TRON(トロン)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

TRON(トロン)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

この記事では、仮想通貨のTRON(トロン)について、その特徴や価格、チャートなどを紹介しています。

TRON(トロン)は詐欺だという声も大きいので、実際に売買するときはリスクを十分に考慮したうえで行うようにしましょう。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

通貨名TRON(トロン)
通貨略号TRX
公開日2017年8月
時価総額順位下のRANK参照
発行上限枚数100,000,000,000 TRX
取り扱い国内取引所なし
取り扱い海外取引所Binance(バイナンス)
HitBTC(ヒットビーティーシー)
Liqui(リクイ)
etc.
公式サイトTRONの公式サイト
ホワイトペーパーTRONのWhite Paper

TRON(トロン)の基本情報

TRON(トロン)は、略号がTRXの仮想通貨(暗号通貨)です。2017年8月にリリースされました。

TRON(トロン)は中国で生まれた仮想通貨で、ブロックチェーンと分散ストレージ技術を使って、無料のコンテンツエンターテイメントシステムを構築することを目的として開発された、分散型プロトコルです。

そのシステム上では、各ユーザが自由にデータを公開、保存、所有することを可能にし、デジタルエンターテインメントコンテンツのプロバイダーとユーザーが、1対1、すなわち直接交流ができます。

現在のデジタルエンターテイメントコンテンツというのは、Youtubeやフェイスブック、インスタグラムに代表されるコンテンツプロバイダーを通して提供されています。しかし、これらはGoogle PlayやAppleのAppA Storeなどの集中化されたプラットフォームに対して、高いチャネル料金を支払う必要があります。

TRONでは、コンテンツを提供するためのチャネル使用料を支払う必要がなく、テキストや写真、ビデオ、放送などのコンテンツ作成者たちが、よりお金を稼ぎやすくなります。

中国の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)でTRONのICOが行われましたが、30秒で完売したことでも話題となりました。それ以外にも、1000万人以上のユーザーを抱えるPeiwo Appとの提携が決まるなど、話題には事欠かないアルトコインです。

すでに、TRONに登録しているユーザーは2018年1月の時点で30万人を超えています。

 

TRONの開発チームは、ほかのアルトコインの開発チームと同様に、非営利団体のTron Fundation(Tron財団)をシンガポールで設立しています。Tron財団は、TRONの開発チームをサポートし、オープン性、公平性、透明性の原則でTRONネットワークを運用することを主な目的としています。

Tron財団は、会計および企業規制当局(ACRA)の承認を得て、シンガポールの会社法の監督および規制の下で運営されています。

保存するコンテンツの容量に制限はなく、無料で無制限にコンテンツをアップロードして保存することが出来る。

 

TRON(トロン)の特徴

  • TRONは中国発のアルトコイン
  • 通貨の略号はTRX
  • TRONの発行上限枚数は1,000億TRX
  • PeiwoでTRONが採用された
  • ObikeでもTRONが採用予定

 

PeiwoでTRONが採用された

Peiwoは、中国で大人気の音楽ストリーミングサービスで、1000万人を越えるユーザーがいます。このユーザー1,000万人越えのサービスにTRONが採用されました。これで少なくとも1,000万人のユーザーを獲得しているわけです。

日本最大手の仮想通貨取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)のユーザーが、60万人超であることを考えると、1,000万人というのは非常にインパクトが強いです。

 

ObikeでもTRONが採用予定

Obikeは、シンガポール発の自転車シェアサービスを提供している会社で、こちらも会員が1,000万人を超える有力サービスです。

TRONは、このObikeとも、2017年12月24日に提携を発表しています。

 

TRON(トロン)の価格推移・チャート

TRON(トロン)のチャートは、Crypto Currency MarketCoinGeckoなどで確認できます。


TRONは公開直後から、2017年12月までは、1TRX=0.1円〜0.5円程度で推移していました。

しかし、2017年の12月に入り、様々な提携が発表されると一気に価格が上昇しました。12月中には1TRX=6円に到達し、2018年に入ると20円を超え、わずか1ヶ月で100倍の上昇を見せています。

中国というのは、非常に大きな市場ですので、そこで利用される仮想通貨というのは、非常に大きな潜在力を秘めています。

 

TRON(トロン)の購入方法・取引所

TRON(トロン)を取り扱う世界の取引所は下のとおりです。

TRON(トロン)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所2

国内の取引所では、現在のところTRONを扱っていませんが、今後、国内の取引所でも扱われる可能性が噂されています。

しかし、現状では、TRONを購入したい場合は海外の取引所で口座を開設する必要があります。取引の8割は中国の取引所である、Binance(バイナンス)で行われています。ほかに有名な取引所としては、Liqui(リクイ)HitBTC(ヒットビーティーシー)でも取引が可能です。

Binance

中国の会社によって運営されている世界最大級の取引所。売買できるアルトコインの種類は、100種類以上。手数料は0.1%。

HitBTC

ヨーロッパ系の仮想通貨取引所。売買できるアルトコインの種類は200種類超。手数料は0.09%〜0.10%。筆者はPoloniexとHitBTCで資金を半々ぐらいで運用中。

 

海外の取引所で取引を考えている方は、大手取引所のコインチェックやビットフライヤー、ザイフで口座を開設して送金するのが安全です。

取引・送金手数料の安さ重視なら、ザイフビットバンク取引所のセキュリティの高さ重視ならビットフライヤーQUOINEXを利用するのがオススメです。

それぞれの取引所で口座を開設する方法は、下の記事で紹介していますので、「何から始めたらいいかわからない…」という方は参考にしてみてください。

 

まとめ

以上、TRON(トロン)について紹介しました。

この記事を読まれた方の中には、「TRONについて興味が出たけど、自分のお金で購入するのはちょっと不安 or 購入するお金がない」という方もいらっしゃるかと思います。

そういう方向けに、自分のお金を使わずに仮想通貨を入手する方法というものがあります。一つはアフィリエイトとよばれる方法、もう一つはポイントサイトを利用する方法で、どちらも副業として人気トップクラスの方法です。

例えば、取引所のビットフライヤーのアフィリエイトでは、1人紹介すると最大23,000円の報酬が支払われますし、ポイントサイトのモッピーであれば、紹介数が増えると毎月10万円の収入をなにもせずに稼ぐことも可能です。

 

下の記事でやり方を紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。
仮想通貨の取引を始めたいという方は、Zaifビットフライヤービットバンクからどうぞ!

アフィリエイトやポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はこちらから

 

ビットコイン
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 


 

GMOコイン
ビットトレード

 










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です