Litecoin(ライトコイン)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・購入方法

この記事では、仮想通貨のLiteoin(ライトコイン)について、その特徴や価格、チャートなどについて紹介しています。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

通貨名ライトコイン(Litecoin)
通貨略号LTC
公開日2011年10月
時価総額順位4位
発行上限枚数8400万枚
国内取引所coincheck(コインチェック)
国外取引所Poloniex(ポロニエックス)
公式サイトライトコインの公式サイト

Litecoin(ライトコイン)の基本情報

ライトコインとは、略号がLTCの仮想通貨(暗号通貨)です。2011年10月に元GoogleエンジニアのCharlie Lee氏によって公開されました。

基本的にはオープンソースであるビットコインをもとにしています。特徴はビットコインとほぼ変わらず、改良によってビットコインよりも性能が高くなった仮想通貨です。

基本的な通貨の仕組みはほとんど同じで、「ビットコインを金とするならライトコインは銀を目指す」というコンセプトで作られています。

実際の金と銀のように、ライトコインは、希少性はビットコインよりも低いけど、流通や取引に利用しやすいようになっています。

また、ライトコインは、ビットコインと同様にオープンな仮想通貨であり、管理する団体や組織はありません。

不特定多数のマイナーが、ライトコインのブロックチェーンを作成していきます。仕様変更も参加者の同意によって行われるために政府など中央管理の意向に左右されない貨幣です。

P2Pネットワークを使った取引売買をすることや買い方の基本もビットコインと変わりません。

 

ビットコインから改良された点

マイニング(採掘)難易度の違い

金であるビットコインは、マイニングの難易度が上がり、一般的な性能のコンピューターでは採掘不可能になってしまいました。

その点、銀であるライトコインは、ビットコインよりもマイニングが簡単に行えるよう設計されています。ですので、一般的な性能のコンピューターでもマイニングが可能となっています。

 

発行総量の違い

ビットコインは発行総量が2100万BTCと決められています。ライトコインはビットコインよりも発行総量が多く、その数は8400万LTCとなっています。

市場に出回る量が多くなることで、流動性が増し、活発な取引が期待できます。そのぶん希少価値はなくなりますので、ビットコインのような高騰は難しくなります。

 

決済スピードの違い

ビットコインは、その決済スピードの遅さが以前から問題視されています。決済に10分程かかってしまうため、日常的な商品の購入や飲食代の支払いなどの利用には不向きです。

その問題を解消すべく、ライトコインは決済スピードも改良しており、およそ2.5分で処理が完了します。

 

Litecoin(ライトコイン)の特徴

  • 略号はLTC
  • 発行上限枚数はビットコインの4倍の8400万枚。
  • 取引スピードは4分の1の2.5分。
  • マイニングの難易度がビットコインよりも低く、一般的なCPUでも可能。
  • セグウィット(Segwit)を実施した数少ない仮想通貨

 

ライトコインの発行上限は8,400万枚

ライトコインの発行上限は8,400万枚で、世界で最も普及しているビットコインの4倍の量になっています。

 

取引スピードは2.5分

ライトコインは、ビットコインに比べて4倍の速さで送金を行うことが可能です。送金してから完了するまでの時間が、約2分半に設定されています。そのため、ビットコインに比べ、利便性が高まったと言えます。

現在は、送金完了までの時間が2分半よりもはやい仮想通貨は数多く存在しますが、初期から流通している仮想通貨ということで、2017年現在でも流通額のTOP10に入っています。

初期のアルトコインということで、今でも多くの保有者がおり

が、今ではMonero(モネロ)やDASHといった、より取引承認時間の短い暗号通貨(仮想通貨)も登場しており、送金時間の短さという優位性はありません。

 

セグウィットを実施した数少ない通貨

セグウィット(SegWit)とは、取引処理能力を向上させる手段の一つです。取引履歴を圧縮してデータ量を小さくする処理のことで、パソコンのフォルダを圧縮して動作を軽くするのによく似ています。

ビットコインに代表される仮想通貨は、取引処理能力(スケーラビリティ)が重要課題とされています。

セグウィットという圧縮作業を実施することで、ブロックチェーン上の作業処理を軽くなるため、仮想通貨の発行上限枚数を増やすことができます。

ライトコインは2017年4月、ビットコインに先駆けてセグウィットを実施し、その期待感から価格が上昇しました。リリース以降、価格の低迷が続いていたライトコインですが、セグウィットが話題になったことで大きな値上がりを見せています。ライトコインのセグウィットの成否は、ライトコインのセグウィット採用の有無や価格の変動にも影響を及ぼすだろうと考えられています。

 

Litecoin(ライトコイン)のチャート・価格推移

Litecoin(ライトコイン)のチャートは、Crypto Currency MarketCoinGeckoなどで確認できます。



ライトコインは長らくビットコインに次ぐ時価総額第2位の仮想通貨でしたが、2016年にイーサリアムに抜かれ、現在は4位~5位につけています。

2017年の仮想通貨のブームにより、価格は一時9,000円程度まで上昇したこともあります。昔は、これといった特徴がないため、地味で値動きのあまりない仮想通貨でしたが、仮想通貨業界全体が盛り上がるにつれ、その存在が見直されています。

現在もですが、400円~500円台で推移していることが多くなっています。今後上昇する可能性はありますが、ビットコインにはない機能を持っているイーサリアムやDASHが人気を集めていることを考えると、投資対象としての魅力はそこまでないと言えるかもしれません。
ライトコインはSegwit承認により価格が高騰しています。5月には一時4,600円台を記録しました。現在は3,000円~4,000円台で推移していることが多いです。

 

Litecoin(ライトコイン)の購入方法・取引所

日本の取引所ではcoincheck(コインチェック)とbitbank.ccが取り扱っています。

海外の取引所だと、Poloniex(ポロニエックス)やOkcoinが扱っています。Poloniexは世界最大級の取引所で英語サイトになります。100種類程のアルトコインを扱っているので、口座を持っておくと便利です。Okcoinは中国の取引所で、世界的な取引所として有名です。

 

海外の取引所で取引するには、国内で口座を開設し、BTCなどで送金する必要があります。マイナーな取引所では、あとで倒産や資金が取り出せないといった危険があるため、まだ口座をお持ちでない方は、大手のコインチェックザイフビットフライヤーで口座を開設しておくのが安全です。

それぞれの取引所で口座を開設する方法は、下の記事で紹介していますので、「何から始めたらいいかわからない…」という方は参考にしてみてください。

 

まとめ

以上、Litecoin(ライトコイン)について紹介しました。

この記事を読まれた方の中には、「ライトコインについて興味が出たけど、自分で購入するのはちょっと不安 or 購入するお金がない」という方もいらっしゃるかと思います。

そういう方向けに、自分のお金を使わずに仮想通貨を入手する方法というものがあります。一つはアフィリエイトとよばれる方法、もう一つはポイントサイトを利用する方法で、どちらも副業として人気トップクラスの方法です。

例えば、取引所のコインチェックのアフィリエイトでは、1人紹介すると最大23,000円の報酬が支払われますし、ポイントサイトのモッピーであれば、紹介数が増えると毎月10万円の収入をなにもせずに稼ぐことも可能です。

 

下の記事でやり方を紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。
ビットコインなどの仮想通貨の取引を始めたいという方は、国内大手のコインチェックザイフビットフライヤーからどうぞ!

アフィリエイトやポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はこちらから

 

ビットコイン
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 


 
GMOコイン
ビットトレード
 



<script>” title=”<script>


<script>
<script>


<script>

記事が参考になった方はフォローしてくださると励みになります!


当サイトからの登録人気No.1
積立投資ができる取引所Zaif

・ビットコインとネムの手数料が国内最安
・取扱いコイン数も国内No.1
・中級者以上からの支持があつい
・積立投資で仮想通貨資産を増やせる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です