DMM Bitcoinの口座開設で最大5,000円プレゼント実施中

結婚式司会で稼ぐ方法は|特徴・評判・メリット・デメリット

人気の副業はたくさん存在しますが、人前に立つのが好きだという方に特に人気が高まっているのが、結婚式司会です。専門的な知識やスキルが必要と考えている方も少なくありませんが誰でも副業にできます。

ここではあまり一般の方には知られていない結婚式司会の基本情報やメリット・デメリットなどを紹介します。

 

結婚式司会の基本情報

結婚式司会といえば、有名芸能人やアナウンサーなど芸能事務所などに所属していなければできない職業と考えている方も少なくありません。

もしくは結婚式場やブライダル会社に所属している専任の人というイメージはないでしょうか。実は結婚式司会はアルバイトなどで副業として行っている方が多い職種です。

司会者養成スクールやアナウンススクールなどで学ばなければ、働くことはできないかといえば、そうではなく独学で十分に学ぶことはできますし、副業として働くことも可能です。

ただし最低限でも、おめでたい席を盛り上げるコツを把握していたり、発声方法などは知っておく必要があると言えるでしょう。

 

結婚式司会にはどんな特徴があるの?

結婚式の司会といっても、大きく3種類に分かれます。ブライダルフェアなどの司会と、人前式の司会つまり、教会スタイルの結婚式でいうところの牧師役。

最後に結婚披露宴の司会になります。それぞれに覚えるべきことやコツなどは変わってきますから、事前にリサーチしておく必要があるでしょう。

最大の特徴は報酬が高いということ。日給1万5,000円から2万円前後が相場とされています。もう一つの特徴は拘束時間がある程度長いこと。

当日も5時間前後の拘束時間が発生しますし、式の一週間前などに進行の確認などを行う必要も出てきます。

結婚式司会のメリットは?

  • 報酬が高くやりがいが高く感じられる仕事

 

報酬が高くやりがいが高く感じられる仕事

結婚式司会のメリットは、やはり祝福ムードのめでたい席で新しい門出を迎える二人を祝うやりがいの高い仕事ということではないでしょうか。

それでいて報酬が他の副業と比較しても高めであること。こちらも幸福感に満たされますし、それでいて報酬が高いわけですから、他の副業ではなかなか味わえない環境と言えるでしょう。

 

結婚式司会のデメリットは?

  • いつでも仕事があるわけではない

 

いつでも仕事があるわけではない

結婚式司会のデメリットは、安定性が低いということです。毎日結婚式があるというわけではありませんし、ジューンブライドのように忙しい時期もあれば、暇な時期もあり依頼はまばらです。

全国を飛び回れれば問題ないでしょうが、時間が限られている副業として働く場合には現実的ではありません。自分が働きたいタイミングで結婚式司会の仕事が巡ってくる保証がないのがデメリットと言えるでしょう。

 

結婚式司会の始め方

一般的なルートの場合にはアナウンススクールなどに通い、そこからプロダクションや事務所に所属をして仕事をもらうというケースです。しかしこれは本業で働く場合のルートですね。

副業の場合には、司会者業を本業にしていて、その実績があり独自のルートを持っている方であれば個人での営業で仕事の依頼は受けられます。

しかし本業があり、これから始めたいという方ならインターネット求人から探すか、派遣会社に登録をして紹介してもらうかといったルートになるでしょう。

 

主なサービス一覧

  • マイナビ
  • タウンワーク
  • Indeed

 

結婚式司会はどういった人にオススメか?

結婚式司会者に向いている人は、盛り上げ上手だということ。他人の幸せを心から祝福することができ、それにプラスして場を盛り上げたり、楽しませたり、褒め上手である人がマッチしています。

また発生や滑舌、イントネーションなどの基本ができている人。人前で緊張しないという方が向いている副業といえるでしょう。

 

まとめ

主婦などの間でも人気になっている副業が結婚式司会の仕事。最低限のスキルは必要になりますが、盛り上げ上手な人であれば、十分に依頼が舞い込む可能性が高く、報酬が高い狙い目の副業と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください