王は聖なる者の導き手で、勇者に精霊の加護を授ける役目も担っているとのこと。

「召喚に協力してあげる」

ラミリスが笑顔で応じた場面で52話に続きます。

 

最新話を無料で読みたいなら

あらすじネタバレを紹介していますが、「やっぱりマンガで読みたい!」と思った方は、U-NEXTFODプレミアムmusic.jpの3つに無料登録するだけで、約3,000円分のポイントがもらえて、好きな漫画を読むことができます!

それぞれキャンペーンがいつ終わるかわからないので、すぐに登録することをオススメします。

 

転スラ|第51話 精霊女王 の感想・考察・52話の期待

【転生したらスライムだった件】第51話 精霊女王 の感想・考察・52話の期待

精霊を探していたら、まさか魔王=妖精女王だとは驚きでしたね。

妖精女王という名前はどう見ても聖属性のキャラですが、まさか堕落して魔王になっているなんて予想外の展開。今後この設定がどう生きていくのか気になる所です。

ラミリスについては、今のところは、いい感じのお調子者キャラ(ボケキャラ)といった感じでしょうか。

51話でのやり取りだけを見ても、個人的にはかなりいいキャラだなと思ってしまいました。

ドヤ顔が堪りません。

魔王の割にはすでにリムルより下という感がありますが、イジメられつつも友好関係を築いて今回のようなほのぼのやり取りを繰り広げていってくれることを期待したいですね。

何はともあれ、52話では精霊を憑依させる展開になりそうですが、ラミリスで本当に大丈夫なのか不安となる登場でした。

 

 

【転生したらスライムだった件】第50話 精霊の棲家 のネタバレあらすじ

 

49話ではスカイドラゴンを倒し、大商人のミョルマイルと懇意になったところで終わりました。

50話では、ミョルマイルがお礼を兼ねて、高級酒処に案内したところから始まります。

見るからに高級そうな建物。

料金表を見てリムルは内心吹き出してしまいます。

ミョルマイルの驕りということで、故郷である日本ではお馴染みのシャンパンタワーを遠慮なく注文。

 

【転生したらスライムだった件】第50話 精霊の棲家 のネタバレあらすじ

 

存分に堪能しているリムルに、店長のミョルマイルが挨拶に訪れます。

 

そんな様子を見ている店員たちは、見た目は子供のリムルに対して、店長残しが低いことからヒソヒソ話が止みません。

しかしそんな世間体を気にしないミョルマイル。

申し訳なさそうにしているリムルに対して、

貴方の正体を伏せる方が大事ですからな

と器の大きさを見せます。

 

【転生したらスライムだった件】第50話 精霊の棲家 のネタバレあらすじ2

 

世間話もほどほどに、回復薬の取り扱いについての商談を始める二人。

宣伝のために無料でどんどん配ろうとするリムルに対し、ミョルマイルは規定通りの料金を払うことを主張します。

ミョルマイルが遠慮しているのだろうと思い、気にしなくていいと言うリムルでしたが、

ワシは遠慮しているわけではないのですよ ただ貴方に投資したいと思ったのです

と、投資家としての豪胆さも見せるミョルマイル。

今後、交易路の中心となりそうなテンペストの盟主との良好な関係を築ける方が、利が大きいとの判断だったのです。

 

手短に商談を済ませたミョルマイルは、リムルが綺麗なお姉さん方と楽しめるよう、席を外します。

たくさんいるお姉さんの中から、リムルが選んだのはドワーフ王国で占いをやってくれたダークエルフ。

 

【転生したらスライムだった件】第50話 精霊の棲家 のネタバレあらすじ3

 

いつの間にかエルフ好きになっていたリムルなのでした。

 

久々に再会したダークエルフのお姉さんとの雑談もそこそこに、精霊の棲家を占ってもらうことをお願いします。

すると、そのダークエルフの故郷では精霊の棲家は有名だったようで、

あそこかなぁ

とわざわざ占う必要もなく場所の情報を入手できたのでした。

 

【転生したらスライムだった件】第50話 精霊の棲家 のネタバレあらすじ4

 

しかし、精霊の棲家について知っていることを話してくれたお姉さんなのですが、気になる事を言うのです。

 

精霊の棲家へ向かって、帰ってきた者はいないの

 

【転生したらスライムだった件】第50話 精霊の棲家 のネタバレあらすじ5

その日は一旦イングラシアに戻ったリムル

 

すると、アリスとクロエが明日も生きられるか不安で起きてきます。

【転生したらスライムだった件】第50話 精霊の棲家 のネタバレあらすじ6

心配で眠れない二人に、ホットチョコレートを与えるリムル

一口飲んだアリスとクロエに、稲妻が走ります。

 

【転生したらスライムだった件】第50話 精霊の棲家 のネタバレあらすじ7

 

一気に飲み干す二人をコッソリ覗いていたケンヤ、リョウタ、ゲイルの3人組でしたが、当然リムルは気付いており、

お前たちの分もあるぞ?

と3人の分も提供するリムル

 

ホットチョコレート飲む子供達が揃ったのを見計らって、明日の課外授業について説明を始めます。

「明日はどこで?」との問いに対して、

 

精霊の棲家だ

 

と答えたところで終わります。

 

 

【転生したらスライムだった件】第50話 精霊の棲家 の感想・考察・51話の期待

とうとう精霊の棲家がわかった50話。

比較的ほのぼの回で、ダークエルフやミョルマイルなど魅力的なキャラが溢れている話だったなと思います。

帰ってきた人はいないという噂の精霊の棲家。

強力なモンスターがいるフラグですかね。

不安になっている子供達。ホットチョコレートを美味しそうに飲んでいる姿には思わずホッコリしてしまいました。

シリアス展開よりも、やはりホッコリ回のやり取りが大好きだなぁとつくづく感じました。

5人ともどうか無事に生きて欲しいです。

そこは味方キャラが基本的に死なないのが特徴的な”転生したらスライムだった件”。

なんとかなることでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください