DMM Bitcoinの口座開設で最大5,000円プレゼント実施中

Zilliqa(ジリカ)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・購入方法

この記事では、仮想通貨のZilliqaについて、その特徴や価格、チャートなどを紹介しています。

Zilliqaを買うことに興味がある方は、国内取引所では購入できませんので、手数料がもっともお得な取引所Binanceから購入しましょう。

 

早速Binanceに登録する

 

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!

【1位】bitbank(ビットバンク)【リップル、ライトコインの購入はココが一番お得!】

【2位】QUOINEX【国内でQASHが買えるのはここだけ!セキュリティ・手数料も優秀!】

【3位】GMOコイン【大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所】

 

Zilliqa(ジリカ)についての情報まとめ
通貨名Zilliqa(ジリカ)
通貨略号ZIL
公開日2018年1月
時価総額順位下のRANK参照
発行枚数(上限枚数)12,600,000,000 ZIL
取り扱い国内取引所なし
取り扱い海外取引所Binance(バイナンス)
Bittrex(ビットレックス)
OKEx(オーケーイーエックス)
etc.
公式サイトZilliqaの公式サイト
ホワイトペーパーZilliqaのホワイトペーパー

Zilliqa(ジリカ)の基本情報

Zilliqa(ジリカ)は、略号がZILの仮想通貨で、2017年に公開されたました。

Zilliqaは、Binanceという世界一とも称される仮想通貨取引所の上場投票に参加し、第3位となったのち、見事上場を果たして、注目を集めた仮想通貨です。

Zilliqaのプロジェクトは、シンガポール国立大学の研究者らによって立ち上げられ、『分散型ネットワークを安全に拡張できるように作られている世界初のハイスループットブロックチェーンプラットフォーム』として開発が進んでいます。

Zilliqaでは、これまでのブロックチェーンの課題の一つである「スケーラビリティの問題」を解決することが期待されています。

「スケ―ラビリティの問題」とは、ブロックチェーンの処理速度の遅さに関する問題です。

ブロックチェーンのブロックサイズは非常に小さいため、取引が増えるにしたがって処理負荷がかかっていきます。その結果、過負荷により処理が遅くなってしまいます。

しかし、Zilliqaは、「シャーディング」と「データフロースマートコントラクト」という2つの技術を実現することで、その問題を解決すると期待されています。

その処理速度は、クレジットカードと同程度になるともいわれ、将来的には決済手段の一つとして利用されると予想されています。

2018年においては、Zilliqaの価格上昇が期待されています。というのも、各開発工程が2018年中には完了する見通しだからです。Zilliqaのロードマップを見ると、2018年中に、ソースコードのリリースからアンカーアプリのリリースまで行われる予定となっています。

開発が予定通りいくかは未知数ですが、Zilliqaにとって2018年は注目が集まる年になるでしょう。

 

Zilliqa(ジリカ)の特徴

Zilliqa(ジリカ)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・購入方法2

●通貨の略号はZIL
●Zilliqaの発行枚数は2018年2月時点で約65億ZIL
●取引処理の速さ
●シャーディング技術の採用
●データフロースマートコントラクトの開発
●収益性の高いマイニング

 

取引処理の速さ

Zilliqaの大きな特徴は、取引処理の速さです。2018年3月時点で、Zilliqaは1秒に2,488件の取引処理を実現しています。

テスト段階とはいえ、パブリックチェーンで3,600のノードを用いて達成されている処理速度です。

ビットコインの取引速度が1秒に約7件であることを考えると、非常に速いスピードです。ビットコインの遅さは、ブロックの最大容量の少なさに原因があります。

ビットコインのブロックの最大容量は1MBであり、非常に小さいため、取引処理に時間がかかってしまいます。

一方、一般的なクレジットカードは、1秒に約4,000〜6,000件の処理速度になります。

この速度では、1日に数億件の取引を行っていることになります。このように、ビットコインなどと比べると、Zilliqaはクレジットカードと同等の役割を担うポテンシャルを持っています。

そのため、将来的に日常生活における決済にZilliqaが使われる可能性が高く、非常に実用的な仮想通貨だといえます。

 

シャーディング技術の採用

Zilliqaではシャーディングという技術を採用することで、高い処理速度を実現しています。

シャーディングの説明をする前に、現在のブロックチェーンが抱えるトランザクション処理の問題について触れておきます。

ビットコインやイーサリアムなどを支えるブロックチェーンは、「分散型台帳」技術です。

これは過去からの全ての取引履歴をブロックという一定容量でまとめ、それを各ノード(コンピューター)が承認し、一本のチェーンとして共有する技術です。

ただ、こうした仕組みから、ネットワーク内の各ノードは、全ての取引を承認するために同じ計算をします。

その結果、処理が集中することで、トランザクション速度(取引速度)が遅くなってしまいます。そうした問題を解決する手段として、シャーディングという技術があります。

シャーディングとは、1つのネットワークを複数のネットワークに分割することをいいます。この場合だと、1本のブロックチェーンをシャードと呼ばれるグループに分けることを指します。

そうすることで、並列処理が可能になり、取引速度を上げることができるようになります。もちろん、シャーディングも万能ではなく、プロトコルのセキュリティ問題が懸念されています。

しかし、Zilliqaは最先端の研究を通じて、セキュリティ問題を解決する新たなプロトコルを開発しています。

そのため、Zilliqaではより安全性の高いシャーディングにより、安心してスピーディーな取引が可能になっています。

 

データフロースマートコントラクトの開発

Zilliqaは、データフロープログラミングを模したスマートコントラクトを開発しています。

データフロープログラミングとは、任意の操作間でのデータの流れを有向グラフとするプログラミングのことを指します。

このプログラミングを模すことで、複数の命令を一度に実行可能となり、シャーディング技術により複数の計算を並行して行うことができるようになります。

そもそも、Zilliqaのこうした動きは、スケーラビリティの問題を解決するためのものです。

スケーラビリティとは、システムの拡張性のことです。

イーサリアムなどで有名なスマートコントラクトは、ブロックチェーン上にアプリケーションを構築することができます。

それにより、契約情報をブロックチェーンで保存できるようになりました。しかし、このシステムにはスケーラビリティの問題があります。

それはシャーディング技術のところでも述べましたが、承認のためにすべてのノードが計算処理をしなくてはいけないことです。

その結果、処理の集中による取引速度の低下が起こってしまいます。

そうした問題を解決するため、Zilliqaは新たなスマートコントラクト言語であるデータフロースマートコントラクトの開発を行っています。

このデータフロースマートコントラクトにより、複数の計算を並行して行うことができるようになり、高い処理速度を実現できます。

 

収益性の高いマイニング

Zilliqaのマイニングは、収益性の高い設計がされています。

マイニングとは、取引の承認作業のことです。

具体的には、既存のブロックチェーンに新しいブロックを追加する際に必要になる「鍵」を探す作業です。

そのため、いかに安定的で収益性のあるマイニングができるかが重要になります。

その点、Zilliqaのマイニングは、電気代が安く、かつ安定的に収益を得られるように設計されています。

安定した収益は、並行マイニングにより実現されます。また、そうしたコスト削減により、取引手数料を安くすることも可能になります。

そのため、Zilliqaのノード運営のコストは、イーサリアムの約十分の一ともいわれています。

こうした収益性の高いマイニングも、Zilliqaの人気を集める要因の一つになっています。

 

Zilliqa(ジリカ)の価格推移・チャート

Zilliqa(ジリカ)のチャートは、やCryptoCurrency Marketで確認することができます。


2018年のZilliqa(ジリカ)の価格

2018年に上場したZilliqaですが、公開直後から時価総額20位台につけるなど、非常に人気が集まっています。

もともと

その後は仮想通貨業界の失速とともに下落していましたが、5月に入り、1月の水準に近いところまでリバウンドを試すなど、根強い人気を誇っています。

時価総額は30台前後をキープしており、今後の開発状況次第では、将来再び上昇する可能性があります。

 

Zilliqa(ジリカ)の購入方法・取引所

Zilliqa(ジリカ)を売買できる取引所は、下のとおりです。

国内の取引所では、Zilliqa(ジリカ)を売買できません。

海外取引所では、Binance(バイナンス)、Upbit(アップビット)、Huobi(フオビ)などで、Zilliqa(ジリカ)を売買することができます。

Binance

中国の会社によって運営されている取引所。2018年時点では取引量、手数料において世界一。売買できるアルトコインの種類は、100種類以上

手数料は0.05〜0.10%。当サイトもメインの取引所として活用中。

Huobi

香港系の仮想通貨取引所。日本企業のSBIホールディングスと一時提携したことでも有名。手数料は0.20%、アルトコインの銘柄数は約90種類。

Zilliqa(ジリカ)の安い買い方

以下の購入方法で、Zilliqa(ジリカ)を最も安い取引手数料で買うことができます。

なまはむ

Zaifはビットコインの取引手数料が国内最安Binanceはアルトコインの取引手数料が海外最安となっています。
Zilliqa(ジリカ)を安く買うための手順
  1. 国内取引所Zaif(ザイフ)で口座を開設
  2. Zaifに入金してビットコインを購入
  3. ビットコインをZaifから海外取引所Binanceに送金
  4. BinanceでZilliqa(ジリカ)を購入

>>Zaifで口座を開設する

>>Binanceで口座を開設する

 

海外の取引所で取引するには、国内の取引所からBTCなどで送金する必要があります。

国内の取引所は、それぞれ強みをもっていますので、目的に合わせて利用する取引所を選びましょう。

重視するポイント向いている取引所
手数料の安さZaifビットバンク
セキュリティの高さbitFlyerQUOINEX
操作の簡単さGMOコインDMM Bitcoin

それぞれの取引所で口座を開設する方法は、下の記事で紹介していますので、「何から始めたらいいかわからない…」という方は参考にしてみてください。

 
[afbtn class="raised accent-bc strong"]Zaif(ザイフ)の公式サイトを見る[/afbtn]
 

 

まとめ

Zilliqa(ジリカ)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・購入方法5

以上、Zilliqa(ジリカ)について紹介しました。

仮想通貨の取引に興味がある方は、手数料の安さ重視ならザイフビットバンク安全・信頼性重視ならビットフライヤーQUOINEXに登録して始めるのがオススメです!

 

また、この記事を読まれた方のなかには、「仮想通貨に興味はあるけど自分のお金で買うのはちょっと不安…」もしくは「 買うお金がない…」という方もいらっしゃるでしょう。

そういう方は、無料でお金を入手できるポイントサイトを利用したり、副業を始めてお金を稼いではいかがでしょうか?

当サイトではさまざまな副業を紹介していますし、実際にわたしも副業で毎月数十万円以上稼いでいます

下の記事でやり方を紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください!

 
[afbtn class="raised accent-bc strong"]早速ビットバンクの無料口座を作る[/afbtn]
 
bitbank(ビットバンク)なら仮想通貨を貸して増やせる!1年間最大年率5%!

 

 

仮想通貨取引所ランキング|特徴別に比較

仮想通貨取引所の特徴別ランキング
総合ランキング手数料の安さアルトコインの種類
仮想通貨FX安全性の高さ友達紹介制度

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください