ICON(アイコン)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

ICON(アイコン)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

この記事では、仮想通貨のICON(アイコン)について、その特徴や価格、チャートなどを紹介しています。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

通貨名ICON(アイコン)
通貨略号ICX
公開日2017年9月
時価総額順位下のRANK参照
発行上限枚数なし(2018年1月時点で400,230,000 ICXが発行済)
取り扱い国内取引所なし
取り扱い海外取引所Binance(バイナンス)
OKEx
HitBTC(ヒットビーティーシー)
etc.
公式サイトICONの公式サイト
ホワイトペーパーICONのWhite Paper

ICON(アイコン)の基本情報

ICON(アイコン)は、略号がICXの仮想通貨(暗号通貨)です。韓国発のアルトコインで、2017年9月に公開されました。

ICONプロジェクトは、異なるガバナンスを持つ独立したブロックチェーンが、仲介なしに相互に取引することを可能にする分散型ネットワークを構築することを目指しています。

ICXは採掘できず、ICXの新規発行は、毎年C-repの協議によって決まります。また、コンセンサスアルゴリズムには、LFT(Loop Fault Tolerance)という独自のものが使われています。

「theloop」という、 韓国に本社を置くブロックチェーンエンジン開発会社が、ICON Nexusの構築や、色々なスマート・コントラクトの開発を担当しています。

 

ブロックチェーン技術の登場により、現在の経済的システム、とくに中央銀行システムが変革する可能性がでてきています。しかしながら、まだブロックチェーン技術は発展途上で未熟な状態なので、さらにパフォーマンス、使いやすさ、サービス品質といった面を改善する必要があります。

”仮想”通貨といわれるように、現実世界での利用となると、技術的およびビジネス上の制約などのハードルがまだまだあり、利用はごく一部にとどまっています。

ICONプロジェクトは、このような課題を克服し、社会と仮想を接続することをプライオリティ(優先事項)としています。現実世界を暗号世界につなぐというこのような限界を克服するために、ICONが始まりました。

2017年にはさまざまなアルトコインがICOで資金を調達しましたが、実際に利用できるサービスというのは多くありません。2018年1月時点で、ちゃんと利用できるサービスとして代表的なものには、Steemなどがあります。

また、ICONでは、クレジットカードなどよりも決済手数料を下げることも視野に入れています。クレジットカードの決済というのは、裏で複雑なプロセスが行われていて、カード番号、有効期限、請求先住所などなど、さまざまな情報がフロントエンドプロセッサ(FEP)会社など、複数の仲介業者のデータベースで参照され、プロセスの各段階でさまざまな手数料が発生しています。

それに対し、ICONネットワーク上の取引は、コミュニティネットワーク自体で共有される元帳によって検証されるので、不要な仲介業者の関与が省略されるので、決済手数料が大幅に削減されます。

ICONのICOは、1 ICXの価値は0.0004 ETHに固定(1ETH=2,500 ICX)され、150,000 ETHを上限に行われました。いまや定番となっていますが、ICONでも『ICON Foundation』という財団)が、スイスの非営利財団として設立され、このICON財団によって、トークンセール活動はコントロールされています。

ICONは、AIの導入も予定していて、DAYLI Intelligenceによって提供されるAIソリューション『DAVinCI』が使用される予定です。

ICONにおいてAIがどのような役割を果たすかというと、報酬を公平に分配することに使われるようです。分配政策に対して特定の勢力が権限をもたないように、AIを用いてうまくバランスを保つということだそうです。

 

ICON(アイコン)の特徴

  • 通貨の略号はICX
  • ICONの発行枚数は2018年1月時点で400,230,000 ICX
  • ICONの発行は毎年C-repの協議によって決まる
  • コンセンサスアルゴリズムにはLFTを使用
  • SCOREという独自のスマートコントラクト

 

SCOREという独自のスマートコントラクト

SCOREは、Smart Contract On Reliable Environmentの略で、ICON独自のスマートコントラクト機能で、ループチェーンに組み込まれ、拡張性の高いスマートコントラクトとなっています。

 

ICONはEthereumやEOS、Bancorを意識している

ICONのHPでは、ICONをほかのアルトコインと比べていますが、Ethereumと、EOS、Bancorを強く意識していることがわかります。

ICONが今後、これらの開発チームと比べてどのように発展していくのか、動向が気になるところです。

ICON(アイコン)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所2

 

ICON(アイコン)の価格推移・チャート

ICON(アイコン)のチャートは、Crypto Currency MarketCoinGeckoなどで確認できます。


2017年12月から売買が可能となったICONですが、上場直後は1 ICX=40円程度でした。

しかし、人気取引所Binanceで売買が開始されたということもあり、2018年1月には1 ICX=1,300円と、わずか1ヶ月あまりで30倍近くの上昇を見せました。仮想通貨全体が大きく下落した2月になっても時価総額上位につけている人気通貨となっています。

 

ICON(アイコン)の購入方法・取引所

ICON(アイコン)を取り扱う世界の取引所は下のとおりです。

ICON(アイコン)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所3

国内の取引所では、現在のところICONを取り扱っていません。海外の取引所では、BinanceやOKEx、HuobiなどでICONを取引できます。

Binance

中国の会社によって運営されている世界最大級の取引所。売買できるアルトコインの種類は、100種類以上。手数料は0.1%

HitBTC

ヨーロッパ系の仮想通貨取引所。売買できるアルトコインの種類は200種類超。手数料は0.09%〜0.10%。筆者はPoloniexとHitBTCで資金を半々ぐらいで運用中。

 

海外の取引所で取引を考えている方は、大手取引所のコインチェックやビットフライヤー、ザイフで口座を開設して送金するのが安全です。

取引・送金手数料の安さ重視なら、ザイフビットバンクセキュリティの高さ重視ならビットフライヤーを利用するのがオススメです。

それぞれの取引所で口座を開設する方法は、下の記事で紹介していますので、「何から始めたらいいかわからない…」という方は参考にしてみてください。

 

まとめ

以上、ICON(アイコン)について紹介しました。

この記事を読まれた方の中には、「ICONについて興味が出たけど、自分のお金で購入するのはちょっと不安 or 購入するお金がない」という方もいらっしゃるかと思います。

そういう方向けに、自分のお金を使わずに仮想通貨を入手する方法というものがあります。一つはアフィリエイトとよばれる方法、もう一つはポイントサイトを利用する方法で、どちらも副業として人気トップクラスの方法です。

例えば、取引所のコインチェックのアフィリエイトでは、1人紹介すると最大23,000円の報酬が支払われますし、ポイントサイトのモッピーであれば、紹介数が増えると毎月10万円の収入をなにもせずに稼ぐことも可能です。

 

下の記事でやり方を紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。
仮想通貨の取引を始めたいという方は、Zaifビットフライヤービットバンクからどうぞ!

アフィリエイトやポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はこちらから

 

ビットコイン
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 


 

GMOコイン
ビットトレード










当サイトからの登録人気No.1
積立投資ができる取引所Zaif

・ビットコインとネムの手数料が国内最安
・取扱いコイン数も国内No.1
・中級者以上からの支持があつい
・積立投資で仮想通貨資産を増やせる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です