漫画もドラマもアニメも楽しむならU-NEXT

【転スラ 人物紹介】魔王カリオン|獣人の王にしてライオンマスク【※ネタバレあり 転生したらスライムだった件】

転生したらスライムだった件の”カリオン”についての情報をまとめています。

※ネタバレがあるので、まだ読んでいない方はご注意ください。情報は編集中ですので、随時更新していきます。

 

獣人国ユーラザニアの王にして、十大魔王の一人。

誇り高い魔王で、ミリム・ナーヴァに敗北したことをしっかりと受け止め、敗北した以上は魔王と名乗るわけにはいかないといい、配下になることを決断した。

ゴブタとは、ミリムの地獄の特訓を一緒にした仲で、お互い実力を認め合っている。

 

カリオンの登場・活躍シーン(※Web版の転生したらスライムだった件に準拠)

カリオンは序盤から終盤まで登場する魔王。

リムルとは気が合い、テンペストとユーラザニアの国交を結ぶなど、かなり友好的な関係を築いていた。

クレイマンの企みを暴くために演技していたミリム・ナーヴァに国ごと滅ぼされた。

 

テンペストの武闘大会にはライオンマスクとして登場。

ミリムからは優勝を命じられていたが、魔王級の実力を誇るリムル配下たちとの戦いで敗北。

その後、ミリムの厳しいシゴキを受けることとなった。

途中からはネタキャラ扱いされている可哀想なキャラである。

しかしながら男気があり裏表もない性格であるため、部下からの信頼は厚い。

ヴェガとの戦いにおいては、成長した実力を披露したが、如何せん相手が悪かったため活躍はできなかった。

 

カリオンのスキル・能力・称号など

作中では強力な技をいくつも出したが、毎回相手が格上だったため、格好いい出番はほとんどない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください