DMM Bitcoinの口座開設で最大5,000円プレゼント実施中

ライターの仕事の種類は何がある?単価が高い人気ジャンルも紹介【Web・在宅・副業・バイト】

ライターと一口にいっても様々なジャンルの仕事があり、それぞれに求められる経歴や知識、人物像が異なります。そこで今回は様々なライターの仕事を紹介します。

これからライターを目指す方にとって、下のような疑問があるでしょう。

  • ライターの仕事ってどういう種類があるの?
  • 単価が高いジャンルは?

そういった疑問にお答えします。

 

メジャーなライターの種類

ライターの種類は、すごく細分化されていますので、それぞれに特化したライターが存在します。ここでは、大きな枠組みでのジャンルを紹介していきます。

  • 医療系ライター
  • 美容系ライター
  • 金融系ライター
  • 保険系ライター
  • 家電系・PC系ライター
  • スポーツ系ライター
  • 転職・就職系ライター
  • 占い系ライター
  • 恋愛・結婚系ライター
  • サブカルチャー系ライター

医療系ライター

医療に関係するライターは、非常に専門的な知識と説得力が必要で、成功すればかなり固く稼げるジャンルです。

仕事の内容によっては医療オタクでも働けますが、原則的には医療に携わったことのある方、医療の勉強をしたことがある方向けです。

『WELQ』のキュレーションメディア問題が起きて以降、医療系ライターの難易度は上がっています。

生命や健康に関わることもあり、NGワードやルールも多いですが、難易度が上がったということはライバルも減ったということで、単価も上昇傾向にあるので、自信があるなら試してみる価値は大いにあります。

 

美容系ライター

美容系のライターは多くの女性が活躍しています。

健康食品やダイエットフードに関わることもあるので、すこしばかり医療ライターと似ていますが、こちらのほうがより広告的で、販促のイメージがやや強くなっています。

単価はやや安いですが、募集がとても多いジャンルですので、OLや主婦の方などで副業ライターを目指しているような初心者にもオススメです。

 

金融系ライター

株や仮想通貨、資産運用などお金にかかわるライターです。

医療系ライターと同じく成功すればかなり稼げるジャンルですが、こちらも専門知識と説得力を求められます。

金融系の会社で勤務した経験があると、説得力がある記事を書けるので、雇ってもらいやすくなります。

記者としての経験が浅くても、文字単価2円〜などでの仕事にありつけます。

基本的にはかなり深い知識をもっていないと執筆は難しいですが、広告の単価が高く、そのぶんライターに支払われる報酬も多いジャンルですので、初心者であっても勉強する価値は十分にあります。

株や仮想通貨などに元々興味があるというだけでも素養がありますので、単価の高い案件を獲得したい方はチャレンジしてみましょう。

特に仮想通貨は書き手も少ないので、狙い目です。

 

保険系ライター

自動車保険や生命保険なども、記事としての需要がかなり高いジャンルです。

誰もが「失敗したくない」と考えてはいるものの商品が多いため、選ぶのが大変なためジャンルなので、記事としての需要がかなり高いです。

ファイナンシャルプランナーの資格などをもっていると、非常に説得力が増し、仕事をもらいやすくなるでしょう。

初心者であっても、文字単価1円〜2円は狙えます。

 

家電系・PC系ライター

電化製品やパソコンなどに詳しいのであれば、家電系やPCに関係するライティング案件はたくさんあります。

単に好きで詳しいというだけでも大丈夫ですが、家電アドバイザーなどの資格があるとより説得力が増します。

ただし、専門性はそれほどないので、文字単価としては安い傾向にあります。

 

スポーツ系ライター

スポーツ系のライターは超マニアックであること、もしくは経験者前提です。

たとえばサッカーなら「サッカーのことならまかせろ!誰より詳しい!」というくらい自信がある方向けです。

スポーツファンは熱狂的で愛情も深いので、生半可な知識では読者を納得させることは難しいでしょう。

 

転職・就職系ライター

転職や就職に関係するライティングは、昔から一定の需要があります。

現在はネットワーク社会の発展により、自宅で行える仕事も増えて起きており、フリーランサーへの道を指南するようなコンテンツも増えています。

オンラインでの転職活動が一般的になった近年においては、需要が高いジャンルです。

特に需要があるのが、医師・薬剤師・看護師の転職についての執筆ですが、このあたりは経験者か、インタビューなどの入念な取材をして、業界に熟知していないと難しいジャンルでもあります。

転職系も単価が高いので、うまく転職を促せるようなライターであれば、自分のサイトを作るというのも選択肢の一つでしょう。

 

占い系ライター

マニアックだけど意外と人気があるのが占いライターです。

占いの結果や内容を書くライターで、WEB上で占いができる今、昔と比べ仕事が急増しています。文章のニュアンスが独特なので、占い好きや実際に占いをできる方の方が向いているでしょう。

 

恋愛・結婚系ライター

恋のハウツー、結婚生活のあれこれを書くライターです。女性向けのコンテンツなので、どちらかといえば女性のライターが多いです。

男の場合は「どうしたらモテるか!」といったテイストになりますが、女性向けコンテンツのほうが圧倒的に多い印象です。

これもよく募集している案件ですが、基本的に文字単価0.5円〜0.8円の間で、それ以上の案件を見つけるのは難しいジャンルです。

 

サブカルチャー系ライター(ゲーム・アニメ・漫画)

サブカルチャー系のライターは「書くこと自体が楽しい!」という人もおおく、非常に人気があり、それと同時に高額の案件にたどり着くのが大変なジャンルでもあります。

趣味で自分のブログで書いているという方も多いジャンルです。

単に詳しいだけでなく、読み手の気持ちをくみ取って、楽しく面白い文章が書けるかが肝となってきます。

慣れていない人は自分の価値観を押し付けやすいので、そこから脱却できるかが、プロのライターへのカギとなります。

 

他業種と組み合わせで活躍するライター

  • ライター兼Webデザイナー
  • ライター兼イラストレーター
  • ライター兼スポーツインストラクター
  • ライター兼料理研究家
  • ライター兼プログラマー

 

複数のスキルを組み合わせることで、より高い付加価値を提供できます。

フリーランスで仕事をしていれば、より高い案件を獲得できるので、専業ライターを目指すのであれば、ただ記事を書くのではなく、周辺スキルも身につけておくと、何かと選択肢が広がります。

コンテンツのジャンルではなく、ライター自身の技術や兼業している職種で稼げるものもあります。

 

ライター兼Webデザイナー(DTPデザイナー)

文章を書くだけでなく、WEBページや印刷物のデザインまでこなせてしまうライター。

王道の組み合わせの一つで、デザインに合わせたライティング、記事に合わせたデザインが可能となり、重宝されます。

たとえば、リーフレットを作る際、リーフレットのデザインから文言、キャッチコピーまで考えられるので、「一人でなんでもできる」と思われやすいライターです。

 

ライター兼イラストレーター

「書く」と「描く」をこなせるライターです。

両方を同時に活かす事はむずかしいですが、個人にアーティスティックなイメージがつきやすく、創造性豊かな案件にかかわりやすくなります。文章のテイストも艶があるものを求められるでしょう。

 

ライター兼スポーツインストラクター(トレーナー)

スポーツやフィットネスの業界で働きながらライター業もおこなうタイプです。

スポーツ系ライターはこの組み合わせで働いている人が多く、元々スポーツをやっていて、ライター業にも手を伸ばした方も多いです。

 

ライター兼料理研究家

お料理に関係するライターは非常に多いですが、つきつめていくとお料理好きのライターではなく、料理研究家が執筆業にも手を伸ばしたケースが多いです。

調理師免許をもっていたり、実務経験がある方は、挑戦してみてもいいかもしれません。

 

ライター兼プログラマー(システムエンジニア)

ライティングとプログラミングの両方が得意な方は、意外と少なく重宝されます。

文系の極みと理系の極みの融合なので、このジャンルで一流になれる人は頭脳明晰な方が多いのではないでしょうか。専門誌や業界紙での活躍が期待されます。

 

前職を活かす

元銀行マン、元美容師、元農家など、前職の知識や経験を活かせば、それだけで他のライターとの差別化ができます。ほとんどの仕事にはそれに関係するライティングがあるので、前職が無駄になるという方は少ないでしょう。

転職してライターになりたい人が最も成功しやすい形であり、できれば活かした方がよいかと思います。

ただし、前職〇〇と現役の〇〇では説得力が違います。

転職する際には、可能であればギリギリまで副業でライターを続け「現役の〇〇ライター」と名乗れた方が仕事をゲットしやすいでしょう。

 

今から勉強して目指すならどれ?

ジャンルでいえば、金融と健康、保険や不動産といった堅いジャンルが強いです。

エンターテイメント性が高いジャンルほど競争相手も多く、単価の安い案件が増えていきます。文字単価0.2円での募集とか普通にあります。

とはいえライター業は好きで目指す方が多いので、趣味に関係する事や目指したいジャンルがあるなら、それが一番です。

ライティング以外の技術と組み合わせるなら、WEBデザインとの組み合わせがおすすめです。

WEBライターが書くコンテンツはWEBページに掲載されるわけですから、WEBデザインもできてしまえば、クライアントにとっては何でもできる便利な人材です。

まとめ

以上、ライターの種類について紹介しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください