GMOコインの登録方法・口座開設方法|仮想通貨取引所

この記事では、仮想通貨取引所(販売所)であるGMOコイン(旧Z.comコイン)の登録方法・口座開設方法を紹介しています。

仮想通貨の取引所ということで、口座を開設するのが難しそうなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、実際はとても簡単です。口座を作るだけなら1分前後でできますし、デメリットもないので、気軽に作ってみましょう。

GMOコインの口座を開設するだけならメールアドレスだけでできますが、取引をするためには、さらに免許証やパスポートなどの身分証明証が必要ですので、口座開設に取りかかる前に準備しておきましょう。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

GMOコインの登録・口座開設までの流れ

まず、GMOコインで口座を開設するまでの大まかな流れを把握しておきましょう。そのほうが作業がスムーズに進みます。

  1. まずGMOコインの口座を開設する資格があるか確認する
  2. GMOコインのHPでメールアドレスを入力・登録して仮口座を作成
  3. SMS認証(電話番号を使った認証)を行う
  4. 個人情報を入力して本人確認書類をアップロードする
  5. 申請後2日ぐらいで届く郵便物を受け取る
  6. 制限なしのGMOコインの口座をゲット

 

GMOコインの口座開設までの流れは以上になります。どの作業も簡単ですので、れも難しい作業ではありませんが、強いていうなら、本人確認書類を提出するときに、自分の顔と身分証明証の両方が入った写真を撮ることが、やや手間に感じるぐらいだと思います。

以下、GMOコインに登録する手順を細かく紹介していきます。

Step1. GMOコインの口座を開設する資格があるか確認する

まず、GMOコインの口座を開設するにあたり、必要資格というものがあります。登録作業は簡単なのですが、誰でもできるというわけではなく、以下のような条件があります。

  1. 満20歳以上の個人であること
  2. 成年被後見人その他の制限行為能力者でないこと
  3. 日本国内に居住していること
  4. 登録するメールアドレス又は電話番号が他のお客様のものと重複していないこと
  5. 外国の重要な公人(外国PEPs)でないこと
  6. 反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有しないこと

基本的に一般の方で気にする必要のは、1と3ぐらいでしょう。上記の条件に反している方は、GMOコインで口座を開設できませんので、ほかの取引所での口座開設を検討してください。

また、GMOコインの登録で有効な身分証明書は下記のとおりです。

本人確認書類は下記から一点

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 各種健康保険証
  • パスポート
  • 住民票の写し
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

 

GMOコインでは、画像をアップロードせずとも、対面での書類受け取り時に身分証明証を提示すればOKですので、画像をアップロードが苦手という方は、身分証明証の提出方法で対面を選択しましょう。

 

Step2. GMOコインのHPでメールアドレスを入力・登録して仮口座を作成

❶まず、GMOコインのHPを開きます。

❷下の画像のように、メールアドレスとパスワードを入力して、無料口座開設をクリックすると、メールが届きます。届いたメール本文中のリンクをクリックすると、仮口座の登録が完了します。

GMOコインの登録方法・口座開設方法|仮想通貨取引所2

 

GMOコインの口座作成は、FacebookやGoogle+からも可能なのですが、これらの情報を開示したくない場合は、メールアドレスから登録しましょう。

 

Step3. 個人情報を入力する

GMOコインの仮口座が作成できたら、次は個人情報を入力します。

❶GMOコインにログインすると、下のような画面になるので、『口座を開設する』をクリックします。

GMOコインの登録方法・口座開設方法|仮想通貨取引所3

 

❷すると、下のように画面が切り替わりますので、姓名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号を入力します。

GMOコインの登録方法・口座開設方法|仮想通貨取引所4

 

❸個人情報を入力し終えたら、画面をスクロールして下の方に移動すると、画像のような画面になります。取引目的や規約への同意にチェックを入れて、『確認画面へ』をクリックしましょう。

普通の日本の方は、米国納税義務などは関係ないので、そのままにしておいて問題ありません。

GMOコインの登録方法・口座開設方法|仮想通貨取引所5

 

 

Step4. 本人確認書類をアップロードする

個人情報の入力が終わると、本人確認の画面が下のように変わっていますので、『手続きをする』をクリックして次の段階に進みます。

GMOコインの登録方法・口座開設方法|仮想通貨取引所6

❶本人確認書類を画像でアップロードするか、GMOコインからの郵便物を受けとるときに提示するかを選びます。多くの方は、ほかの仮想通貨取引所でアカウントを作成したときに、画像を用意したと思いますので、そのときの画像をアップロードする方が簡単でしょう。

ですので、その場合のやり方を説明していきます。

GMOコインの登録方法・口座開設方法|仮想通貨取引所7

❷本人確認書類の画像をアップロードを選択すると、下のような画面に切り替わります。そこで、『顔写真面の画像を選択』をクリックして、画像をアップロードします。

 

GMOコインの登録方法・口座開設方法|仮想通貨取引所8

 

❸画像をアップロードして、画面の下の方に移動して、『画像と日時を確定する』をクリックします。

現在は、申し込みが多くなっているので、配達希望日を選択できなくなっていますが、選択できなくても次に進めるので気にせず進んでください。

GMOコインの登録方法・口座開設方法|仮想通貨取引所9

❹入力に問題がなければ、下のような画面が表示されます。あとは、GMOコインの郵便物を受け取れば完了です。

GMOコインの登録方法・口座開設方法|仮想通貨取引所10

 

Step5. 申請後2日ぐらいで届くハガキを受け取る

❶本人確認の画像をアップロードして問題がなければ、GMOコインから郵便物が郵送されるので、これを受け取りましょう。

無事にハガキを受け取ると、受け取ったかどうかが送り主(この場合GMOコイン)側からも確認できるので、受け取って数時間立ってからGMOコインにログインしてみると、本人確認が終了しています。

 

Step6. 制限なしのGMOコインの口座開設が完了

郵便物を受け取った時点で、GMOコインの口座開設および本人確認が完了しました。

これで、日本円やビットコインを入金すれば、いつでも取引を開始することができます。また、海外の取引所を利用してみるのもいいでしょう。ビットコインの購入・換金・送金が制限なしでできるようになっていますので、海外の取引所にビットコインを送って、日本での取り扱いがないようなマイナーな仮想通貨を購入することもできます。

 

まとめ

以上、GMOコインの登録方法・口座開設方法を紹介しました。

GMOコイン
GMOコイン

 

アフィリエイトやポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はこちらから

 

ビットコイン
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 
GMOコイン
ビットトレード
 










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です