DMM Bitcoinの口座開設で最大5,000円プレゼント実施中

【副業】交通量調査員で稼ぐ方法は|特徴・評判・メリット・デメリット

楽な作業でありながらまとまった報酬が得られるけれど、どうやって募集しているのか謎という意見が多いのが、交通量調査員の副業。

ここではどうやって交通量調査員の仕事を見つけるのか、特徴やメリット・デメリットなどを紹介。

 

交通量調査員の基本情報

交通量調査員は交通量データの収集を目的として歩行者や自転車、自動車などをカウントするという仕事になります。

これらのデータを参考にして信号機の設置を検討したり、周辺道路などの改築や新築の決定に役立てられます。歩行者データはコンビニエンスストアや商業施設などの新規出店等に貴重なデータになるのです。

 

交通量調査員にはどんな特徴があるの?

募集の多くは首都圏を中心とした大都市エリアになります。また行われるタイミングとしては秋が多いです。定期的に決まったエリアのみで行われるということではなく、単発での募集が一般的。

このためいつでも交通量調査員の仕事にありつけるとは限りません。また実施される曜日なども決まった法則がなく、平日や土日、連休中などいつどのようなタイミングで行われるのかはランダムです。

拘束時間に関しても7時間程度のものから12時間を超えるもの。車中泊を前提とした泊まり有りの仕事も存在します。時給換算で1,000円から1,500円といったところが相場です。

 

警備員のメリットは?

  • 単純作業な割に高収入で日払いがほとんど

 

単純作業な割に高収入で日払いがほとんど

交通量調査員のメリットは、仕事内容が非常に楽だということ。それにも関わらず、まとまった報酬を得ることができるところでしょう。働いたその日に報酬を受け取れる日払い制なのもメリットが高いです。

また履歴書などは不要であり、インターネット上で気軽に応募が可能。資格やスキルなどは問われず誰でも仕事ができることも忘れてはいけません。

 

交通量調査員のデメリットは?

  • 長時間の拘束が必須

 

長時間の拘束が必須

逆にデメリットといえば、長時間の拘束が必須の仕事ということです。2~3時間の隙間時間を使って副業をしたいと思っている方には、不可能な仕事になります。

最低でも7時間前後のまとまった時間が必要であり、定期的にどこでといった安定した募集をしているわけではないのです。単発で一度キリの募集がほとんどのため、応募が殺到し定員に達して働けないといったことも珍しくありません。

交通量調査員の始め方

気になる交通量調査員の始め方ですが、説明のとおりなかなか募集が出回っているような求人ではありません。派遣登録で出会えることもありますが、インターネット求人をこまめにチェックするのがベター。

根気はいりますが、定期的な募集はなく必要になった時のみの募集ですから、地道に探していきましょう。

 

主なサービス一覧

  • ショットワークス
  • an
  • サーベイリサーチセンター

 

交通量調査員はどういった人にオススメか?

なるべくてっとり早く現金が欲しいという方におすすめなのが交通量調査員です。定期的に募集している仕事ではないため、副業として毎月安定した報酬を得たいという方には不向き。

仕事の休みの日に楽な作業でお小遣い程度の報酬が得られればというようなライトな考えの方向けの副業と言えるでしょう。

 

まとめ

交通量調査員は楽な作業の割に高い報酬を得ることができる副業といえます。履歴書いらずで特別な知識やスキルも求められず、年齢制限などを設けられることもありません。

ただし首都圏を中心とした大都市エリアでの募集がほとんどであったり、定期的に同じエリアで頻度よく募集されるというものではなく単発がほとんどになりますから、副業として安定した収入が欲しいという方の希望には合わないと言えます。

楽な日払い作業でお小遣い程度の現金が欲しいという方にはおすすめと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください