DMM Bitcoinの口座開設で最大5,000円プレゼント実施中

今話題のクッパ姫とは|マレーシア発のキャラが世界中で人気に

今話題のクッパ姫とは|マレーシア発のキャラが世界中で人気に

日本のみならず、世界中で話題になった「クッパ姫」

スーパーマリオシリーズのボスである”クッパ”を女性キャラ化するという、日本得意のお家芸を、今回は外国人が行い、人気を博しています。

クッパ姫騒動は、任天堂に対してクッパ姫を公式キャラにしてくれとの署名活動が行われるほどの事態にまで発展しました。

この記事では、そんなクッパ姫について、細かい経緯をまとめています。

 

クッパ姫は日本ではなく、マレーシア発の二次創作キャラ

 

漫画界に限らず、有名・人気キャラは二次創作(公式キャラを個人がデフォルメすること)がよく行われています。

クッパ姫が生まれたきっかけは、「スーパーマリオオデッセイ」というゲーム。

このゲームのエンディングで、マリオ&クッパはピーチ姫にプロポーズするのですが、残念なことに、二人とも振られてしまいます。

そのエンディングの続きを創作したのが、下の4コマ漫画。

9万件ほどのリツイート、20万件を超える「いいね」を超えるほどの人気に。

 

海外にも漫画文化が根付いてきているのが伺えますね。

  • 1コマ目
    ピーチ姫にプロポーズ
    マリオとクッパが、ピーチ姫にプロポーズするも振られてしまいます
  • 2コマ目
    二人とも落ち込む
    二人ともプロポーズを断られ、傷心中です。
  • 3コマ目
    閃いたクッパ
    傷心の最中、クッパ大魔王があることを閃きます。マリオはクッパが手にしているものを見て驚きを隠せていません。
  • 4コマ目
    クッパ姫とイチャつくマリオ
    スーパークラウンを被ったことで、女体化してピーチ姫のようになったクッパ(クッパ姫)。その変貌と、クッパ姫とイチャつくマリオに呆然とするピーチ姫&ルイージ

 

慰め合う二人が、スーパークラウンというアイテムを被ったら女体化してピーチ姫のような姿に返信。

発案者の”haniwa”氏は、9月14日に発表された「New スーパーマリオブラザーズ U デラックス」というゲームに発想のヒントを得たもよう。

このゲーム内では、キノピコというキャラが、4コマのように、スーパークラウンを取るとキノピーチに変身します。

この設定を活かし、クッパもスーパークラウンを取ることで、ピーチ姫に似た姿に変身できると考えたようです。

 

クッパ姫がTwitterトレンド一位に

 

9月20日に発表されたこのイラストは、世界中で話題となりました。

日本でも二次創作イラストが次々と描かれ、「クッパ姫」がTwitterトレンドで1位になるまでに。

Twitter上で爆発的に話題となった「クッパ姫」ですが、その魅力にとりつかれた人も多く、任天堂の大人気ゲーム「スマッシュブラザーズ」次回作に出して欲しいなど、任天堂から公式に出して欲しいという署名活動が始まるほど。

クッパ姫のイラストを描く人も続出しました。

 

 

プロの漫画家もトレンドに便乗

プロの漫画家である村田雄介さん(ワンパンマンやアイシールド21の作画)や大川ぶくぶさん(ポプテピピック)なども、クッパ姫を描いたイラストをTwitterで公開している。

 

クッパ姫の公式化を求める騒動にまで発展

 

「クッパ姫」ブームが広がる中、インターネット署名サイトでは、任天堂に対してクッパ姫の公式キャラクター化を求める署名活動が活発に。

「Bowsette is Real」という署名では、「クッパ姫」がネットユーザーに受け入れられていることを説明し、12月発売予定の「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」で公式に登場させて欲しいと要求しています。

この署名は7,000人以上もの賛同者を得ています。

海外ユーザーの署名が多いが、「任天堂はクッパ姫公式キャラ化してください!」という日本語の署名も存在しており、「公式化により多くの方々が二次創作をやりやすくなるはず」としている。

公式化を求める署名が行われる一方で、この動きに反対する「Keep Bowsette Unreal 〜クッパ姫公式化署名反対」も立ち上がる事態に。

反対派は、「クッパ姫」が公式化されると、「クッパ姫にかかわる全ての二次創作が禁止される恐れがある」として、署名の乱立を「馬鹿げた行為。ファンの間だけで楽しむべきである」と批難しています。

 

クッパ姫の話題も終焉?任天堂にはクッパピーチがすでに存在?次はキングテレサ姫?

Twitterでトレンド一位になったクッパ姫ですが、任天堂の過去の設定集に「クッパピーチ」が存在していたことが明らかになると、一気に下火になりました。

近年は、トレンドが過ぎ去るのが本当に早いですね。

 

二次創作に対する厳しいコメントも

ただ、クッパ姫は、公式から許可を得ていない”二次創作キャラ”。

プロ漫画家の中には、今回のクッパ姫が二次創作キャラであることを踏まえて、厳しいコメントを出した人もいます。

こういったコメントが出てから、プロ漫画家で二次創作イラストを投稿していた方も、投稿を削除しています。

同人誌問題は以前から取り沙汰されており、特許や商標問題について定評のある任天堂がどのような対応を取るか、行方が注目されています。

 

クッパ姫がすでに存在していると知ると、キングテレサ姫に移行

 

まとめ|クッパ姫は著作権的にはグレーゾーン

まとめ|クッパ姫は著作権的にはグレーゾーン

以上、クッパ姫についての情報をまとめました。

最近はコンテンツの消費速度が非常に早くなっていますね。

クッパ姫もTwitter上で、話題になったのはたった3日間だけとなり、飽きられるスピードが年々加速しています。

コンテンツを作る方からすると、難しい時代に入っていますが、任天堂を始め、コンテンツを生み出す側の人たちのことを応援したいですね。

 

参考

https://www.huffingtonpost.jp/2018/09/24/kuppa-hime_a_23539620/
https://news.nicovideo.jp/watch/nw3938804
https://www.j-cast.com/2018/09/25339499.html?p=all

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください