【転スラ 人物紹介】グランベル・ロッゾ|七曜の老師のリーダーで日曜を司る元勇者【※ネタバレあり 転生したらスライムだった件】

転生したらスライムだった件の”グランベル”についての情報をまとめています。

※転スラのストーリーネタバレも含んでいますので、まだ本編を読んでいない方はご注意ください。また情報は少しずつ更新中です。

『転スラ』のアニメやマンガを無料で楽しむなら、下のサービスの無料キャンペーンの利用がオススメです!

アニメはこちら → U-NEXT

無料登録するだけで31日間利用できるキャンペーン中。

いつでも解約できて解約料金も一切なしなので、”転スラ好き”にはたまらないサービスとなっています。

キャンペーンはいつ終わるかわからないので、ご利用は今のうちに

→ 今すぐU-NEXTで転スラを楽しむ

目次

転スラ|グランベル・ロッゾって何者?

魔王ルミナスに仕える七曜の老師の一人。日曜日を与えられている。

Web版では、たまに名前が出てくる程度であり、ヒナタに辛くあたっていた。

ヒナタが最近の聖騎士の中では実力が高い方だったと認めてはいるが、勇者には程遠いはということで、最強と呼ばれて調子に乗っている哀れな奴として認識していた。

しかしながら、ルミナスへの忠誠心は高く、常にルミナスのためを思い行動していた。

小説版では、役割がだいぶ違う。

元々勇者の素質を持っていた男で、西側諸国を経済で支配しようと企んでいた。

小説版になってから出番がすごく増えた人物で、出世キャラと言える。

転生スラの漫画を無料で読む方法は↓から

→マンガ版転生したらスライムだった件を無料で読む方法

グランベル・ロッゾの登場・活躍シーン(※Web版の転生したらスライムだった件に準拠)

グランベルは、自身の奥さんの魂が宿る少女マリア・グランベルとともに、テンペストに対して様々な謀略を仕掛けていた。

ユウキ・カグラザカとも手を組んでおり、テンペストの繁栄を防ぐために裏で糸を引いていた。

七曜の老師がヒナタを殺そうと動き出したのも彼の仕業。

最後は信奉していたルミナスと敵対し、死闘を繰り広げた。

ルミナス相手に優勢に戦いを進めたのものの、究極スキルを発言したルミナスに逆転勝利を許した。

しかしながら、それはグランベルなりに世界を、そしてルミナスを思っての行動であり、究極スキルに目覚めさせることがそもそもの目的の一つであったため、ある意味では彼の勝利と言えるのだが。

死ぬ間際には、ルミナスに忠言を残したことで、裏切ったふりは演技であったとリムルに見抜かれ、不器用な男と評された。

▼▼転スラのマンガ版を読みたい人はこちら▼▼

最新巻

記念すべき第1巻

▼▼原作小説が気になる人はこちら▼▼

最新巻

記念すべき第1巻

グランベル・ロッゾのスキル・能力・称号など

転スラのアニメを無料で見る方法は↓から。

グランベル・ロッゾと関係が深い人物

テンペスト

魔王

その他

転生したらスライムだった件の記事一覧

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる