漫画もドラマもアニメも楽しむならU-NEXT

漫画村での運営者は億万長者?ぼろ儲けのカラクリ

漫画村というサイトが出来て約半年。

漫画村は閉鎖となりました。

 

その後出来た漫画タウンも閉鎖となり、その後の展開がいろいろと噂されてますが、今のところまだ噂止まりのようですね。

無料で雑誌や漫画が読み放題であれだけ話題になった漫画村ですが、実は運営者はかなりの報酬を得ていたとか…

漫画村の運営者は?既に特定済みか!逮捕はされるの?

無料なのにどうして?って思う方が多いと思いますが、今回はそのカラクリとどのくらい儲けたのか掘り下げていきたいと思います!

 

漫画村の収入はどこから?

漫画村の利用者は完全に無料でマンガを読めたわけですが、なぜ運営者はあのようなサイトを運営していたのか?

要は儲かるからです。

では、「無料なのにどうやって稼いでいたの?」という疑問が湧くかと思いますが、その答えは少し複雑になりますが、主な収入源は広告収入です。

それ以外にも、サイトにアクセスしてきた人のクッキー情報などの個人情報、終盤からは読者のスマホやPCで仮想通貨のマイニングをさせて、収入を得ていたと推測されています。

 

特にアダルトサイトや出会い系アプリなどの広告から収入を得ていたと専門家たちによって分析されています。

 

これらの広告収入はサイトへのアクセス数(pv数)が上がれば上がるほど増えていきます。

実際、漫画村の半年間の訪問者数はCODA(コンテンツ海外流出促進機構)によると6億2000万人と推測されるそうです。

 

ここで重要なのが訪問者=pv数ではありません!

pv数はそのサイトが何ページ見られているかという数で同じ人が何ページも見るとpv数は増えていきます。

漫画村は訪れた人が高確率で何ページ(何巻)も見ると予想できます。シリーズ物のマンガなどは、10巻を超えているので、1冊15分ぐらい読むのにかかるとして、1時間で4冊ぐらいは読める計算です。

また、マンガを探すために、検索で何ページも移動するでしょうから、1人あたり5PVはいく計算です。この数値で計算すると、

半年の訪問者数6億2000万人×5=18億6000万pvとなります。

月間で3億1000万pvです!

これだけ見ただけでもほんとにバケモノサイトです…

 

1億pvを超えるサイトは「ハム速」や「痛いニュース」などトップクラス中のトップクラスのサイトに限られます!!

 

実際はこの倍くらいはアクセスがあったのではないでしょうか?

 

漫画村はどのくらい儲けたの?

さてここからはサイト運営者がどのくらい儲けたのか推測していきたいと思います。

一般的でアフィリエイト界では超有名なGoogleアドセンスだと1pvあたりおよそ0.2円前後だと言われています。

しかし、漫画村の場合アダルトサイトやさまざまな手法を取り入れているので1pvあたりの単価は高いと推測できます。

そこで1pvあたり0.3円と仮定すると

月間3億1000万pv×0.3=9300万円となります。

半年半でおよそ5億以上は稼いでいるのではないでしょうか

これでもかなり少なく見積もっていると思います。

さらに噂では仮想通貨のマイニングや個人情報の転売などをしてるとされています。

これらを加味するとたった半年間で贅沢に一生遊んで暮らせるだけの額は稼いだのではないでしょうか、、

 

それにしても1月に約1億稼ぐなんてすごすぎてもう訳が分かりません、

 

漫画村の今後の展開は?

今回の漫画村騒動はほぼ終息に向かっているようですが

今後も海賊版サイトと規制側のイタチごっこは続きそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください