DMM Bitcoinの口座開設で最大5,000円プレゼント実施中

ライティングの勉強方法【稼ぐためのライタースキルの磨き方】

ライターになりたいけれど、仕事を見つける前にしっかりと勉強しておきたいと考える人は少なくないと思います。

  • もっとライティングスキルを伸ばしたい
  • どうやってライティングを勉強したらいいかわからない

こういった悩みがある方に向けて、ライティングスキルの磨き方やコツ、勉強法等を紹介していきます。

記事を読み終わった後には、次に取るべき行動が見えているかと思います。

ライティングの基本的なコツ

まず、新米ライターがつまづきやすいポイントや解決方法をご紹介します。

どれもプロのライターにとっては一般的なテクニックなので、知っておくと便利です。ある程度経験があるライターでも、ついつい忘れてしまいがちですので、再チェックしてみてください。

  • たくさん書いて削る
  • 素材をしっかり集める
  • 「正解」がわからなくなった時は、数日寝かせる

 

たくさん書いて削る

たとえば文字数制限が2,000文字だった場合、1500文字くらい書いてあとで500文字足すよりも、2,500文字くらい書いて500文字削る方がいいです。

1,500文字で仕上げた文章に500文字追加すると、文章のテンポが悪くなったり、間延びしたりします。

文字数を確保するためだけに文章を追加しようものなら最悪で、殆どの場合文章の質は落ちてしまいます。

それよりも2,500文字くらいで仕上げて、500文字削る方が、より洗練されて読みやすい文章になります。

もう削るところなんてない!でもあえていうならココかな・・・」と悩めるくらいがベストで、必要なことが凝縮された渾身の記事に仕上がりやすくなります。

 

素材をしっかり集める

ライティングの基本ですが、つい疎かにされがちなのが、「記事の素材集め」です。

ライターの仕事というのは、基本的にクライアントから依頼されて、サービスなど特定のテーマについて書きます。

そのときに、記事の素材がそもそもなければ、記事は書けないのです。

いくら一流の料理人と一流の設備を用意しても、食材(=素材)がなければ料理できないのと同じです。

超一流のライターであっても、理解できていないもの・知らないものについては、いい記事は書けません。記事自体は書けないこともないですが、読者を惹きつけるような文章・誰かの心を動かせるような文章を書くことはできません。

このあたりは、「10倍速く書ける超スピード文章術」に詳しく書かれているので、ライターとして成長したい方はぜひ手元に置いておきましょう。

悩んでこの記事にたどり着いた人には、「そういうことだったのか…!」という驚きの連続だと思います。

 

「正解」がわからなくなった時は、数日寝かせる

記事の執筆に時間をかけていくと、ときおり「これでいいのか?」と正解がわからなくなってくることがあります。

こんな時一番良いのは、一度寝かせて、数日後にもう一度見てみることです。脳科学的見地から根拠があるのですが、睡眠によって、情報が整理されスムーズに考えることができるようになっています。

プレゼンなどの1回目の練習ではグダグダでも、一度睡眠をとってから再度練習すると、スラスラできた経験をお持ちの方も多いはず。

そこまで時間の余裕が無い時もあるでしょう。

誰かに見せてもよいものなら、家族や友人によんでもらうのもいいですが、それだと家族や友人の価値観に左右されてしまうので、あまりおすすめはできません。

見せるならライター仲間の方が良いですが、そんな時間をとってもらうことは難しいですし、お願いしにくい事かと思います。

そこでおすすめなのが、「別の仕事をする」という方法です。

他の仕事をすすめれば、仕事として時間を無駄にする事はないし、頭の切り替えができるので、迷っていた文章を再度見た時、新鮮な気持ちで判断できます(納期までに少しばかりの余裕があるなら、単純にコーヒーブレイクしたり本やテレビをみるのでも良いと思います)。

 

ライティングスキルを学ぶ・高めるコツ

  • 講座やスクールを利用する
  • 専門分野を作る

ライティングスキルを学ぶなら、講座やスクールに通ったり、資格をとったり、指南書で勉強するなど様々な方法があります。そこでそれぞれの方法のメリットやポイントをご紹介します。

 

講座やスクールを利用する

ライター講座やライター用のビジネススクールに通うという手があります。講座の種類やスクールにより、テクニック重視で学ぶのか、心構えも含めて全体的に学ぶかなど内容は多少違いますが、何より大きいのはライター志望の仲間に出会えることと、ライターとしての考え方を学べることです。

一口にライターといっても報道ライターを目指す者、スポーツライターを目指す者、サブカルチャー(アニメや映画など)のライターを目指す者など様々で、自分の適性や他ジャンルのライターの感覚や空気感を知っておくことは後々とても役に立ちます。

特に現段階で「〇〇系ライターになりたい!」という目標がない場合は、彼ら参考にしたり、講師に相談するなどして自分の方向性を定めていくとよいでしょう。

 

専門分野を作る(資格・検定の取得)

ライターにとって大きな武器となるのは、専門的な知識です。家電ライターなら家電に誰よりも詳しく、フード系のライターなら料理に精通している方が説得力がありますし、採用してもらいやすくなります。

本来であれば、専門分野に関する実務経験があると一番いいのですが、そうでないのなら資格や検定に頼るといいでしょう。

たとえば家電ライターなら「家電製品アドバイザー」という家電量販店のスタッフがこぞって取得するような資格があります。取得しておけば「家電好きのライター」ではなく「家電についての専門知識のあるライター」として自分をアピールできます。

 

本(指南書)などで勉強する

ライターとしての技術を独学で勉強するなら、「物事の伝え方についての本」や「美しい文章表現のコツをまとめた本」を熟読しておくと、かなりスキルアップできます。

こういった本は、ライター講座やスクールに通うとしても、かなり意味があります。

なぜなら、ライター講座やスクールは高校や大学と違い、数年かけて毎日通うようなスタイルではありません。基本的な技術や繊細な文章表現のコツなどを、丁寧に時間をかけて教えてくれたりするような時間は殆どありません。

学べる事は精神的なものや業界に対する知識、課題と添削による技術の向上などなので、地道なスキルアップは指南書に頼りましょう。

 

ブログを始める

ライティング技術を学ぶ上で、ブログを毎日のように更新していくのは、力になります。下記の4点に気をつけて書くと、更にスキルアップに繋がるでしょう。

  • 口語(話言葉)ではなく文語で書く
  • 友達向けではなく、不特定多数に向けて書く
  • 読まれる文章を意識する
  • 毎日書く(平日だけでもOK)

 

まず、特殊な依頼でない限り口語(話し言葉)で執筆する事は殆どないので文語が基本です。それに加え、内輪話ではなく、不特定多数にむけて発信、読まれる事を意識しましょう。

テーマに関しては自分の好きなジャンル(映画やスポーツ、料理)などで良いと思います。ネタ選びに悩むことも多いと思いますが、そのネタ選びすら勉強になります。

また、「毎日書く」という事がとても重要です。プロのライターになれば、毎日書くことは当たり前ですし、体調不良な日も、落ち込んでいる日も同じクオリティで執筆しなくてはいけません。

その感覚と執筆することに対する体力をつけるためにも、できれば毎日書きましょう。

もうひとつ付け加えるとするなら、批判的な文章ではなく、なるべく肯定的な文章を書くようにしましょう。

ライターの仕事は商品を売ったり、イベントやサービスの良さを語ったりすることがとても多いので、「この製品(イベント)のなにが便利か(面白いか)」ということを真剣に考え、自分自身も意図的に肯定的な精神状態にもっていければベスト。

これはライターとしての素養にも関わる重要な技術です。

100%肯定である必要はなく、結果的に「良い」という結論に達すればOKです。

まとめ

以上、ライティングのコツ・スキルの磨き方を紹介しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください