漫画もドラマもアニメも楽しむならU-NEXT

【転スラ 人物紹介】坂口日向(ヒナタ・サカグチ)| 西側世界最強の剣士で聖騎士団長の元日本人【※ネタバレあり 転生したらスライムだった件】

転生したらスライムだった件の”坂口日向(ヒナタ・サカグチ)”についての情報をまとめています。

※かなり重要なネタバレがあるので、まだ本編を読んでいない方はご注意ください。先にマンガの最新話などを読むことをオススメします。

 

『転スラ』のアニメやマンガを無料で楽しむなら、下のサービスの無料キャンペーンの利用がオススメです!

アニメはこちら → U-NEXT

漫画がこちら → FODプレミアム

どちらも無料登録するだけで31日間利用できるキャンペーン中。

いつでも解約できて解約料金も一切なしなので、”転スラ好き”にはたまらないサービスとなっています。

キャンペーンはいつ終わるかわからないので、ご利用は今のうちに

 

 

ほかのお得ワザも知りたい方は「アニメを無料で見れる方法まとめ」や「漫画村の代わりに漫画が読めるオススメサイト25選」からどうぞ!

 

転スラ|坂口日向(ヒナタ・サカグチ)って何者?

 

坂口日向(ヒナタ・サカグチ)は、シズエ・イザワ(シズさん)の記憶に残っていた少女の1人で、元日本人。

西方聖教会に所属する西方聖騎士の中で最強の人物であり、「西側最強」と言われていた。

リムルとの初遭遇時は敵であり、その実力の高さでスキル面でも剣技面でもリムルを圧倒し、勝利を収めた(リムルは分身体だったため生き延びた)。

小説版とWeb版では扱いが違う部分が多いキャラの1人。

Web版ではユウキ・カグラザカの思考誘導を受けていた影響で、リムルを悪と決めつけていたため戦闘に発展した。

小説版では、ユウキの思考誘導は受けておらず、単純に偽情報をつかまされて戦いとなった。

リムルの日本食を再現する本気度や、実際に再現した日本料理の数々を見てよく呆れつつも食していた。特に寿司は大好物。

召喚された際は15歳で、登場時の姿は20歳前後となっているが、中身年齢は27歳。

 

転生スラの漫画を無料で読む方法は↓から

→マンガ版転生したらスライムだった件を無料で読む方法

 

坂口日向(ヒナタ・サカグチ)の登場・活躍シーン(※Web版の転生したらスライムだった件に準拠)

リムルとの初対戦においては、完全にヒナタの圧勝であった。

デッドエンドレインボーというチート級の能力が増やされた剣(レイピア)を所持しており、それだけでも大半の敵を処理できる。

二戦目では、魔王に進化して大幅にパワーアップしたリムルと相対しても互角の勝負を繰り広げた。

西方聖騎士団の団員たちからの信頼は厚い。

ルミナス教の教義と、リムルたちが住むテンペストの魔物たちの生き方との狭間で、葛藤する場面も。

 

七曜の老師によって鍛えられ、人類最高峰の力を備えたが、それでも七曜の老師からは勇者になり損ねた出来損ないとして評価されている。

 

Web版では操られているクロエ・オベールに、小説版では七曜の老師グランベルによって死亡する展開に変更されている。

どちらかというとツンデレ系の性格。

死亡した際に、ヒナタの魂は、クロエとともにヒナタは2000年以上の過去に飛び、クロエの体に宿った状態で長い時間旅行を行う。

復活後は、魂の力がかなり失われているため、実装できる魔法やスキルが制限されたが、それでも人間の中ではかなり上位の力を持つ。

 

転スラの漫画ネタバレが気になる方は↓から

→転スラの漫画ネタバレ一覧

 

坂口日向(ヒナタ・サカグチ)のスキル・能力・称号など

ユニークスキル『数学者』『簒奪者』を使う。重力操作や慣性操作、

数学者:超高速演算が可能で、思考加速などと同等の効果が得られる。大抵の魔法は無詠唱で行使可能となる。

簒奪者:リムルの暴食者に似た能力で、相手の能力や使役する魔物や精霊を奪うことが可能。解析をせずに相手の能力を奪えることからより実戦向きなスキル。

魔法:神聖魔法、元素魔法、精霊魔法、召喚魔法など様々な魔法を使える

 

転スラのアニメを無料で見る方法は↓から。

 

 

坂口日向(ヒナタ・サカグチ)と関係が深い人物

 

 

転生したらスライムだった件の記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください