漫画もドラマもアニメも楽しむならU-NEXT

【転スラ 人物紹介】魔王フレイ|天空の支配者にしてミリムの保護者【※ネタバレあり 転生したらスライムだった件】

転生したらスライムだった件の”フレイ”についての情報をまとめています。

※ネタバレがあるので、まだ読んでいない方はご注意ください。情報は編集中ですので、随時更新していきます。

 

フレイは、天空の支配者で十大魔王。

リムルがワルプルギスに参加した際に、自分の実力不足を認識しており、魔王であることを辞退してミリムの配下に入った。
新参の魔王であるため、実際、カリュブディスに苦戦するレベルであり、古参の魔王に比べて実力が劣っていた。
クレイマン、カリオン、ミリムの4人でよくつるんでいた。
ミリム配下になった後は、秘書的な立場でミリムの国をまとめている。しかしミリムが抜け出してリムルのもとに行くため、いつも苦労している。
リムルの元にいるミリムを発見し、周囲が凍るような恐ろしい微笑を浮かべて、ミリムが言い訳をし、リムルやラミリスが裏切るところまでがセットとなっている。

 

フレイの登場・活躍シーン(※Web版の転生したらスライムだった件に準拠)

フレイの初登場は、クレイマンとの会議の場。

自分の実力を冷静に把握して、このままで生き残りは難しいと判断し、ミリム・ナーヴァの配下になることを選択した。

クレイマンの企みを看過するなど状況判断能力に優れている。

 

フレイのスキル・能力・称号など

フレイは究極スキルには目覚めておらず。作中での戦闘シーンはなし。

 

などさまざま強力なスキルを持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください