Walton(ウォルトン)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

Walton(ウォルトン)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

この記事では、仮想通貨のWalton(ウォルトン)について、その特徴や価格、チャートなどを紹介しています。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨は順次拡大中

 

通貨名Walton(ウォルトン)
通貨略号WTC
公開日2016年11月
時価総額順位下のRANK参照
発行上限枚数
取り扱い国内取引所なし
取り扱い海外取引所Binance
HitBTC
Kucoin
etc.
公式サイトWaltonの公式サイト
ホワイトペーパーWaltonのWhite Paper

Walton(ウォルトン)の基本情報

Walton(ウォルトン)は、略号がWTCの仮想通貨(暗号通貨)です。2016年11月に公開されました。

Walton(ウォルトン)では、ブロックチェーン技術とRFID技術を組み合わせることで、IoT(Internet of Things)ネットワークを創造しようとしています。ほかのIoT関連の仮想通貨としては、IOTA(アイオータ)VeChain(ヴィーチェーン)などがあります。

RFIDというのは、Radio Frequency IDentificationの略で、無線通信技術のことをさします。この技術を使うと、ID情報を埋め込んだRFタグから、電波などを用いて数cm~数mの無線通信を利用して情報をやりとりすることができます。

身の回りでもこの技術はよく利用されていて、SuicaやEdyといった電子マネーや、社員のセキュリティカードなどに使われています。このRFID技術を発明したのが、『Charlie Walton(チャーリー・ウォルトン)』氏で、仮想通貨Walton(ウォルトン)の名前の由来となっています。

WaltonはIoT系のアルトコインですが、VIoT(Value Internet of Things)という新たなコンセプトを導入しています。

Walton(ウォルトン)によって実現されるプラットフォームはWaltonchain(ウォルトンチェーン)と呼ばれます。WaltonChainでは、セキュリティを高めるために、コンセンサスアルゴリズムにPoSの最新バージョンであるStake&Trust(PoST)が採用されています。

 

Waltonchainの主な目的は、RFIDとブロックチェーン(RFIDブロックチェーン)技術の両方を組み合わせてサプライチェーンを管理することです。基本的には、サプライチェーンを分散化し、製品の履歴に関する情報を提供し、ネットワークに分散してこの情報にアクセスして保存することです。

 

Waltonでは、ブロックの生成時間は60秒で、最大225のトランザクションが1ブロック内に収まります。 Waltonchainは、WTCトランザクションの公的元帳として機能し、ネットワーク上のノードに格納されます。

Waltonchainの開発チームは、次世代RFIDチップ、タグ、リーダーライターの研究開発もしていて、より小型で安価なRFIDチップの製造についても研究しているようです。

 

Walton(ウォルトン)の特徴

  • 通貨の略号はWTC
  • Waltonの発行枚数は1億WTCで追加発行はない
  • RFIDタグを使ってサプライチェーンを管理することを目指す

 

Waltonは、服のようなアイテムにタグを付けるために使用される安価で小型のRFIDタグを目指しています。

各タグには、ブロックチェーンに記録された情報で簡単に読み取れる独自のIDが用意されていて、ブロックチェーン上で商品を追跡することで、企業はサプライチェーン管理を安価かつ効率的に改善し、商品の信頼性を検証することができるようになります。

小売店側も、在庫を管理するためにWaltonを利用できます。各RFIDには固有の識別子があるので、小売店はすぐにスキャンして、どのサイズの在庫があるかを確認できます。「グラブ率」(買い物客が商品を閲覧した回数)などのデータ分析が簡単に得られるので、マーケティングなど商品の改善に使用することができます。

 

Walton(ウォルトン)の価格推移・チャート

Walton(ウォルトン)のチャートは、Crypto Currency MarketCoinGeckoなどで確認できます。


 

Walton(ウォルトン)の購入方法・取引所

Walton(ウォルトン)を取り扱う世界の取引所は、下のとおりです。

Walton(ウォルトン)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所2

国内の取引所では、Waltonを購入できる取引所はありません。

海外の取引所では、BinanceやKucoin、HitBTCで取引ができます。

 

海外の取引所への送金は、大手取引所のビットフライヤーやザイフで口座を開設して送金するのが安全です。取引・送金手数料の安さ重視なら、ザイフビットバンク取引所のセキュリティの高さ重視ならビットフライヤーQUOINEXを利用するのがオススメです。

それぞれの取引所で口座を開設する方法は、下の記事で紹介していますので、「何から始めたらいいかわからない…」という方は参考にしてみてください。

 

まとめ

以上、Walton(ウォルトン)について紹介しました。

この記事を読まれた方の中には、「Waltonについて興味が出たけど、自分のお金で購入するのはちょっと不安 or 購入するお金がない」という方もいらっしゃるかと思います。

そういう方向けに、自分のお金を使わずに仮想通貨を入手する方法というものがあります。一つはアフィリエイトとよばれる方法、もう一つはポイントサイトを利用する方法で、どちらも副業として人気トップクラスの方法です。

例えば、取引所のコインチェックのアフィリエイトでは、1人紹介すると最大23,000円の報酬が支払われますし、ポイントサイトのモッピーであれば、紹介数が増えると毎月10万円の収入をなにもせずに稼ぐことも可能です。

 

下の記事でやり方を紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。
仮想通貨の取引を始めたいという方は、Zaifビットフライヤービットバンクからどうぞ!

アフィリエイトやポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はこちらから

 

ビットコイン
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 


 

GMOコイン
ビットトレード

 









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です