DMM Bitcoinの口座開設で最大5,000円プレゼント実施中

Veritaseum(ヴェリタシアム)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

Veritaseum(ヴェリタシアム)

この記事では、仮想通貨のVeritseum(ヴェリタシアム)について、その特徴などを紹介しています。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

通貨名Veritaseum(ヴェリタシアム)
通貨略号VERI
公開日2017年
時価総額順位下のRANK参照
発行上限枚数
取り扱い国内取引所なし
取り扱い海外取引所EtherDelta
公式サイトVeritaseumの公式サイト
ホワイトペーパーVeritaseumのwhitepaper

初めに述べておくと、本サイトではヴェリタシアム(Veritaseum)の取引はオススメしません

時価総額としては上位の仮想通貨ですが、公式サイトにはVeritaseumについての情報がほとんどありませんでした。さらに、ホワイトペーパーらしきものには、Gnosis(グノーシス)についての見通しやグノーシスのホワイトペーパーからの引用などが延々と書かれていました。

初めは見るサイトを間違ったのかと思いましたが、VeritaseumのGitHubページなどを確認しても、ロクに情報が書かれていませんし、さらには、英語の間違いなども他サイトにはないぐらい多いという状況でした。

取引する際は、詐欺の可能性も疑い、自分で十分に調査することをオススメします。

Veritaseum(ヴェリタシアム)の基本情報

Veritaseum(ヴェリタシアム)は略号がVERIの仮想通貨です。2017年に公開されました。

ヴェリタシアムは、Reggie MiddletonとMatt Bogosian(ソフトウェアアーキテクト、エンジニア)とVeritaseum Inc.のチームによって開発されました。

Reggie Middletonは、世界的に有名なFinTechのアメリカ人投資家でもあり、ストラテジストかつアナリストという人物です。Matt Bogosianは、Amazon、Yahoo、Grand Centralでの15年の経験を持つ特許および知的財産権の弁護士です。

Veritaseumは、個人や法人が、銀行なしでローンを組んだり、弁護士なしで契約を結んだり、ブローカーなしで株式売買をすることを可能にしているとのことです。

ブロックチェーンという革新的な技術を利用することで、あらゆるビジネスで老若男女が、自分のお金や資産を個人的に管理でき、ほぼ自由に世界中に移動させることができます。さらには、信用損失や詐欺のリスクを伴わない任意の金額の投機的、投資およびヘッジ取引を行うことができるそうです。

また、ヴェリタシアムはピアツーピアネットワークを使うそうで、BitTorrent(ビットトレント)のようなものであるとのことです。 ビットトレントというのは、インターネットを介して大量のデータを配信するために転送される、ピアツーピアファイル共有の実践のためのプロトコルです。

ピアツーピアネットワークは、2009年2月時点では、全インターネットトラフィックの約43%〜70%を占めていたと推定されています。

そしてビットトレントは、2004年11月には、全インターネットトラフィックの35%を占めていました。2013年2月時点では、ファイル共有系のトラフィックが全世界の帯域幅の6%を占めていましたが、BitTorrentは全世界の帯域幅の3.35%と半分以上を占めていました。

ヴェリタシアムは、お金などの価値のためのプログラム可能なビットトレントだそうです。

一応、Veritaseumブロックチェーンのスマートコントラクトは、プログラムで制御可能で、グローバルであり、また、破棄不能です。

従来の銀行というのは、取引相手や貿易相手に対して、デューデリジェンス(対象企業や不動産・金融商品などの資産を調査すること)を行います。そのため、十分な信頼がないと取引ができませんでした。

しかし、ヴェリタシアムは、このように取引または契約の相手方を調査する必要がなく与信なしで取引可能とのことです。つまり、カウンターパーティーと信用リスクが全くないということです。その仕組みについての説明は当然ありませんでした。

 

Veritaseum(ヴェリタシアム)の特徴

  • 通貨の略号はVERI
  • 公式サイトに通貨に関する情報がない
  • 公式サイトにヴェリタシアムと関係ない経済情報が多い
  • 海外での評判を見ると、公式サイトのことをゴミと罵っている人もいた

 

Veritaseum(ヴェリタシアム)の価格推移・チャート

Veritaseum(ヴェリタシアム)4

Veritaseum(ヴェリタシアム)のチャートは、Crypto Currency MarketCoinGeckoなどで確認できます。

 

Veritaseum(ヴェリタシアム)の購入方法・取引所

Veritaseum(ヴェリタシアム)を取り扱う世界の取引所は下のとおりです。

Veritaseum(ヴェリタシアム)5

日本の取引所では、Veritaseum(ヴェリタシアム)を取り扱っていません。

海外の取引所では、EtherDelta(イーサデルタ)などで取り扱っています。世界の大手取引所のPoloniexやKraken、Bittrexなどで取り扱われていません。取り扱わないなにかしらの事情があるものと推測されます。

 

海外の取引所で取引するには、国内で口座を開設し、BTCなどで送金する必要があります。マイナーな取引所では、あとで倒産や資金が取り出せないといった危険があるため、まだ口座をお持ちでない方は、大手のビットフライヤーコインチェックザイフで口座を開設しておくのが安全です。

それぞれの取引所で口座を開設する方法は、下の記事で紹介していますので、「何から始めたらいいかわからない…」という方は参考にしてみてください。

◼︎ビットフライヤー(bitFlyer)で口座を開設する手順・方法 
◼︎コインチェック(coincheck)で口座を開設する手順・方法
◼︎ザイフ(Zaif)で口座を開設する手順・方法

 

まとめ

以上、Veritaseum(ヴェリタシアム)について紹介しました。

ビットコインの登場以降、その成功にあやかり、多数の仮想通貨が生まれていますが、詐欺も多いため投資するには十分な注意が必要です。

投資するなら初期から出ている仮想通貨の方が安全性が高いです。そういう意味では、ビットコインへの投資は仮想通貨投資の中では、最も手堅い戦略の一つですが、値段が高いですし、絶対に安全と言い切れないのも事実です。

そのため、仮想通貨に興味はあっても、「自分のお金で購入するのはちょっと不安 or 購入するお金がない」という方もいらっしゃるかと思います。

そういう方向けに、自分のお金を使わずに仮想通貨を入手する方法というものがあります。一つはアフィリエイトとよばれる方法、もう一つはポイントサイトを利用する方法で、どちらも副業として人気トップクラスの方法です。

例えば、取引所のビットフライヤーのアフィリエイトでは、1人紹介すると最大23,000円の報酬が支払われますし、ポイントサイトのモッピーであれば、紹介数が増えると毎月10万円の収入をなにもせずに稼ぐことも可能です。

 

下の記事でやり方を紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。
ビットコインなどの仮想通貨の取引を始めたいという方は、国内大手のビットフライヤーコインチェックザイフからどうぞ!

オススメの副業・稼ぎ方はこちら
アフィリエイトやポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はこちらから

◼︎コインチェックのアフィリエイトで稼ぐ方法(1人紹介:最大23,000円
◼︎ビットフライヤーのアフィリエイトで稼ぐ方法(1人紹介:最大23,000円
◼︎ザイフのアフィリエイトで稼ぐ方法(1人紹介:最大18,000円
◼︎ポイントサイトで稼ぐ方法(1人紹介:数百円紹介された人の獲得ポイントの30〜50%
◼︎モッピー(moppy)で月5,000円〜10,000円稼ぐ方法
◼︎ハピタスで月5,000円〜10,000円稼ぐ方法

 

情報を更新していく時間を確保するためにも、取引所の口座開設を考えている方は、下のリンクから取引所に登録していただけると励みになります。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください