2chまとめでは記事タイトルが最重要な理由

記事タイトルはその記事のPV数(=閲覧された回数)とアフィリエイト報酬を左右する大事な生命線です。

一般的なブログでは、記事タイトルに検索キーワードと呼ばれる語句を多く詰め込むことにより、検索エンジンからの訪問者を多く獲得できるように配慮しています。

しかしここでは、一般的なサイトと異なり、まとめサイトの記事タイトルの付け方には別の特徴があります。

まず、頭に叩き込んでおかないといけないのは、「訪問者は記事タイトルしか読んでいない」ということです。

まとめサイトの記事というのは、十中八九、グーグルやヤフーなどの検索エンジンで検索されて訪問されることはありません。
まとめサイトを訪れる方は、ほとんどの場合にそのサイトのRSSやアンテナサイトの記事タイトルだけを見て、その記事を読むか読まないか判断しています。

検索エンジンにしてもツイッターにしても、ほとんどのメディアでは記事タイトルしか表示されないのですから当然です。

SEOの知識がある人であれば、記事のあらすじを表示する『Discription』の設定まで気にしています。
しかし、どの人も経験があるかと思いますが、ほとんどの場合、検索結果で記事のタイトルだけを見て、自分が目的とする記事を探します。

つまり、ブログ制作者からすれば、記事タイトルでアピールすることしかできないわけです。

特にまとめサイトでは、アンテナサイトに登録したり相互RSSなどに登録した場合にも記事タイトルしか表示されないため、どんなに編集内容が面白く仕上がっていても、記事タイトルに魅力がないと誰にも読んでもらえません。

読んでもらえなけば記事内容が素晴らしかったとしても、そのブログはダメブログ、三流ブログの烙印を押され、ネット上に存在しないのも同然という扱いを受けます。

そうならないために、記事タイトルにはこだわる必要があるのです。

まとめサイトの記事タイトルの特徴

まとめサイトでよく読まれている記事のタイトルには、いくつかの法則があります。
ここでは、簡単なものだけ紹介します。慣れるまでは、大手サイトの記事タイトルのつけ方をこまめに確認して勉強しましょう。

速報系

【速報】

結果系

『〇〇してみた結果』というタイトルです。
〇〇の部分には、少し珍しいことや、人の不幸を連想させそうなワードを選定し、興味がひかれるようにしています。
あとは、強調のためによく『wwwwwwww』などが付けられています。

質問系

『ラーメン屋だけど質問ある?』『〇〇だけど質問ある?』

特定の職業や業界の詳細を暴露する内容をにおわせたり、その業界に対しての質問に回答していくことを想像させる記事タイトルはクリックされやすく、よく読まれます。

海外系

【中国】スイカが爆発した模様
【韓国メディア】「〇〇は日本が悪い」
といったタイトルなどがあります。
やはり海外の情報というのは日本では考えられないような出来事が起こるので、興味がひかれやすい分野です。
特に

画像系

【画像】〇〇線の新型車両wwwww
【画像】ポケモンの超高級腕時計が発売 お値段なんと2900万円

新商品などの興味を引かれそうな話題とその画像を貼ります。

貼った画像の分野に興味がある人が閲覧するため、爆発的なアクセスは望めませんが、特定ジャンルの人からはアクセスがあるため、一定数のアクセスは稼ぎやすい安定感があります。
ただし、著作権に関しては注意が必要です。

悲報・朗報系

【悲報】〇〇(女優の名前)に熱愛が発覚
【朗報】彼女いない歴=年齢の俺に彼女ができたもよう

『人の不幸は蜜の味』とはよく言いますが、悲報系のタイトルは鉄板のパターンです。
また朗報系タイトルの場合、自分が悩んでいることの解消方法などを求めて訪問する傾向があるようです。

この他にも、多くのパターンがあります。
自分の得意とするジャンルでどういったタイトルが使われているのか、自分のサイトと同系統のまとめサイトを見て学び、タイトルの作成技術を向上させていってください。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です