DMM Bitcoinの口座開設で最大5,000円プレゼント実施中

【在宅や未経験でもOK】ライター向けの仕事・バイト募集の見つけ方【おすすめの求人サイトも紹介】

この記事では、ウェブライターや在宅ライター、バイトでライターをしてみたい方に向けて、仕事や求人募集を見つける方法を紹介しています。

ウェブ・在宅ライターは、極端な話パソコン1台とインターネットさえあればスタートできるので、副業やアルバイトとして始める人も多い仕事の一つです。

その反面、以下のような悩みを抱く人も多いはず。

  • どこで仕事をみつければいいの?
  • 初心者向けや未経験者向けの仕事ってどれ?
  • 経験を積んだけど単価の高い仕事はどうやって探せばいいの?

これ、ライター経験があれば誰でも通る道です。

この記事では、こういった疑問に回答するため、仕事や求人・募集の見つけ方や案件の良し悪しを判断する基準などをご紹介します。

Webライターって何?という方は、まずは「Webライターとは|稼ぐ方法から特徴まで解説」をどうぞ。

ライターはどこで仕事を見つけるのか?

ライターの仕事の見つけ方としては、以下のようなものがあります。

  • アルバイトに申し込む
  • メディア系の会社に就職
  • オファーを待つ
  • クラウドソーシングサービスで案件を探す
  • Twitterやブログなどで自分を宣伝して待機

 

ウェブ系の案件が増えているので、クラウドソーシングサービスでの受注が増えています。

また、ある程度実績がある人であれば、Twitterやブログでライティング案件の仕事を受注していることをアピールしていれば、お声がかかることがあります。

アルバイトに申し込むなら、

⇒ マイナビバイト

将来副業で月5万円以上を狙うなら、

⇒ ランサーズの公式サイトへ

転職でメディア業界にいきたいならクリ博ナビに登録してみましょう。マスコミ・コンテンツ業に特化した求人サイトです。

⇒ クリ博ナビの公式サイトへ

 

ライター案件・求人にエントリーする時のポイント

ライターとして、求人募集に申し込むということは。基本的に就職活動と同じです。

嘘はいけませんが、自分がやってきたことを最大限アピールしましょう。遠慮して謙遜しては仕事をもらえません。ライターとしての大きなアピールポイントとなるのは以下の3つです。

ライターとして武器になるポイント
  • 執筆経験(どういった媒体で書いてきたか)
  • 特定分野の専門知識
  • その仕事に対する意気込み

執筆経験(どういった媒体で書いてきたか)

当たり前ですが、執筆経験がある人とない人では、文章完成までにかかるスピードや、出来上がってくる原稿の質に、格段の差があります。

一度でも紙媒体のメディアでの執筆経験があれば、それだけでも「この人は雑誌の編集部から依頼されるレベルの人なのか」と判断され、採用されやすくなります。

当然、「個人のブログを毎日書いています!」レベルでは、評価してもらえません(数十万PVを集めているならその点はアピールできます)。

クラウドソーシングなどで仕事を請け負ったことがあれば、書いた文章を提示できるようにしておきましょう。秘密保持契約を結んでいた場合、開示すると契約違反になりますので、十分注意しましょう。

特定分野の専門知識

経験や知識というのはライター経験に関することだけではありません。

仮にあなたが金融業界で働いていた経験があるなら、「金融業界で実務経験あり」、元スポーツインストラクターなら「スポーツの経験」など、ライターとして役立てそうな情報をアピール文に盛り込んでいくと良いです。

こうした経歴はエントリーした案件や求人によっては、ライター経験者より響く可能性があります。

メディアでは、特定ジャンルの雑誌やウェブメディアを作るときに、どうしても未経験の人が書いた記事では、裏側などの細かい事情やその業界での苦悩・葛藤がわかっていないため、迫力が欠けた文章になることがあります。

そういった細かい情報を知った上で執筆できるライターというのは、ときにライターとしてのキャリアよりもはるかに重宝されることがあります。

その仕事に対する意気込み

つぎに意気込みですが、アピールする際は弱腰になって「〇〇なんですが、こんな私でよければ・・・」とか「自信は無いですが・・・」という言い方や書き方は止めましょう。

謙虚な姿勢は素晴しいことですが、自信のなさはクリエイティブ系なお仕事ではかなりマイナスになりやすいです。

正直言って記事がヒットするかどうか、クライアントと相性の良いライターかどうかは正確なところは誰にも予測できません。ですので、せめて自信をもって書ける人物でないと、仕事を発注する側の立場からすると、仕事を任せようとは思ってくれません。

 

案件の良し悪しはどうやって判断するのか

良い案件かどうかは、良いクライアントなのかどうかともいえます。良いクライアントというのは、依頼することに慣れている誠実な方だとおもっていただければOKです。

それでは依頼する事に慣れていないクライアントや不誠実なクライアントとはどんな相手なのでしょうか。

まず、案件の募集要項をみて、極端に情報が少ない場合はやめておいたほうがいいかもしれません。こうしたクライアントは取引を始めた後も開示する情報が少なかったり、そのわりに修正や追加指示が多くて執筆に2重、3重の手間がかかるかもしれません。

作業をする前にその都度しっかり質問していけば良いともいえますが、仕事に慣れていないライターにとっては、ハードルの高い取引相手です。

次に危険なのは、お金の話しか開示されていない案件です。情報が「月に〇万円稼げるお仕事です!」だけなら、ライター業界においては危険です。

どんな案件で、何故報酬が高価なのかもはっきりしていないのであれば、新米ライターにとってこれほど怖い仕事はありません。もしかしたらとんでもなく重労働で、作業時間で考えると割に合わない仕事なのかもしれません。

新しい取引先が高額の報酬を支払う可能性があるのは、非常に専門的な知識を要する内容で受注側にその資格や経歴がある場合か、実力がハッキリしている経験者を雇いたい時くらいなので、始めて取引する新人に高額の報酬を払う事はまずありません。

どうしても気になる場合は、契約するまえにどんな仕事なのか、はっきりと確認しておきましょう。

 

初心者・未経験者向けの募集の見つけ方

ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソージングサービスで「未経験者歓迎」や「初心者歓迎」と書かれた案件を探せば、その名の通り、初心者や未経験者に向いた案件が揃います。

なかでも「文字数が1,000文字程度で、あなたが元々詳しいジャンル」の募集を探すとよいでしょう。

1,000文字ならライティングの案件としてはかなり軽いほうで、知っているジャンルならすぐに書き終わってしまうレベルです。このレベルの文字数の募集が案件としては多いですが、難易度が低いぶん、単価も安い傾向があります。

書きやすい内容なら1件1時間もかからないでしょう。少し自信があるなら2,000文字でも良いとおもいます。

一方で1記事3,000~4,000文字の案件は、未経験者にはあまりおすすめできません。

慣れていないうちの3,000~4,000文字は膨大で、「記事の論理構成が矛盾している箇所はないか?」「説明する順番はこれでいいか?」といった確認作業にかなりの時間がかかります。

このレベルの募集案件は、1文字1円以上であることも多いのですが、高単価につられていきなり手を出すと、やり直しを命じられて、下手したら半日以上、もしくは丸一日かけても終わらないこともあり得ます。

1つの事を掘り下げて長文を書くことは、かなり慣れが必要なので、最初は短めの案件を沢山こなす方が気分的にも楽です。

 

経験者向けの仕事の探し方

経験者の場合も、コネやツテがないなら最初はランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソージングサービスで探すのが楽です。

フリーライターとして生活できるレベルの案件は、最低でも1文字1円以上を狙うべきです。

1文字1円だったとして10,000円稼ぐには10,000文字必要なわけですから、フリーライターで生計を立てたいのであればギリギリです。そこから1文字1.5円や1文字2円、もしくはそれ以上の案件をさがしていきましょう。

案件の内容としても、1文字0.1~0.5円程度とくらべ1円~2円以上の案件は、ある程度ライティングの仕組みやSEO対策(インターネットの検索でひっかかりやすい記事かどうか)、専門知識などを求められることが多いです。

クラウドソージングサービス以外ではニュースサイトやまとめサイトなどの求人募集に応募してみるというのも手です。

サイトによっては基本報酬は0円で記事がヒットした場合のみ報酬を支払うというケースもあります。そうした報酬形態は生活の基盤とするのは難しいですが、納期が無い(好きな時に書けば良い)契約も多いので、空いた時間で好きに記事を書きたい人には向いています。

 

知っておこう!WEBライティングで嫌われる超NGな記事とは

クライアントが最も嫌うのは、コピペや既存の文章を組み替えたり、多少表現をかえてマイナーチェンジした記事を提出されることです。

そんなつもりがなくても、参考文献1つに頼って記事を書いていると、似たような構成になってしまい、コピーなどをチェックするツールで引っかか手しまう事もあります。

参考文献を用意するにしても1つだけでなく、いくつかを読んで自分の中で理解し、なるべく自分の言葉や考えで記事を書くようにしましょう。

次に嫌われるのは、改行が極端に少ない長文を提出される事です。どれくらいが長文にあたるかは、サイトのフォーマットによりますが、サイトに表示された段階で4~5行以上になってしまうような文章はとても読みにくいので嫌われます。

たった4~5行以上とおもうかもしれませんが、WEBにおいての4行は200文字くらいに到達してしまうこともザラです。400文字詰めの原稿用紙でいえば半分の量が改行無しに続く事になるわけですから、かなり読みにくいです。

そうでなくても、WEB記事の殆どはスマホで読まれることを想定しているので、「長文=読みづらい」という認識が紙媒体以上に強いです。

まとめ

以上、フリーライター(在宅ライター)で仕事や求人・募集を見つける方法を紹介しました。

これを機に、副業でライターという仕事を始めてみるのもいいでしょう。

ライターが合わなそうと思ったら、「おすすめの副業ランキング」などから自分に合った副業を探してみてください。

どの仕事にもいえることですが、結果を出す人は、行動に移すのが早い人です。

無鉄砲に動くのも困りものですが、いつまでも「大丈夫かな…」「自分にできるかな…」「もっと準備したほうがいいかも…」と心配することに時間を使っている間に、他の人はどんどん失敗しながら学んでいって力をつけています。

歩けるようになるには、実際に歩いてみることで、泳げるようになるには、実際にプールに入って泳ごうとしない限りは、情報を集め続けたところで一生上達しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください