DMM Bitcoinの口座開設で最大5,000円プレゼント実施中

【大学生・未経験・在宅OK】副業・バイトでライターになるには?

ライターになるには、なにも特別なことは必要ありません。

  • 大学生だけどライターをやってみたい
  • 未経験でもライターってできるのかな?
  • 主婦だけど副業で在宅ライターに興味がある

といった方に向けて、副業やバイトでのライターの始め方・なり方を紹介しています。

ライターは大学や高校を卒業してすぐ!という方もいらっしゃいますが、一度社会人経験を経て、転職や副業という形でライターをはじめたり、ためしにどんな仕事かとバイト感覚で働きたい人も多い人気職業です。

そんなライターについて、未経験でもライターになれるよということを解説します。

副業やバイトで始める新米ライター必須の心構え

  • 稼ぐならスピードは重要!遅い人は訓練しよう!
  • 駄目だしは日常茶飯事!必要以上に気にしないようにしよう

 

ライターというお仕事もピンキリですから、副業やアルバイトで行える仕事も沢山あります。特に現在はスマホやタブレットの普及により、ライティングのお仕事はかなり増えています。

ただ一般的な事務職と比べると、お仕事に対する心構え、求められる素養は全然違います。

そこまず、ライターを始まる前に知っておきたいポイントをご説明いたします。

 

稼ぐならスピードは重要!遅い人は訓練しよう!

まず、新米ライターは書くスピードが早くて当たり前です。「1つの記事に沢山の時間をかけて満足のいくものを作る!」というのは難しいです。そんなことが出来るのは、自分で本を出すか、時間をかけることを許される大きなプロジェクトの記事くらいでしょう。

WEBライターで副業として始める場合、納期がゆるく時間をかけて良いコンテンツもありますが、費やした時間に見合うだけのお給料はもらえないので、お金を稼ぎたいなら執筆スピードのスキルアップが必要になります。

ただ、最初から書くのが早くないとライターになれないというわけではなく、「昔は書くのがとても遅かった」なんて人もいるので、やる気と経験でなんとかなります。

 

駄目だしは日常茶飯事!必要以上に気にしないようにしよう!

ライターのお仕事をしていると、修正や追記・削除、駄目だしなどは日常茶飯事です。これらが少なくなるように努力する事はとても大事ですが、「担当者や上司に嫌われているのかな?」などと悩む必要はありません。

文章表現には明確な答えがない以上、どんなプロでも毎回ノークレームで一発OKというのは難しく、働く会社やプロジェクト、上司によっては「駄目だし」が当たり前な事も多いので、「自分の事が嫌いなのか?」「自分には才能がないのか?」などと悩む必要はありません。

 

新米ライターに求められる素養・性格

  • 好奇心の旺盛さ
  • 共感力の高さ

 

好奇心の旺盛さ

ライター業は好奇心が強い方でないと勤まりません。「なぜだろう」「どうしてだろう」という気持ちがなければ、記事を掘り下げる事は難しいからです。

依頼内容の中には、大抵の場合、あなたがこれまで知らなかったことが含まれます。

そのときに、「調べるの面倒くさいな…」と感じる性格の場合、ライターの仕事が苦痛に感じて長続きしません。

知らないことを調べてお金がもらえるなんてラッキー♪」「これを今調べたら、別の案件でこの知識を活かしたらすぐに執筆できそう!」というように、新しいことに対して、前向きな気持ちで受け止めるという心の在り方が必要となってきます。

共感力の高さ

共感力の高さも重要です。ライティング業は宣伝としての要素がとても大きく、新しい製品や食べ物、イベントやコンテンツなどをポジティブに紹介する機会が多くあります。

そのため「あれはだめ」「これはだめ」「あの人の考え方は理解できない」というような、全てに否定的な性格の持ち主だと、対象のメリットや長所を理解しにくく、文章が魅力的になりにくいです。

逆に言えば、必ずしもこだわりが強い必要はなく、「新製品は何でも欲しくなってしまう」「面白そうなイベントやコンテンツはとりあえず参加したい!」というようなミーハーな人はかなり向いています。

 

副業やアルバイトから専業ライターになるには?

ライターだけで生活していくほどお金を稼ぐには、以下の4つがとくに重要になります。

  • コミュニケーション能力・提案力
  • チャレンジ精神
  • 執筆スピードの速さ
  • 得意ジャンルの豊富さ

 

コミュニケーション能力・提案力

日本の就職活動において、求められる能力第一位に挙がる「コミュニケーション能力」。

ありきたりですが、ライターにとっても重要です。コミュニケーション能力というと漠然としてわかりにくいので、相手がその記事を通して何を狙っているのか、その意図やを理解し、目線をそろえることが必要となってきます。

依頼の中には、相手の目的が定まっていないままの依頼も多いので、意図を解釈してこちらから提案する力も重要。期待以上の成果をあげれば「またこの人に仕事を任せたい!」とおもってもらえる事でしょう。

チャレンジ精神

それと同時に、自分の能力でぎりぎりこなせるかどうかというレベルの仕事に挑戦し、成果をだそうというチャレンジ精神も重要です。

とくにフリーライターの場合は少しずつ単価の高い仕事にトライしていかないと、いつまでたっても収入がアップしません。

「文字単価3円の仕事はレベル高そうだから、今の私には無理…」みたいに考えていると、成長はありません。失敗したとしても、次があります。また、それだけの単価であれば、ダメ出しをもらうこともあるでしょうが、単価の高い仕事で求められることを体験することができるいい機会です。

最初は怖いと思いますが、今よりも高い単価の案件が目の前にあったら、思い切ってチャレンジしましょう。※ただし、未経験者なのに文字単価1円以上は無謀です。今よりも1段階か2段階上ぐらいを狙いましょう。

執筆スピードの速さ

執筆スピードは自分の限界だと思えるスピードまで鍛え上げましょう。

執筆スピードはある程度なれてくると、「これ以上早く書くのは絶対無理!」というレベルに達するので、そこまでの領域に早く達しましょう。

ウェブライターであれば、パソコン環境を整えること、ブラインドタッチの精度を上げること、といった努力も必須です。

得意ジャンルの豊富さ

得意ジャンルに関しては、多いに越した事はありません。

健康一本、金融一本で生活する事も可能ですが、それは新米から脱して、ある程度ベテランになってから可能となる働き方で、新米のうちは得意なジャンルが多ければ多いほど良いです。

また、ジャンルによって、記事が発注される時期の波がありますので(予算や商品が売れる時期の関係)、複数ジャンルがあると、一年を通して安定して仕事を受注できます。

 

雑誌や紙媒体のライターになるには?

新卒であれば、普通に就職活動をするように、出版社などの新卒募集を狙うのが近道です。

文章力よりも人生経験や知識の幅広さ、性格などを重要視して採用される事が多く、ライターとしての経験はあまり関係ありません。

一方で、中途で雑誌や紙媒体のライターになりたい場合は、大きく分けて2つの道筋があります。

  • 自分で売り込む
  • スキルを磨いて声をかけてもらう

 

自分で売り込む

1つは、自分の専門分野をとりあつかう雑誌や編集部に自分を売り込む形です。

趣味や興味があるといったレベルではなく、その専門分野に関係する仕事をしていたり、取得の難しい資格を持っている人向けです。

金融系のライターであれば金融マン、フィットネス系のライターであればヨガ教師やスポーツクラブのインストラクターであったりすると、採用されやすいでしょう。

スキルを磨いて声をかけてもらう

特殊な経歴をもっていないのであれば、純粋にライターとして即戦力を求められるので、WEBライターなどで経験を磨きましょう。

それと同時にプロ用のレイアウトソフト(Adobe社のInDesignなど)を使えるように勉強しておいたほうがいいです。

ライターは文章を書くだけでなく、紙面レイアウトも含めてまかされる事はとても多いです。

 

まとめ

ライターのお仕事は、「書くことが好き」なのであれば、意外と簡単に始められます。そのかわり稼ごうと思うならば、執筆スピードや共感力、チャレンジ精神やコミュニケーション能力など、多くの適正が求められます。

しかし、そのどれもが先天的な才能や子供の頃から訓練していないと無理という内容ではないので、やる気や努力次第でだれでも目指せる職業です。

ライターとは全然関係ない仕事から転職する人も多いので、とりあえず副業からはじめてみるのも良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください