漫画もドラマもアニメも楽しむならU-NEXT

【転スラ 人物紹介】魔王ディーノ|最も怠惰な魔王【※ネタバレあり 転生したらスライムだった件】

転生したらスライムだった件の”ディーノ”についての情報をまとめています。

※ネタバレがあるので、まだ読んでいない方はご注意ください。情報は編集中ですので、随時更新していきます。

 

ディーノは、堕天族の魔王で、天界から堕落して魔王となった人物。

堕天したという点で、ラミリスとは気があう部分も多く、仲がいい。

ダグリュールのところで長年世話になっており、ダグリュールとも仲がいい(同じ四凶天将ということもあるが)。

 

実際は、天界側から派遣されたスパイで、ギィ・クリムゾンの指示に従って地上の情報を集めたりしていたが、それも含めて情報を天界に流していた。

二つ名は、眠る支配者(スリーピング・ルーラー)。

 

 

ディーノの登場・活躍シーン(※Web版の転生したらスライムだった件に準拠)

旧魔王よりも強いベレッタやアダルマンを楽々相手にするなど、その実力は高い。

”監視者”という役目を与えられていた。

ヴェルダの思考誘導によって、ヴェルダナーヴァの命に従っていると思い込んでいた。仲間たちやリムルのお膳立てもあって目を覚まし、熾天使の仲間2人(ピコとガラシャ)とともにヴェルダの元から去る。

 

ラミリスの殺害を試みた際には、ベレッタ、アダルマン&アルベルトと連戦を続けても勝利を収めた。その後やってきたゼギオンに完膚なきまでに叩きのめされる。

さらに四凶天将としての力を解放後は、魔素量だけならゼギオンを上回るレベルであったことが発覚する。

その時の戦闘スタイルは、聖剣と魔剣を使いこなす二刀流。

迷宮の力を吸収して暴走したゼロを、ゼギオンたちと共に打ち倒す。

 

ディーノのスキル・能力・称号など

ユニークスキル『怠惰者(ナマケモノ)』を所持。

対象者を堕落させることができる。

堕落した者を配下に加えると同時に、その能力を奪うというもの。

のちに究極スキル『怠惰之王(ベルフェゴール)』を獲得。普段働いていなければいないほどに、力を増すという特殊効果がある。

 

強力な催眠誘導の効果があり、意志の力による抵抗は無意味で、眠りの必要なものは必ず目覚めぬ眠りに落ちる凶悪なスキル。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください