漫画もドラマもアニメも楽しむならU-NEXT

【転スラ 人物紹介】ゴブゾウ|元ゴブタの部下で紫克衆の中核メンバー【※ネタバレあり 転生したらスライムだった件】

転生したらスライムだった件の”ゴブゾウ”についての情報をまとめています。

※ネタバレがあるので、まだ読んでいない方はご注意ください。

 

『転スラ』のアニメやマンガを無料で楽しむなら、下のサービスの無料キャンペーンの利用がオススメです!

アニメはこちら → U-NEXT

漫画がこちら → FODプレミアム

どちらも無料登録するだけで31日間利用できるキャンペーン中。

いつでも解約できて解約料金も一切なしなので、”転スラ好き”にはたまらないサービスとなっています。

キャンペーンはいつ終わるかわからないので、ご利用は今のうちに

 

 

ほかのお得ワザも知りたい方は「アニメを無料で見れる方法まとめ」や「漫画村の代わりに漫画が読めるオススメサイト25選」からどうぞ!

 

ゴブゾウって何者?|転スラ

 

序盤から登場している古株メンバー。

性格はおっとりしており、ゴブタと仲良し。

 

シオンのことを狙っているが、周囲にはバレている。

シオン狙いということを周囲の者が知っていたため、キララ・ミズタニに痴漢疑惑をでっち上げられたときには、犯人にならずに済んだ。

小鬼族(ゴブリン)→人鬼族(ホブゴブリン)と進化しているが、テンペストとファルムス王国の騒動の際に、不死属性を得て紫克衆(ヨミガエリ)の中核メンバーとなった。

 

転生スラの漫画を無料で読む方法は↓から

→マンガ版転生したらスライムだった件を無料で読む方法

 

ゴブゾウの登場・活躍シーン(※Web版の転生したらスライムだった件に準拠)

比較的序盤から登場しており、日常パートでの出現が多い。

 

ファルムス王国の異世界人3人組(ショウゴ・タグチ、キョウヤ・タチバナ、キララ・ミズタニ)が攻めてきたときに、戦闘に巻き込まれ死亡する。

戦闘能力は低くないものの、四方印封魔結界(プリズンフィールド)が発動して弱っていたことに加え、シュナを庇うために重傷を負い、死亡した。

 

しかし、リムルが魔王化したさい、魂を回収してシオンたちと一緒にゴブゾウも蘇った。

そのときに、不死属性を得た。

その後、テンペストの部隊の中でも悪名高い、不死のメンバーだけで構成される紫克衆(ヨミガエリ)のメンバーとなる。

シオン親衛隊の一人でもある。

 

転スラの漫画ネタバレが気になる方は↓から

→転スラの漫画ネタバレ一覧

 

ゴブゾウのスキル・能力・称号など

特にスキルを有していない。

紫克衆(ヨミガエリ)になってからは、不死という能力を得る。

戦闘能力も高く、Aランク相当の実力を持つ。

 

転スラのアニメを無料で見る方法は↓から。

 

 

ゴブゾウと関係が深い人物

 

テンペスト

 

転生したらスライムだった件の記事一覧

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください