DMM Bitcoinの口座開設で最大5,000円プレゼント実施中

初心者ライターにおすすめの本 | ライティングを磨くための本

この記事では、初心者ライターに向けて、ライティングスキルをレベルアップするためには必読の本を紹介しています。

  • 今のライティングスキルで大丈夫なのかな…
  • もっとライティングの基礎を学びたい!

これからライターを目指す方や、アフィリエイトサイト/ ブログを運営中の方は、上記のような悩みをお持ちの方も少なくないでしょう。

そこで、ライティングの基礎をしっかりと解説してくれている本を紹介します。

ライターにおすすめの書籍

ライターを目指す方におすすめの書籍をご紹介します!多くの新米ライターが手にしたベストセラー的な書籍ばかりなので、まずはこれらから手を出すと、わかりやすいかもしれません。

 

聞く力 心をひらく35のヒント(阿川 佐和子)

テレビでも有名なエッセイスト「阿川佐和子」のベストセラー「聞く力」。

これから取材ライターを目指す場合は非常にためになる一冊。取材の主人公は自分ではなく聞く相手なので、聞く力がなければ上手くいきません。

「話を掘り下げるコツ」や「なぐさめの言葉は2秒後に」などの具体的なテクニックが書かれているため、とてもわかりやすいです。

 

伝え方が9割(佐々木 圭一)

コピーライター「佐々木 圭一」が教えてくれる言葉を伝えるコツが書かれています。取引先と会話を進めていくうえで、「伝えにくい事を伝える必要がある時」「相手を傷つけずにミスを指摘しなくてはいけない時」など、言いづらい事を言わないといけない時がかならず来ます。

また、短い文章で最適な言葉を見つけ出すコツでもあるのでタイトルや見出しを考えるのにも役立つ事でしょう。

阿川佐和子が「聞く力」なら、こちらは「伝える力」です。

 

伝わる・揺さぶる!文章を書く(山田ズーニー)

元・進研ゼミ小論文編集長の山田ズーニーが教えてくれる文章のコツ。文章中で熱を込めた一文を書きたい時、抑揚をつけたい時、読んで退屈にさせないような面白みを持たせるのに役立つコツをおしえてくれる本です。

「伝え方が9割」とは著者の性格や質が違うので、あちらがピンとこなかった場合はこちらの「伝わる・揺さぶる!文章を書く」のほうが響くかもしれません。

 

書くことについて(スティーブン キング)

アメリカでもっとも有名な小説家の一人、スティーブンキングが「書くこと」について言及した書籍。魅力的な文章表現の源や彼の半生、小説を書く上での秘密がぎっしり詰まっています。

広告的なライターではなく、シナリオライターに近い仕事やストーリーのある文章を書きたい人におすすめです。

 

20歳の自分に受けさせたい文章講義

文章の基礎力を高める上で必読の本。

「文章を書くって何?」という根本的な疑問と深く向き合ってきた筆者による、文章技術の解説本です。

これからライターを目指す方にも読んで欲しいですし、すでに文章を書く仕事をしている人であっても読むことで自分の文章術を見直すことができます。

人を操る禁断の文章術

メンタリズムでお馴染みのDaiGo氏が執筆した本。

心理学のさまざまな実験結果と自身の経験に基づいた内容となっており、成約につながる文章とはどういうものかと悩んでいる方におすすめの書籍となっています。

 

究極のセールスレター(ダン・S・ケネディ)

アメリカで伝説的な記録を達成したダイレクト・マーケティング業界の第一人者が執筆した本です。

新しいプロモーション方法が次々と開発される現在においても、読み続けられているコピーライティングを学ぶなら必読の『バイブル』的な本です。

ネットが普及する前の時代、つまりダイレクトメールが主流の時代で培った経験をもとに書かれていますが、人間の心理というのはどの時代も共通ですので、現代でも十分通用する内容です。

 

Webライティング 売れる書き方の成功法則64

Web向けの文章について、具体例を出して詳しく書いてある良書です。

Web向けの文章では、紙媒体向けとはまた違った書き方が求められるので、新米ライターの方は、一度その違いを確認しておくことで、自身のライティングスキル向上につなげることができます。

また、SEOについて最低限知っておくべき知識も書かれていますので、「クラウドワークスやランサーズで仕事を受注したけど、発注者はなぜこんなことを言っているんだろう?」ということが少なくなります。

 

まとめ

以上、新米ライターにおすすめの書籍を紹介しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください