QUOINEX(コインエクスチェンジ)の特徴と評判|手数料・アプリの口コミから登録方法まで紹介

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の特徴と評判|手数料・アプリの口コミから登録方法まで紹介

QASHを国内できる唯一の取引所」ということで有名なQUOINEX。ハッキング被害を受けたことがないとCEOが宣言したことでも知られています。

これからQUOINEXを利用してみよう!」と考えている人は、QUOINEXの評判や口コミ、使いやすさが気になりますよね?

この記事では、仮想通貨取引所QUOINEXについて、その特徴や評判・クチコミ、手数料などを総合的に紹介しています。

QUOINEXの登録方法や、QASHについての情報は、下の記事をご覧になってみてください!

 

 

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!

【1位】Zaif(ザイフ)【ビットコインの手数料が1番安い取引所!取り扱いコイン数もNo.1!】

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)【ビットコイン売買量とセキュリティは国内No1!】

【3位】bitbank(ビットバンク)【リップル、ライトコインの購入はココが一番お得!】

【4位】QUOINEX【国内でQASHが買えるのはここだけ!セキュリティ・手数料も優秀!】

【5位】GMOコイン【大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所】

 

QUOINEXの情報
運営会社QUOINE株式会社
資本金約20億円(資本準備金含む)
設立2014年
取り扱いコインBTC、BCH、ETH、XRP、QASH
セキュリティ2段階認証ログイン
コールドウォレット
マルチシグネチャウォレット
現物取引手数料無料
信用取引/先物取引なし/レバレッジ最大25倍
信用取引/先物取引手数料0.03%(新規建、決済時)
日本円出金手数料無料
BTC出金手数料無料
入金方法銀行振込

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の基本情報

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の特徴と評判|手数料・アプリの口コミから登録方法まで紹介2

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、2017年9月に日本で最初に金融庁から仮想通貨交換業の認可を得た仮想通貨取引所です。

2014年にシンガポールで設立されたQuoineという会社によって、QUOINEXは運営されています。

もともとは日本の取引所ではありませんでしたが、2017年の途中から、本社を日本に移しました。

昔から日本での展開にも力を入れていた取引所で、ほかに日本に力を入れていた取引所としてはKrakenがありました。こちらは2018年に撤退しています。

Quoineの資本金は20億円あるため、ほかの新興の取引所よりも安定した運営が可能です。

QUOINEXの読み方は、「コインエクスチェンジ」なのですが、別の仮想通貨取引所で「coinexchange」という名前のところがあります。

カタカナで検索すると、そちらがヒットする場合が多くなっています。

海外展開を広く行なっているため、世界各国の通貨で入金が可能です。

円、米ドル、ユーロはもちろん、元、豪ドル、ルピーなど主要国の通貨であれば、だいたい入金できます

 

通貨ペア数22種類を宣伝していますが、実際に取引できる仮想通貨は多くありません。

 

QUOINEXで買えるコインと通貨ペア

QUOINEXで取り扱っている通貨は、以下のとおりです。

QUOINEXで買えるコインと通貨ペア

  • 仮想通貨:BTC、ETH、BCH、XRP、QASH
  • 法定通貨:JPY、USD、EUR、AUD、HKD、SGD、CNY、PHP、INR、IDR

2017年は、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、キャッシュの4種類だけでしたが、2018年にはリップルが追加されています。

 

2018年にQUOINEXに追加予定のアルトコイン

QUOINEXでは、2018年1月30日から以下の4つのコインも売買できる予定でした。

しかしながら、コインチェックの事件が起きてしまったので、金融庁からの審査が厳しくなり、2018年3月時点では、リップルしか追加されていません。

販売所であったコインチェックに比べると、手数料は安くなることが予想され、コインチェックを使っていた人がQUOINEXに流入してくることが考えられます。

 

世界展開しているということもあるので、取引所の規模などは世界的に見ても大きい方に該当します。

QUOINEXでは、現物・レバレッジともに取引手数料は無料です。

レバレッジ取引の場合は、個人アカウントでは25倍、法人アカウントでは50倍までのレバレッジをかけることができます。

QUOINEXのクイック入金には、380の銀行が対応していて、24時間365日対応できる態勢が整っていますし、iOS・Androidともにスマホ対応しています。

QUOINEXでは、以前はスマホアプリがありませんでしたが、2018年時点では、アプリも登場しています。ただし、使い勝手は悪いという評判です(後述)。

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の特徴

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の特徴と評判|手数料・アプリの口コミから登録方法まで紹介3
  • シンガポールで設立された会社Quoineが運営
  • サイトは日本語対応
  • QuoineはQUOINEX以外にもQryptosという取引所を運営している
  • クイック入金が24時間365日対応している
  • さまざまな法定通貨に対応している
  • スプレッド幅が小さい
  • コールドウォレット、マルチシグによる最高水準のセキュリティ対策
  • LINEでの問い合わせにサポートが対応
  • スマートフォン対応で、いつでもどこでもトレード可能

 

仮想通貨FXスプレッド幅が小さい

外国為替FXと同様にレバレッジを効かせた取引が可能となっています。

FX取引をされた経験がある方にはお馴染みの、売値(Bid)と買値(Ask)を同時に提示する『2wayプライス(Bid, Ask)』方式での取引を行うことが可能です。

レバレッジは個人アカウントで最大25倍、法人アカウントで最大50倍までかけることが可能です。

スマホ専用のアプリはありませんが、サイトがスマホ対応となっているので、問題なく取引ができます。

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)のメリット

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の特徴と評判|手数料・アプリの口コミから登録方法まで紹介4
  • クイック入金が24時間365日対応している
  • 取引所の規模が大きい
  • 手数料が安い
  • 高いレバレッジをかけられる
  • さまざまな通貨で入金が可能
  • 親会社の信頼性が高い
  • セキュリティが高い

 

セキュリティが高い

QUOINEXでは、仮想通貨の管理が徹底されていて、今までにハッキング被害にあったことがないと、CEOが明言するぐらいです。

何度も問題を起こしているコインチェックなどに比べると、QUOINEXには安心して資金を預けることができます。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)のデメリット

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の特徴と評判|手数料・アプリの口コミから登録方法まで紹介5
  • 本社がシンガポールにあるは日本に移転した
  • 取り扱い通貨が少ない
  • 個人情報の入力で勤め先を入力する項目がある
  • 入金や送金のスピードが遅い
  • アプリが使いにくい

 

本社がシンガポールにある

※2017年12月時点ですでに本社は日本に移転しています。

サイトが日本語対応しているので、ついつい忘れがちですが、QUOINEXはシンガポール本社の意向に従います。

日本の法律ではなく、シンガポールの法律によって運営状況が大きく変わりかねないので、その動向には常に気をつけておく必要があります。

 

個人情報の入力で勤め先を入力する項目がある

QUOINEX(コインエクスチェンジ)以外の取引所では、勤め先の情報入力を求めてくるところはごく一部です。

かなり私の主観が入りますが、情報漏洩したときに勤め先まで漏洩するというのには、抵抗があります。抵抗を何も感じない人であれば、全くデメリットにはなりません。

 

入金や送金のスピードが遅い

メリットでQUOINEXのセキュリティが高いと述べましたが、その反面、手続きに時間がかかるため、入金や送金の反映スピードが遅くなっています。

これについては、コインチェック事件以降、よく聞かれるようになっているため、取引認証に慎重になっている影響しているのでしょう。

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の評判・口コミ

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の特徴と評判|手数料・アプリの口コミから登録方法まで紹介6

世界展開を行なっているQUOINEX(コインエクスチェンジ)ですが、英語圏がメインということもあり、日本での口座開設などには難があるようです。

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)のアプリの評判・評価

QUOINEXのアプリは、評判が著しく悪く、いい評判を見つけるのが難しいほどでした。

ただし、2018年6月からはライト版のアプリが登場するということで、使いやすくなるかもしれません。

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の入金・出金・送金・取引手数料

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の各種手数料は、以下のとおりです。

QUOINEXの売買手数料

QUOINEX(コインエクスチェンジ)における、ビットコインの売買手数料は、基本無料となっています。

仮想通貨現物売買
取引手数料原則無料(イーサリアムは除く)

 

QUOINEXの入出金手数料

入金出金
手数料
  • 振込入金: 振込手数料は各自負担
無料

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)のセキュリティ・安全性

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の特徴と評判|手数料・アプリの口コミから登録方法まで紹介7
  • 2段階認証がある
  • コールドウォレットがある
  • マルチシグネチャを採用

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)では、大半の通貨をオフラインのコールドウォレットに保管して管理しています。

「コールドウォレットで100%保管している」、「QUOINEXは今までハッキングを受けたことがない」といった情報がCEOから発信しています。

それが本当であれば、ハッキング等によるリスクはかなり低いといえるでしょう。

実際に、QUOINEXでそういったトラブルの声を聞いたことがありませんので、セキュリティ重視の方には非常にオススメできる取引所です。

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の口座開設・登録方法

QUOINEX(コインエクスチェンジ)に登録するまでの流れは以下のようになります。

  1. QUOINEXのHPで必要事項を入力する
  2. メール認証を済ませる
  3. 本人確認書類をアップロードする

 

手続きはこれだけですので、本人確認書類の画像さえ用意してしまえば、あっという間に登録することができます。

QASHの将来性などに期待される方は、QUOINEXの口座を開設しておくといいでしょう。

アカウントを開設するまでの細かい流れは、下の記事で紹介していますので、「初めて登録するので不安…」「ちょっとここがわからないんだけど…」という方は、ご覧になってみてください。

 

 

ビットコイン

 

まとめ

以上、QUOINEX(コインエクスチェンジ)について、特徴や評判、手数料を紹介しました。

どっぷり仮想通貨取引にハマった方は、いろいろなコインを扱っている海外の取引所に行き着きますが、まずは国内の取引所から始めましょう。

海外の取引所を利用するためには、国内の取引所からビットコインで送金するのがメジャーな方法です。

仮想通貨に興味がある方は、まずは国内の取引所で口座を開設するのがオススメです。

 

仮想通貨の取引所には、倒産・盗難リスクというものがあります。

本格的に仮想通貨に投資したい(100万円以上)場合、多くの方が複数の取引所で口座を開設して(少なくとも2カ所)、リスクを分散しています。

もちろん、複数の取引所で口座を開設することは必須ではありませんので、リスクと手間を考慮して、最適な運用方法を試行錯誤してみてください。

仮想通貨の取引に興味がある方は、手数料の安さ重視ならザイフビットバンク安全・信頼性重視ならビットフライヤーQUOINEXに登録して始めるのがオススメです!

 

また、この記事を読まれた方のなかには、「仮想通貨に興味はあるけど自分のお金で買うのはちょっと不安…」もしくは「 買うお金がない…」という方もいらっしゃるでしょう。

そういう方は、無料でお金を入手できるポイントサイトを利用したり、副業を始めてお金を稼いではいかがでしょうか?

当サイトではさまざまな副業を紹介していますし、実際にわたしも副業で毎月数十万円以上稼いでいます

下の記事でやり方を紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください!

   

 

 

仮想通貨取引所ランキング|特徴別に比較

仮想通貨取引所の特徴別ランキング
総合ランキング手数料の安さアルトコインの種類
仮想通貨FX安全性の高さ友達紹介制度

 

 

なまはむ
記事が参考になった方はフォローしてくださると励みになります!


当サイトからの登録人気No.1
積立投資ができる取引所Zaif

・ビットコインとネムの手数料が国内最安
・取扱いコイン数も国内No.1
・中級者以上からの支持があつい
・積立投資で仮想通貨資産を増やせる

 

1 個のコメント

  • QUOINEXは土日休み。土曜日から始まるプレセールで24時間以内の入金を義務づけされていたら無理。仮想通貨の取引所で土日休みは有り得ない。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください