NAVERまとめで稼ぐ方法

NAVERまとめで稼ぐとは、
LINE株式会社が運営するWebキュレーションサービスを利用して記事を作成し、アクセス数を集めて広告収入を得て稼ぐ方法です。

キュレーションとは、ネット上の情報コンテンツを集めて、新しいコンテンツとして価値を持たせて共有するという意味です。
また、これを実行する人を「キュレーター」と呼びます。

今は、ネット上に情報が溢れている時代なので、長時間掛けて検索をするよりも、キュレーターがまとめた情報を入手した方が何倍も効率が良いケースが多々あります。このようなキュレーション作業を簡単に出来て、さらに現金収入まで可能になるサービスとして知られるのが「NAVERまとめ」です。

NAVER(ネイバー)まとめは、NHN Japanが2009年に開始したサービスです。
NAVERに無料登録してまとめ記事を作ることで、お金を稼ぐことができます。
様々な情報をユーザーが独自に収集して組み合わせ、ひとつのページにまとめてインターネット上に公開。 アクセス数に応じてユーザーが広告収入を得られるシステムを展開しています。まとめページを生成して、作成したページに人が集まれば報酬が得られるネットビジネスです。

NAVERまとめのメリットとデメリット

メリット
・NAVERまとめは、引用が多いので初心者でも記事を作成しやすい
・集客力が非常に高い
・情報の発信力が高い

NAVERまとめは、基本的に他の記事の引用がほとんどで、コピペだけで記事が作成できるため、文章を書くのが苦手な人にでも記事を作成できます。
また、NAVERまとめは、スマホユーザーのほとんどが使用するLINEと運営会社が同じため、認知度が高くなっており、集客力・情報発信力ともに非常に高いメディアとなっています。
ネットビジネス初心者にとって、自サイトを運用して集客力と情報発信力を高めるということはなかなか難しいです。
NAVERまとめの集客力と情報発信力を利用できるのは、ネットビジネス初心にはありがたいメリットとなります。
ですが、需要のないまとめをしたところで当然にアクセスは見込めず、利益を得ることはできません。

デメリット
・報酬率が低い

集客力と情報発信力が高いNAVERまとめではありますが、報酬率の低さというデメリットがあります。
後にお話しする自分のサイトを運営してアクセスを得る場合と、アクセス数に伴う報酬を比較すると報酬が低く、およそ10分の1程度といわれています。

より多くの副収入を稼ぎたい方は、『NAVERまとめで記事の編集の仕方』や『どういう記事がアクセスを集めるのか』といったサイト運営の初歩を学んだら、自分のサイトの作成に着手して見て下さい。
下の記事で自サイトでの稼ぎ方や作成方法を紹介しています。興味がある方はご覧ください。
■ブログで稼ぐ方法

NAVERまとめで稼ぐための手順

NAVERまとめ記事を作成して報酬を得るまでの一連の流れを紹介します。
1.会員登録
2.計画
3.記事作成
4.報酬を受け取る

1.会員登録

登録しなくては始まりません。きちんとした身元と連絡用Eメールアドレスを用意したら、NAVERまとめのトップページから会員登録をしましょう。
報酬を受け取るためには受け取り用の銀行口座の用意も忘れずに。
Facebookやtwitterアカウントを持っていると、連携で簡単登録ができますので、各種個人情報を入力する手間が省けて楽になります。

2.計画

まとめはそのアクセス数に応じて報酬が得られますので、極端な話、とにかくなんでもいいから大量にまとめを作っても毎日細々とは収益を得られます。
しかし、ゆくゆくは、きちんと生活の糧にしたい、というならば、まずどのようにしてまとめ報酬を得ていくか、をきちんと考えてから作り始めた方が無駄が少ないです。

NAVERまとめ記事では、まずテーマを決めて、そのテーマに関連する構成素材を複数並べていくことで、記事を作成していきます。

たとえば「ネットでお金を稼ぐ方法」というテーマで、NAVERまとめ記事を作るなら、
「1・ポイントサイトで稼ぐ方法」「2・アフィリエイトで稼ぐ方法」、
といった感じに羅列していくわけです。

3.NAVERまとめ記事作成

NAVERまとめ記事の作成には、主に以下の2つの作業があります。
・タイトルを決める
・アイテムを設置する

タイトル決めのノウハウは、通常のウェブサイトのtitleタグ作成手順と同じです。
文頭でキーワードを括弧でかこったり、「ベスト10」「使えるツール100選」と数字をいれたりするなど、インパクトのあるタイトルを設定していきます。

アイテムというのはNAVERまとめ独特の仕組みです。まとめる対象をひとつひとつ、このアイテムに組んでいきます。ですのでアイテムはひとつのまとめ記事に複数使うことができます。

まとめ作りには、リンク、画像、動画、引用、Twitter、テキスト、見出し、という項目が選べます。これを、例えば引用のみで作るとオリジナリティーが薄く画像や動画ばかりでは文字要素が少なくSEO的に不利テキストのみではおもしろみが小さくリピーターが獲得しづらい、などあまり使う項目を偏らせると、息の長いまとめは作れません。うまく各項目が混じるように作っていくとよいです。

もっぱらNAVERまとめ記事作成では引用を多くおこないますので、出典・典拠をしっかり明示したり、著作権に注意したりする必要があります。

4.報酬受け取り

NAVERまとめでお金を受け取るまでの手順は以下のようになります。
まとめ記事を作ったら、アクセス数に応じて見込みポイントが獲得できます。このポイントの計算式は後述します。
見込みポイントが確定ポイントに調整されたら、ポイントをお金に変えて報酬受取完了です。

この時、楽天銀行のメルマネマスペイメントを経由して、自分の口座に入金すると、手数料が安くなります。
またNAVERまとめはアフィリエイトASP同様、実際の入金は、入金の確定した2か月後となります。たとえば7月に報酬が確定したら、9月の支払いです。

どんな人にNAVERまとめで稼ぐ方法はオススメ?

(1)ブログやサイトを作るのが面倒な人
NAVERまとめは、ウェブサイトのようにHTML言語を学ぶ必要がなく、ブログよりもさらに簡単な仕組みになっています。
ネタとなる材料を集めさえすれば、簡単に記事を作れる気軽さが特徴です。

(2)いろんなジャンルをまたいで記事作成をしたい人
これもウェブサイトやブログと比較したときの利点ですが、NAVERまとめは記事がひとつひとつ独立していますので、自由度が高く、多種多様なジャンルをまたいで、好きに記事を作ることができます。スポーツ記事を作ったあとに、健康医療に関する記事を作ってもいいわけです。
逆に一定のジャンルで固定して、別ページとの繋がりを重視する場合は、NAVERまとめは不向きで、ウェブサイトやブログのほうがオススメになっていきます。

(3)気軽にお小遣い稼ぎがしたい人
NAVERまとめで稼ぐ方法は、どちらかといえばお小遣い稼ぎ向けです。1日2000円程度の収入なら、比較的容易に獲得できます。中にはNAVERまとめで月50万円を稼ぐ人もいますが、これは稀なパターンです。これだけ大きく稼ぐには、最低でも月間5万アクセスになるまとめ記事を、1か月に10個は作る必要があります。

また万一NAVERまとめがサービスを終了してしまったら、まとめ記事による稼ぎは途絶えてしまいます。
不労所得を狙うなら、素直に有料サーバーと独自ドメインを契約し、自分のウェブサイトを作って、そこでまとめ記事を作っていくことをオススメします。
● 有料サーバーと独自ドメインについて

<ウェブサイトとNAVERまとめの利点比較>
ウェブサイト NAVERまとめ
収益 不労所得 短期のお小遣い
知識・技術 困難 容易
扱う記事ジャンル 一定 複数でもOK

(4)文章作成が苦手で、引用だけで稼ぎたい人
必要最低限の自作文章はやはり必要になりますが、もっぱらNAVERまとめは、需要のあるテーマであれば、引用だけの記事でも、そこそこのアクセス数を稼いでしまうことができます。
そのうち引用だけのまとめ記事は、報酬対象から排他されてしまうだろうと管理人は考えているので、将来性は感じませんが、とにかく現状では「引用だけでも稼げる」ということを、ここに書いておきます。

(5)現代の流行に敏感な人
テーマが時事にせよファッションにせよ、たくさんの人に見てもらえるまとめ記事を作るには、「こんなまとめがあったらみんな面白がってくれる」、という発想が必要になります。現在を肌で感じるような、社会的話題性が重要です。ヒットのまとめ記事を作りだしている人は流行には敏感で、大衆が求める情報の需要というのを、よく把握しています。

NAVERまとめの報酬判定基準

NAVERまとめで稼げるお金の額は、基本的にはそのまとめ記事へのアクセス数と比例します。しかしそれ以外にも、NAVER独自の報酬判定基準がありますので、それらを習熟しておくことが大切です。NAVERまとめでは、おおまかにわけて3つの報酬制度があります。
報酬制度は2014年に変更がありました。トピックピッカー奨励制度とロングヒッター奨励制度が廃止となり、インセンティブ制度と奨励金制度に変更されています。

◆インセンティブ制度

NAVERでは一番オーソドクスな報酬制度で、作成されたまとめ記事のクオリティーに応じて、まとめを作った人全員が対象になる制度です。特別必要な手続きやプレミアム登録などもいりません。
まとめページの内容、複数のアクセス数値や係数を元に、独自のインセンティブポイントが計算され、付与されます。
ポイントはまとめ単位で付与されており、「一般まとめ」で発生したポイント分には一般まとめ用のレートが、「広告表示制限まとめ」で発生したポイントには 広告表示制限用のレートが適用され、見込額、確定額が決定します。

一般まとめ、通常ポイントは1ポイント=0.2円に換算されます。
「広告表示制限まとめ」は1ポイント=0.05円で扱われます。これには、アダルトコンテンツなどが該当します。

インセンティブ制度では、アクセス数以外に「係数」と呼ばれるものが報酬判定基準となります。
係数の具体的な詳細はNAVERからは明かされていませんが、以下のような要素が関わってくると言われます。
・訪問者の興味関心を読みとれている記事は高評価
・NAVERまとめ外からのアクセス(特にツイッターなど)は高評価
・複数の情報源を使って構成されたまとめは高評価
・滞在時間の短すぎる記事は低評価
・アイテム数が少なすぎたり、逆に多すぎたりしても低評価
・まとめをさらにまとめただけの簡単な記事(まとめのまとめ)は低評価

◆報奨金制度

 

なまはむ
記事が参考になった方はフォローしてくださると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください